20代の転職

20代の転職回数は何回から危険?面接官が教える評価ポイントと注意点とは

投稿日:

20代で転職回数が多いと

「20代の転職回数は何回が多いと評価されるのかな?」

「20代で転職回数が多い場合はの注意点を知りたい」

「20代で転職3回目だけど多いと思われるのかな?」

と不安になっていませんか。

私はこれまで約10年間、採用担当者を経験し、転職回数が複数回ある20代の方を採用してきました。

その経験からお伝えすると転職回数3回以上で採用担当者は少し採用しにくいかも知れないと警戒をはじめます。

ただし企業は転職回数よりも年齢の方を厳しく見ています。

31歳以下であれば、転職回数が多くとも十分に内定獲得は可能です。

ですが、すぐに離職すると思われるような方は絶対に採用しません。

この記事を読めば、20代で転職回数が多い方でも内定を獲得する方法を理解し内定を獲得することができます。

20代で転職回数について気になっている方は、ぜひ最後まで読んでいって下さい。

【採用担当者の評価】20代で転職回数が多いと警戒されるのは3回以上から

20代で転職回数が多いと採用担当者に警戒されやすくなるのは転職回数3回以上からです。

20代で3回以上の転職をしていると採用担当者としては

「どうすれば不満を解消することが出来るのか?入社後にまたすぐ辞めないか?」

と内定を出すことに対して慎重になるためです。

実際に面接の場で転職理由を尋ねても

「1回目は新卒入社した会社が合わないと感じた。2回目は労働条件が合わなかった。」

などと他責であったり曖昧な表現である方が多く、面接官も納得して内定が出せません。

結果、合格率は極端に低くなります。

一方で20代では、どんどん仕事能力が伸びる年齢でもあります。

そのため、転職理由に納得性さえあれば、内定は獲得しやすい年齢です。

くれぐれも回数ばかりに気を取られることは避けて下さい。

重要なポイントは転職理由が明確で短期離職しない人材であることを伝えられるかどうかです。

そのテクニックについては、

20代で転職回数が多い人は3つのポイントを押さえよう

で紹介しますので必ず一読してくださいね。

転職回数が4回以上となると大企業は難しいが、不可能ではない

大手への転職時に転職回数が気になっている方もいるのではないでしょうか。

実は大手企業ほど採用条件こそ厳しいものの、転職回数よりも年齢要件の方を気にしています。

筆者は大企業で採用担当者を経験したことがあります。

その経験から言うと、31歳以下であれば転職回数が多くても採用されることはあります。

書類選考の時点で転職回数が足切りの条件にはなっていません。

つまり機械的に

「転職回数4回以上だから不採用」

とはなりません。

実際に、転職回数が多いと短期離職を警戒されます。

しかし、面接官に納得してもらえることができれば十分に大手への転職も可能です。

具体的な方法について

20代で転職回数が多い人は3つのポイントを押さえよう

で後述しています。

統計では20代の転職回数は平均1回~2回

リクナビNEXTの統計によれば、

「20代の転職回数は平均で1回から2回程度」

となっています。

参考:転職回数が多いと不利?年代別の転職回数と採用実態

ただ、実際に筆者が面接してきた20代の方の中には、転職回数が20代で4回目という方もいました。

まだ年齢が若く、伸びしろがあるため、単純に回数だけで有利不利は決まりません。

むしろ回数を気にしすぎて、大手を狙うチャンスを自分から潰す方がマイナスです。

筆者は大手企業と中小企業での人事経験があります。

そこで知った事実として、大手企業と中小企業では退職金だけで2,000万円近い格差があります。

転職回数を気にしすぎて2,000万円を見送るのはもったいないですよ。

ところで

「転職回数が多くてもある程度問題ないことは分かったけれど、具体的にはどうすれば内定を獲得できるの」

と気になりませんか。

次は、20代で転職回数が多い人が気を付けるべき3つのポイントについて解説します。

20代の転職回数が多いと警戒される?

  • 警戒されるのは3回以上から
  • 転職回数が4回以上となると大企業は難しいが不可能ではない
  • 20代の平均転職回数は1~2回

20代で転職回数が多い人は3つのポイントを押さえよう

採用担当者は転職回数だけを見て

「すぐに辞めるからダメだ」

という目線では20代を判断することはありません。

貴重な若さがあるためです。

面接官が

「何を警戒しているのか?」

「何を評価しているのか?」

を理解することで内定をバンバンとることができるようになります。

具体的には20代で転職回数が多い人は、

  • ポイント1:短期離職しない覚悟を伝える
  • ポイント2:伸びしろを評価してもらう方法
  • ポイント3:強みを認知する方法

を押さえましょう。

ポイント1:短期離職しない覚悟を伝える

転職回数の多い方は、必ず短期離職はもうしないという覚悟を言葉にして伝えるようにしましょう。

採用担当者からすると、言葉にして伝えないと

「また何か嫌なことがあったら辞めるのかな」

と思ってしまうためです。

言葉に説得力をつけるため

  • 転職目的
  • 入社後にしたいこと
  • キャリアビジョン

を明確にし採用担当者に伝える必要があります。

そのためには次のポイント2が重要となります。

ポイント2:伸びしろを評価してもらう方法

見込まれた方は内定が出やすいです。

入社後に自立的に学び活躍するとといった「伸びしろを評価」してもらえたら内定は出たも同然です。

面接官が伸びしろを評価ポイントは

  • 評価ポイント1:転職目的を明確にする
  • 評価ポイント2:応募した仕事内容を具体的に理解している
  • 評価ポイント3:入社後の1年~3年の具体的なキャリア目標がある

の3つです。それぞれについて紹介していきます。

評価ポイント1:転職目的を明確にする

給与アップや、やりたい仕事をするなど、転職目的は必ず明確化しましょう。

「なんとなくいまの仕事がしんどいから辞めたい」

となると、早期離職を繰り返す可能性があるためです。

まずは何のために転職するのかを明確化しましょう。

そうすれば、内定が出やすいだけでなく入社後に、

「目標を達成するまで辞めない」

などの踏ん張りにもなります。

ここが曖昧な人は面接の場での受け答えが非常に曖昧です。

もちろん内定はほぼ出ません。

とにかくシンプルで納得してもらいやすい転職目的となるまで対策してください。

評価ポイント2:応募した仕事内容を具体的に理解している

応募した仕事内容をしっかりと把握しておくようにしましょう。

イメージだけで応募しても、突っ込んだことを聞かれたら必ず答えに詰まるためです。

応募企業のWebサイトをしっかりと読み込みことが大切です。

日々の業務や会社から求められる成果・役割、大変な点、やりがいなどを把握しておきましょう。

評価ポイント3:入社後の1年~3年の具体的なキャリア目標がある

入社してから3年以内のキャリア目標を面接の場で伝えることは非常に重要です。

短期離職を繰り返している場合であっても、キャリア目標があれば、採用担当者も

「とりあえず3年くらいは会社にいることが出来るかな」

と判断しやすいためです。

反対に、キャリア目標が全く感じられない場合、

場当たり的な転職を繰り返すかも知れない」

と内定を出しづらくなります。

1年~3年程度で吸収したいスキル・経験、達成したい成果を数字を交えながら具体的に言えるようにしましょう。

そうすれば、グッと内定率が高くなります。

伸びしろを評価してもらう方法

  • 転職目的を明確にする
  • 応募した仕事内容を具体的に理解している
  • 入社後の1年~3年の具体的なキャリア目標がある

ポイント3:強みを認知する方法

転職回数を気にせず内定を獲得する方法として、強みを自分自身で把握するという方法があります。

自分の強みを理解していることで、企業にどう貢献できるかを伝えられるようになるためです。

強みを活かす方法は具体的には以下の方法があります。

  • 方法1:強みの具体的な事例を自己PRに入れる
  • 方法2:強みが活かせる職種を選ぶ

それぞれについて解説します。

方法1:強みの具体的な事例を自己PRに入れる

強みの具体的な事例を自己PRに入れる必要性があります。

例えば、

「周囲の人間を巻き込んで大きな仕事をするのが得意」

という場合にはコミュニケーション能力をアピールするようにしましょう。

また、

「地道に目立たない仕事をするのが得意」

という場合には、地道に仕事を出来るというアピールとして

「事務仕事をミスなく出来る」

などの具体例を入れて解説しましょう。

強みが見つからない人は自分の弱みを裏返して強みとして表現する

強みが見つからない人は、自分の弱みの裏返して強みとして表現するようにしましょう。

仮に協調性がないという自覚があるとします。

その場合、仕事を1人で進めていける主体性があるなど、表現の方法で面接官の評価を上げる方法があります。

強みと弱みは表裏一体です。強みが見つからない人は弱みの裏返しで表現してみましょう。

スキル・経験の棚卸からどんな強みが形成されたか把握する

強みが見つからない人はこれまで経験してきた仕事の中で形成された強みを把握しましょう。

例えば、

「経理用務でルーチンワークしかできない」

といったパターンであっても、税務などに詳しくなっていれば仕事内容に発展性があります。

転職回数が多くとも、各業務で自分なりの強みを探してアピールすることで、内定が出る確率は高くなります

方法2:強みが活かせる職種を選ぶ

経験職種の中で一番自分の評価が良かった仕事を思い出してみて下さい。

強みがある仕事ほど、周囲からの評価は高くなるためです。

評価の高い仕事そのものが転職市場では強みなので、強みを活かせる職種を選ぶようにしてください。

強みを認知する方法

  • 強みの具体的な事例を自己PRに入れる
  • 強みが活かせる職種を選ぶ

コラム:前職の悪口や他責は絶対にNG!ネガティブな説明は内定が出にくい

これまで転職を重ねてきた理由を人のせい、環境のせいにするのは絶対にやめて下さい。

転職理由を伝えるにあたって、前職の悪口を言うなどの行為はもってのほかです。

どんな状況であっても自分に全ての責任があると考えて、転職理由は、自責によるものにしてください。

確かに社会情勢やブラック企業などに捕まったなど、様々な理由はあると思います。

ただ、それを面接の場で伝えて

なんでも他人のせいにする人だな」

と思われるよりも

「これまでの転職回数の多さは全て自分に原因がある」

と言い切ったほうが、内定が出やすいのが現実です。

以上のことを実践することで転職回数の多さを跳ね除け内定につなげることができるようになります。

一方で、

「自分ひとりでは対策できない・・・」

と感じた人もいると思います。

もし悩んで行動できないようであれば迷わず転職エージェントに相談してください。

20代で転職回数が多い人がきをつけるべきポイントまとめ

  • 短期離職しない覚悟を伝える
  • 伸びしろを評価してもらう
  • 自らの強みを強みを認知する
  • 前職の悪口や他責の発言はしない

不安な人は転職エージェントに相談して対策することが確実

転職にあたって不安が多い方は、転職エージェントに相談して対策するようにしましょう。

転職エージェントは求人を紹介してくれるだけではありません。

書類選考の突破に向けたアドバイスや面接のアドバイスなども行ってくれます。

そのため、自分だけで面接に挑むよりも情報量が多く、内定率は必然的に高くなります。

「この会社の面接官は過去こんな質問をしていた」

などの質問事例集も事前に送ってくれます。

具体的には、以下のエージェント3つがおすすめです。

  • 未経験OKの求人に強いハタラクティブ
  • 未経験OKのIT求人に強いワークポート
  • 求人量が豊富なマイナビジョブ20's

それぞれについて解説します。

未経験OKのIT求人に強いワークポート

ワークポートは20代の転職支援強い転職エージェントです。

さらに、もともとIT業界を専門としていたため今人気のIT求人を独自で多く保有しています。

中には未経験OKの求人もあり非常に人気ですので検討したい方は必ず登録しておきましょう。

「IT業界に興味があるけれど、転職できるか分からない」と悩んでいる方におすすめです。

>ワークポートはこちらから

未経験OKの求人に強いハタラクティブ

もしキャリアに自身がない方であればハタラクティブがおすすめです。

ハタラクティブは未経験OKの求人を専門に取り扱っている転職エージェントです。

もともと職歴のない方に向けたサービスですので、職歴があれば非常に転職しやすいです。

幅広い職種を取り扱っている転職エージェントですので

「未経験から新しい仕事に挑戦してみたい」

という方はぜひ相談してみましょう。

>ハタラクティブはこちらから

求人量が豊富なマイナビジョブ20's

マイナビジョブ20'sは、大手のマイナビの参加であり、求人量が豊富なエージェントです。

さらに、大手企業の求人も持っているマイナビジョブ20'sは非常におすすめです。

筆者はメーカー畑の出身ですが、マイナビを使用する頻度が非常に高かったです。

大手を希望している方や情報を収集したい方には必須の転職エージェントと言えるでしょう。

>マイナビジョブ20'sはこちらから

転職が不安な方におすすめな転職エージェントまとめ

  • 未経験OKのIT求人に強いワークポート
  • 未経験OKの求人を専門に取り扱っているハタラクティブ
  • 求人量が豊富なマイナビジョブ20's

まとめ

20代で転職回数が多いと採用担当者に警戒されやすくなるのは転職回数3回以上からです。

転職回数が4回以上となると大企業は難しいが、不可能ではありません。

リクナビNEXTの統計によれば、20代の転職回数は平均で1回から2回程度となっています。

参考:転職回数が多いと不利?年代別の転職回数と採用実態

しかし、あくまでも統計であり、個々人別にみればもっと転職している20代は多いです。

転職回数が多くてもOKです。回数よりも年齢の方が重要です。

20代で転職回数が多い人は、3つのポイントを押さえましょう。

  • ポイント1:短期離職しない覚悟を伝える
  • ポイント2:伸びしろを評価してもらう方法
  • ポイント3:強みを認知する方法

転職が不安な方は、以下の転職エージェントに相談してみましょう。

具体的には、以下のエージェント3つがおすすめです。

  • 未経験OKの求人に強いハタラクティブ
  • 未経験OKのIT求人に強いワークポート
  • 求人量が豊富なマイナビジョブ20's

上記は未経験者向けの求人もあり、非常におすすめです。

この記事を書いた人

監修者
髙橋弘樹

著者・監修者の髙橋弘樹です。
人事・採用を10年以上の実務で

・1,000人を超える人の面接
・給料相場の把握
・経営側の考え方

を経験してきました。

このサイトではリアルな就職・転職の実情を発信していきます。ご参考になれば幸いです。
詳細はこちら

ココがおすすめ

【最強】未経験からプログラマーになる方法

ITエンジニアは求人倍率11倍と全職種の中で一番求められている職種です。

常に人材不足のため基礎スキルさえあれば経験・年齢が問われず採用されます。

実際、3ヶ月程度の受講で転職事例は山程あり、DMM WEBCAMPでは98%が転職に成功しています。

しかも転職保証があるため就職に失敗したら受講料を返金してもらえます。

注意点は人気で受講枠がすぐ埋まります。気になった方は早めに相談(無料)だけでもしておきましょう。

>DMM WEBCAMPの無料相談はこちら

手に職がつくため将来は在宅でも仕事ができます。

就職・転職の悩みを本気でなくしたい方は情報収集からはじめましょう。

20代前半フリーターに強い「ハタラクティブ」

  • 求人の職種が幅広く・豊富!営業・エンジニア・デザイナー・事務など多彩!
  • 就職支援実績15万名以上!他サービスを圧倒!!
  • 書類選考・面接のカウンセリングがマンツーマンで受けられる

正社員就職支援に強い「ジェイック」

  • 就職成功率は81.1%以上!定着率も91.3%で離職者も少なくホワイト企業多数!
  • 就職支援実績2万名以上!信頼・実績から書類選考免除の企業のみ紹介!
  • 自己分析・企業分析・社会人研修など支援サポートが手厚い!

就職率で選ぶなら「DYM就職」

  • 就職率は96%!正社員就職の圧倒的な成果で選ぶならDYM就職
  • 上場企業・ベンチャーなど優良企業2000社を書類選考免除で面接可能!
  • 就職できるまで自己分析・企業分析をエージェントが無料サポート!
質問・疑問・不安がある方は
お気軽にご相談ください

ご相談はこちら

-20代の転職

© 2020 既卒・ニート・第二新卒の就活戦略