20代の転職

20代前半の転職は未経験職にも就ける?転職を有利にすすめるコツの全て

投稿日:

20代前半の転職で

「20代前半での転職だけど注意点はない?気をつけるべきことを知っておきたい。」

「20代前半の転職なら未経験の職種や業界に就くことは可能?」

と気になりませんか。

筆者は10年にわたり採用担当をしてきました。

その経験からお伝えすると20代前半の転職は成功確率が非常に高いです。

日本企業は年齢が若いうちに雇用をして、年齢などに応じて給与を支払う仕組みを整えているところが多いです。

そのため20代前半は採用されやすいのです。

ですが、今後5年以内に成果主義などが導入されていくと予想されるため経験者が有利となってくるでしょう。

時代や年齢のことを考えると今のうちに転職しておく方が有利でしょう。

20代前半の転職に悩んでいる方は最後まで一読することをおすすめします。

Contents

20代前半の転職は転職が成功しやすい年齢

「20代前半だと職歴が短すぎて戦力になれない」と思い込んでいませんか。

実は、20代前半は日本では一番転職しやすい年齢です。

日本企業は若いうちに雇用して、年齢を重ねると年齢給などで給与調整をする傾向にあるためです。

具体的には、以下のような3つの理由があります。

  • 成功しやすい理由1:スキルがなくてもOKと考えている企業が多いから
  • 成功しやすい理由2:若い人ほど育成しやすいから
  • 成功しやすい理由3:若手の応募が少ないから

それぞれについて解説します。

成功しやすい理由1:スキルがなくてもOKと考えている企業が多いから

20代前半に関しては、スキルがない方が良いと考える企業もあります。

下手に若いうちに他の企業の考え方を身につけているよりも素直だと判断されるためです。

スキルの有無よりも、会社に馴染むかどうかの方が大切と考える経営者も多くいます。

つまり、20代前半はスキルよりも人柄で判断されるということです。

成功しやすい理由2:若い人ほど育成しやすいから

若手を採用して一番企業が嫌がるのは、中途半端な知識を持っていて成長しないことです。

素直で若い人ほど育成しやすいと捉える経営者が多いため20代前半はスキルや成果がなくても採用されるのです。

20代前半で転職するメリットですが、自分で成長する前向きな意欲は必須となるためお気をつけください

成功しやすい理由3:若手の応募が少ないから

日本は少子高齢化社会を迎えているため、慢性的な若者不足となっています。

特に地方では若手社員は都市圏で就職するため若手の枯渇が深刻化しています。

そのため若手の応募は非常に貴重です。

若手を育てなければいずれ企業は衰退するため若手社員の確保は重要な課題となっています。

このように3つの理由で20代前半の転職は成功しやすい傾向にあります。

ただ既に転職して再転職の方は危機感を感じているのではないでしょうか?次で補足します。

20代前半で2回目の転職でも難易度は低い

「もう20代前半で2回目の転職なんだけど、さすがに無理だよね」と弱気になっていませんか。

結論から言えば、20代後半での転職よりも難易度は低いです。

日本企業は年齢を最重要視して採用する傾向にあるためです。

嫌な職場でずっと我慢して年齢を重ねるよりも、見切りをつけて他の職場で努力したほうが良いでしょう。

特に転職理由が入社してみて分からないようなブラック企業であれば面接官も納得するケースが多いです。

再転職だからといってネガティブに考えなくて良いでしょう。

【コラム】20代後半は転職難易度が高い!転職するなら早めがおすすめ

20代後半になってしまうと転職の難易度は大きく変わってきます。

スキルや成果をチェックされますし、

「会社に定年まで貢献してれる幹部候補を採用したい」

という企業側の思惑が強すぎるためです。

未経験でやりたい仕事がある方ほど、20代前半のうちに転職するようにしましょう。

しなかった後悔よりも、やった後悔を選ぶことが大切です。

ところで20代前半での転職となると「第二新卒」というキーワードも気になるのではないでしょうか?次で解説していきます。

20代前半なら「第二新卒」としての転職を検討しよう

20代前半なら、第二新卒枠での転職がおすすめです。

企業側からすると、

  • 他の企業ですでに内定を得ていたこと
  • ビジネスマナーなどが身についている

といった理由のため採用されやすいからです。

第二新卒はスキル・経験はなくて当然といった認識です。

大手も採用しているため未経験の仕事に挑戦しやすい転職方法です。

これから詳細に第二新卒の転職について紹介していきますがメリットが多いためぜひ第二新卒としての転職を検討してみてください。

第二新卒とは新卒で入社した会社を3年以内に退職しようとしている人

第二新卒とは新卒で入社した会社を3年以内に退職しようとしている、または退職した人を指します。

職歴が短いながらも、すでに社会人としての基礎マナーを習得しており非常に採用ニーズが高いことが特徴です。

若手不足に陥っている企業としては第二新卒は特に採用したい人材です。

一方で1年未満退職となると、基礎マナーがついているかどうかが怪しいと思われるため、最低1年間は在籍した方が有利です。

第二新卒での転職のメリットは3個

では第二新卒のメリットは何でしょうか?

大きな理由は次の3つあります。

  • メリット1:採用されやすい
  • メリット2:未経験転職可能
  • メリット3:給与も考慮してもらえる

それぞれについて解説します。

メリット1:採用されやすい

第二新卒は非常に採用されやすいという特徴があります。

他社の色に染まっておらず、育成しやすいです。

基礎マナーも身に着けているため1から育てるよりも教育コストが低くしかも素直です。

そのため20代後半以降の方や既卒者と比較しても第二新卒者は非常に採用されやすい傾向です。

メリット2:未経験転職可能・業界未経験も可能!

第二新卒は未経験転職が可能な上に、業界も変えることができます。

職歴が3年以上になってくるとある程度、業界経験や職種経験が問われ、なかなか未経験の仕事には採用されにくくなります。

一方で第二新卒はスキルも経験もない前提ですので学ぶ意欲と人柄で採用されます。

そのため第二新卒での転職は職種・業界をチェンジするような思い切った大胆な転職を行うことが可能です。

メリット3:給与も考慮してもらえる

第二新卒は職歴があるため給与などについてある程度は考慮してもらえます。

転職時に「また初任給からか」という絶望感を感じにくくなります。

給与を考慮してもらいつつ、未経験の仕事に挑戦できる非常に良いチャンスです。

ただし未経験の仕事を選ぶ方は給与はあきらめましょう。

未経験の仕事につくと一般的には給与はリセットされます。

次は転職が初めての方に重要なことをお伝えします。

それは転職では「情報が全て」ということです。

求人情報はもちろん、企業の内情をよく理解している方に相談しないと知らないうちにブラック企業に入社してしまうリスクがあります。

転職が初めてなら転職エージェントへの相談は必須

転職では1回目の転職が最も転職成功しやすいです。

dodaによると、1回目の転職成功率はなんと50%以上となっています。

参考:転職は何回まで許される?転職回数と成功率の関係性

しかし、多くの人は転職後に労働条件や社風のミスマッチなどで失敗する可能性を持っています。

転職自体は成功しても、やりがいのある仕事につけなければ仕事が続かず生活できませんからね。

転職は情報がすべてです。

転職エージェントに相談すれば、転職のテクニックを教えてもらえるだけではなく、自分が知らない職種や業界について提案してもらえます。

また、企業の内部事情を紹介してもらえるため、転職して「こんなはずじゃなかったよ!」ということを回避できます。

必ず1回は相談しましょう。

確実に成功させたい方は2社~3社程度の転職エージェントに相談がおすすめです。

次ではおすすめの転職エージェントを具体的に解説していきます。

20代前半におすすめの転職エージェント

20代前半の転職では転職エージェントの質にこだわりましょう。

求人を紹介するのは簡単です。

重要な視点はあなたのキャリア感、適性を把握した上で長く働ける企業を紹介してもらえるかという点です。

そのため親身にあなたのこと話を聞き入れ、率直な相談がしやすい担当者がいる転職エージェントを選びましょう。

具体的に20代前半におすすめの転職エージェントは次の3つです。

  • 若手におすすめの求人が豊富なマイナビジョブ20's【第二新卒も対応】
  • IT系に未経験で挑戦したいならワークポートがおすすめ
  • 20代専門の転職サイトRe就活ならスカウトが届く!

それぞれについて解説します。

若手におすすめの求人が豊富なマイナビジョブ20's【第二新卒も対応】

若手におすすめの転職エージェントはマイナビジョブ20'sです。

大手マイナビの傘下企業であり、大手企業が新卒採用のさいにマイナビを利用して接点を持っている関係上、大手求人に期待できます。

特に転職してホワイトな企業に行きたいと考えている方は、登録必須です。

>マイナビジョブ20'sへの登録はこちら

IT系に未経験で挑戦したいならワークポートがおすすめ

IT系企業に未経験から挑戦たい方には、ワークポートがおすすめです。

事務系の仕事しか経験がなくとも、IT系求人を紹介してもらえます。

筆者も転職活動で活用したことがありますが、未経験で20代後半であってもIT系企業の求人を紹介してもらえました。

もっと転職しやすい20代前半であれば、もっとたくさんの求人を紹介してもらえる可能性があります。

>ワークポートへの登録はこちら

20代専門の転職サイトRe就活ならスカウトが届く!

20代専門の転職サイトであるRe就活は登録必須です。

未経験者OK求人が多い上に、スカウトメールが届きます。

年齢が若い人専門の転職サイトだけあって、IT系企業などクリエイティブ系企業の求人も多いですね。

デザインや広告に興味がある方ならぜひ登録しておきましょう。

>Re就活への登録はこちら

最後に20代前半でも転職が厳しいケースを紹介します。

もし該当したとしても若い点は有利ですので諦めずに行動することが重要です。

20代前半で転職することが難しいケース

20代前半で転職することが難しいケースとして、以下のケースがあります。

  • 転職回数が3回以上と多い
  • 転職目的があいまいで志望動機が甘い
  • 考え方・行動が受け身
  • 転職エージェントで面接対策をしっかり受けることが成功のポイント

それぞれについて解説します。

転職回数が3回以上と多い

20代前半で転職回数が3回以上は、転職しにくくなります。

1年以上在籍できた会社が1社もない状態は、非常に企業受けが悪いためです。

第二新卒に必須の基礎マナー習得も怪しいと判断されまがちで、1社の企業に1年以上は在籍していないと不利になります。

1年程度は我慢しましょう。

転職目的があいまいで志望動機が甘い

転職目的をはっきりと決めましょう。

未経験でもやりたい仕事があるのか、それともキャリアアップ転職なのかなど、目的がないと志望動機が甘くなるためです。

特に第二新卒の方ほど、志望動機が甘いと面接に合格しにくくなります。

必ず志望動機の作りこみを徹底するようにしましょう。

考え方・行動が受け身

考え方や行動が受け身な方は、いまのうちからしっかりと能動的に動けるような訓練をしておきましょう。

若いのに頭でっかちだと、採用されにくいためです。

失敗しても良いので、今の会社にいるうちに難しくて高い品質を要求されるようなレベルの高いプロジェクトに参加するようにしておきましょう。

たくさん失敗することで、積極的に仕事をすることが出来るようになり、プレッシャーに強くなります。

【成功のポイント】転職エージェントで面接対策をしっかり受けて直すこと

上記のように失敗しやすいケースに該当しても絶対に諦めないでください。

若さは有利です。

書類選考や面接の対策をすれば見違えるように変わるケースもあります。

そのためにも必ず転職エージェントを活用し客観的にアドバイスをもらいましょう。

特に転職サイトだけで転職をしようとすると、偏った情報だけで転職することになりがち。

1人だけで進める転職活動は、転落への第一歩です。

まとめ

20代前半は最も転職しやすい時期です。

  • 成功しやすい理由1:スキルがなくてもOKと考えている企業が多いから
  • 成功しやすい理由2:若い人ほど育成しやすいから
  • 成功しやすい理由3:若手の応募が少ないから

上記のような理由があるためです。

20代前半なら、第二新卒枠での転職がおすすめです。

第二新卒とは新卒で入社した会社を3年以内に退職しようとしている人のことです。

第二新卒のメリットは、以下の3つです。

  • メリット1:採用されやすい
  • メリット2:未経験転職可能
  • メリット3:給与も考慮してもらえる

転職が初めてなら転職エージェントへの相談は必須です。

20代前半におすすめの転職エージェントは、以下の3つです。

  • 若手におすすめの求人が豊富なマイナビジョブ20's【第二新卒も対応】
  • IT系に未経験で挑戦したいならワークポートがおすすめ
  • 20代専門の転職サイトRe就活ならスカウトが届く!

20代前半で転職することが難しいケースとして、以下のケースがあります。

  • 転職回数が3回以上と多い
  • 転職目的があいまいで志望動機が甘い
  • 考え方・行動が受け身
  • 転職エージェントで面接対策をしっかり受けることが成功のポイント

積極的に転職エージェントを活用し、転職を成功させましょう。

この記事を書いた人

監修者
髙橋弘樹

著者・監修者の髙橋弘樹です。
人事・採用を10年以上の実務で

・1,000人を超える人の面接
・給料相場の把握
・経営側の考え方

を経験してきました。

このサイトではリアルな就職・転職の実情を発信していきます。ご参考になれば幸いです。
詳細はこちら

ココがおすすめ

【最強】未経験からプログラマーになる方法

ITエンジニアは求人倍率11倍と全職種の中で一番求められている職種です。

常に人材不足のため基礎スキルさえあれば経験・年齢が問われず採用されます。

実際、3ヶ月程度の受講で転職事例は山程あり、DMM WEBCAMPでは98%が転職に成功しています。

しかも転職保証があるため就職に失敗したら受講料を返金してもらえます。

注意点は人気で受講枠がすぐ埋まります。気になった方は早めに相談(無料)だけでもしておきましょう。

>DMM WEBCAMPの無料相談はこちら

手に職がつくため将来は在宅でも仕事ができます。

就職・転職の悩みを本気でなくしたい方は情報収集からはじめましょう。

20代前半フリーターに強い「ハタラクティブ」

  • 求人の職種が幅広く・豊富!営業・エンジニア・デザイナー・事務など多彩!
  • 就職支援実績15万名以上!他サービスを圧倒!!
  • 書類選考・面接のカウンセリングがマンツーマンで受けられる

正社員就職支援に強い「ジェイック」

  • 就職成功率は81.1%以上!定着率も91.3%で離職者も少なくホワイト企業多数!
  • 就職支援実績2万名以上!信頼・実績から書類選考免除の企業のみ紹介!
  • 自己分析・企業分析・社会人研修など支援サポートが手厚い!

就職率で選ぶなら「DYM就職」

  • 就職率は96%!正社員就職の圧倒的な成果で選ぶならDYM就職
  • 上場企業・ベンチャーなど優良企業2000社を書類選考免除で面接可能!
  • 就職できるまで自己分析・企業分析をエージェントが無料サポート!
質問・疑問・不安がある方は
お気軽にご相談ください

ご相談はこちら

-20代の転職

© 2020 既卒・ニート・第二新卒の就活戦略