採用担当10年以上の経験・事例から既卒・ニート・第二新卒の就活をアドバイスしていきます!目指せ正社員!!

既卒・ニート・第二新卒の就活戦略

フリーターの就職方法

【採用担当者が語る】27歳フリーターの就職の難易度と正社員にスムーズになるコツ

更新日:

【採用担当者が語る】27歳フリーターの就職の難易度と正社員にスムーズになるコツ

27歳でフリーター経験しかないと、本当に正社員で就職できるのかどうか不安になりますよね。

筆者は10年間、採用担当をしているため

「27歳フリーターから正社員に就職できるかな?」

「正社員として就職できるのは何歳までだろう?」

「どのようにすれば正社員に就職できるの?」

といったリアルな相談をよくいただきます。

27歳という年齢であれば企業も採用しやすいですし、悲観的になる必要はありません。

実際、筆者は27歳のフリーターに内定を出したことは1年間で5名程度あります。

ただ、落ちる人の方が圧倒的に多いです。

フリーターから正社員の内定をとるにはコツが必要です。

この文章にノウハウをまとめましたので読んでいただければ27歳のフリーターから正社員に就職する方法が理解でき、スムーズな就活で成功できるでしょう。

27歳はまだまだこれからの仕事に期待できる年齢です。

27歳だからもう無理と思っている人は絶対に最後まで読まないと一生アルバイトですよ!

【最強】未経験からプログラマーになる方法

ITエンジニアは求人倍率11倍と全職種の中で一番求められている職種です。

常に人材不足のため基礎スキルさえあれば経験・年齢が問われず採用されます。

実際、3ヶ月程度の受講で転職事例は山程あり、DMM WEBCAMPでは98%が転職に成功しています。

しかも転職保証があるため就職に失敗したら受講料を返金してもらえます。

注意点は人気で受講枠がすぐ埋まります。気になった方は早めに相談(無料)だけでもしておきましょう。

>DMM WEBCAMPの無料相談はこちら

手に職がつくため将来は在宅でも仕事ができます。

就職・転職の悩みを本気でなくしたい方は情報収集からはじめましょう。

Contents

27歳フリーターから正社員に就職はできる!

「企業が27歳のフリーターを雇う意図はなに?」と考えている方もいると思います。

27歳のフリーターを採用したいと考えている企業は、基本的に社内の若返りを図っています。

東京商工サーチの上場企業2,318社の平均年齢調査によると、なんと平均年齢は40.2歳でした。

参考:「上場企業2,318社の平均年齢」調査 : 東京商工リサーチ

毎年少しずつ上昇しており、前年よりも0.3%も平均年齢が上がっています。

このままいくと会社内はお年寄りだらけになり、企業としても若い力が足りずに社会の変化に対応できない可能性がでてきます。

私も企業の採用担当者としていつも「うちの平均年齢を若い人を採用して下げたい」と思っていました。

若者の採用は企業の生命線を握っているといえます。

単に人手不足で27歳の若者を大量採用しているわけではなく、50年後の会社の在り方を見据えて若者を採用したいと考えているのが企業の実像です。

27歳フリーターで正社員に就職した人の事例

27歳フリーターで正社員に就職した人の事例を紹介します。

大学はバイオを専攻しており、新興の生物学系の大学を卒業されました。

就職先がなく、大学時代の研究のお手伝いをしていた農家のアルバイトで食いつないでいました。

しかしある日、アルバイト先が若者を採用すると補助金がでるという補助金目的で若者を採用して安い賃金で活用していることを知ってしまいました。

そこで、このままフリーターで働いていてはいけないと一念発起されて、企業の面接を受けに来られました。

仕事は自動車の整備なのでこれまでの職種とは関係なかったのですが、面接の場で安定した待遇であればもっと力を出せるということをしっかりと鬼気迫った迫力で伝えてこられたため、採用になりました。

本人が面接の場で語った言葉で最も印象的だったのは、これまでの経験からこれからやりたいことがやっと分かったという以下の言葉でした。

「これまではせっかく最先端のバイオを学んだのだからそれを活かしたいと思ってきたのですが、まだまだ正社員としてバイオ技術を活かせる企業は少なく、これからは将来性のある職場で正社員として仕事をしたいと思いました。そのためには車産業という日本の根幹を支える大きな企業で、辛い仕事でもゼロから頑張っていまから経験を積みたいと考えています。農作業で培った体力は誰にも負けません」というアピールは強烈でした。

ネガティブな過去を見事に、ポジティブに転化できていると感じました。

フリーターから正社員になった事例をもっと知りたい方はこちらの記事「フリーターの正社員就職の成功率を上げる裏技と採用されやすい8つの仕事」もチェックしてみてください。

フリーターの正社員就職の成功率を上げる裏技と採用されやすい8つの仕事

「フリーターから就職できる?3年くらいフリーターをしている」 「付き合っている恋人にフリーターとは結婚できないと言われて真剣に正社員として就職したい」 正社員にフリーターから転職できるのか、という悩み ...

続きを見る

公務員の年齢制限は27歳前後から!受験資格をチェックしておこう

公務員の年齢制限は27歳前後から増えてきます。

特に地方上級は27歳前後でもう受験できない自治体もあります。

必ず自分が受ける試験の学歴区分と受験可能年齢は調べるようにしてください。

参考:公務員試験の年齢制限一覧|公務員試験総合ガイド

年齢で受験できないのに勉強していた、となると悲劇以外の何者でもありません。

【採用担当が見てきた公務員浪人の末路】失敗と成功を分ける特徴・事例を考察する
【採用担当が見てきた公務員浪人の末路】失敗と成功を分ける特徴・事例を考察する

公務員浪人は長く孤独な戦いとなり 「公務員浪人の末路を知りたい。公務員浪人を続けるべきか迷っている」 「このまま公務員浪人を続けて成功するのだろうか?失敗したくない。」 と弱気になってしまう方が多くい ...

続きを見る

次は27歳から正社員を目指すメリットについて解説します。

27歳は将来的な幹部候補生になれる年齢です。しっかりと有利さを認識してくださいね。

27歳から正社員を目指すメリットは意外と大きい!5つのポイント

「27歳を企業が採用してもあまりメリットはないだろう」と思っていませんか。

27歳という年齢は企業側からすると社内の年齢バランスを下げられる上、柔軟性が残っているため、採用意欲も高い年代です。

採用される側も教育をしてもらえるなどのメリットがあります。

27歳で正社員を目指すメリットについて解説します。

ポイント1:若い会社だとこれ以上年齢を取ると、新卒のように教えてもらえなくなる

27歳であればまだ即戦力扱いではなく、しっかりと仕事を教えていこうという企業が若い会社の中でも存在しています。

27歳であればまだ若手扱いしてもらえる可能性があります。

27~29才は企業によって扱いが変わりやすい年齢です。

たった1才でも年をとって28歳になっただけでも扱いが大きく変わってきます。

仕事は現場で自分で覚えろ!と突き放される可能性がグッと高くなります。

特に創立してからまだ10年を経過していないような若い会社であると、新卒のようにしっかりと教育をしてもらえなくなる可能性がありますので早めに正社員への就職に動き出しましょう。

ポイント2:いま正社員としてスキル・経験を身につければ30代前半でキャリアップの転職チャンスがある

27歳で正社員になったとして、3年後には30歳で職務経歴3年以上が手に入ります。

1つの職種を極めるためには時間も経験も必要です。

3年程度は必要になってきますのでキャリアップの転職を検討するころにはちょうど30才となります。

30才であれば企業も転職者を採用しやすく、大手や知名度の高い就職先へキャリアアップとして転職しやすいでしょう。

つまり27歳はキャリア形成にあたり非常に重要な年齢となります。

いま動くことが将来へ大きく影響します。

ポイント3:結婚の平均年齢である30歳前後までに身を固めるため

結婚の平均年齢が、おおむね30歳前後であると言われています。

もしも恋人が出来たとして、27歳から正社員として働きしっかりと生活を立てられる人と、ずっとフリーターで生活も不安定な人では、どちらが選ばれる可能性が高いでしょうか。

正社員として勤務していれば結婚したとしてもステップアップ転職をして年収アップを狙うことができます。

反対に職歴がなければ、キャリアアップも難しく、生活を向上させることも難しくなります。

将来を考えて正社員として就職するようにしましょう。

ポイント4:正社員(377万円)とフリーター(247万円)の年収の差が毎月10万円の差が出る頃

dodaによれば27歳の正社員の平均年収は377万円、厚生労働省によればフリーターの年収は247万円となっています。

参考:平均年収ランキング 最新版(年齢別の平均年収)

参考:雇用形態別にみた賃金|厚生労働省
※フリーターの給与を25~29歳の正社員以外の給料を12ヶ月分にして計算

一ヶ月あたり10万円以上の差が開いていますね。

正社員とフリーターの大きな差としてボーナスの支給の有無があります。

正社員として勤務していれば、年間賞与が支給されることが多く、それがそのまま年収の差になっています。

賞与が支給される会社であればおおむね5カ月から6ヶ月の賞与の出る場合もあるので、仮に月給21万円でも130万円近い差になります。

正社員になってボーナスをもらうだけで生活が一気に楽になります。

フリーターと正社員の違いをもっと詳しく知りたい方はこちらの記事「人事がこっそり教えるフリーターと正社員の違い。差がつく9つの待遇とは?」も合わせてご覧ください。

人事がこっそり教えるフリーターと正社員の違い。差がつく9つの待遇とは?

フリーターでも10万円以上の手取りがあるなら 「フリーターと正社員ってどこに違いがあるの」 「フリーターから正社員になるメリットはどこにあるの」 フリーターから正社員になるにあたって、メリットが分から ...

続きを見る

ポイント5:30歳以上のフリーターは居場所が少なくなってくる

30歳以上のフリーターになると、アルバイト先や社会に居場所がだんだんなくなってきます。

パートやアルバイトなどは時給制の仕事が多く、あまり稼げない上に、若い人を好むため、主婦や学生が枠を奪っていくためです。

想像してみて下さい。

ずっとアルバイトで一生過ごしても、ボーナスもありませんし、その上、いつクビになるかも知れません。

一刻も早く27歳という若い年齢のうちに将来性のある仕事の経験を積むようにしてください。

次は、空白期間の突破の仕方について解説します。

フリーターになったことそのものを反省する必要はありますが、後悔する必要はありません。

これから安定した生活を送れるように努力するためにも、絶対に読んでください。

空白期間の突破の仕方

空白期間の突破の仕方として、大切なポイントがあります。

空白期間が出来てしまっているものはいまさら変えようがありません。

しかも、別に経営者や採用担当者は空白期間を過度に悪く捉えて27歳の若者を採用選考に落とそうとは考えていません。

「若者にはチャンスを!」と思っている経営者や採用担当者の方が多いですし、私もそう考えて採用活動を行ってきました。

開き直るのではなく客観的に振り返り、「これからはこうしたい!」という意欲を企業に見せるようにしましょう。

そのための空白期間の突破方法について解説します。

フリーターになった経緯とその振り返りが客観的にできている

「なぜフリーターになったのか」をしっかりと自分なりに整理するようにしてください。

具体的には、正社員にならなかった理由は何なのかということです。

良いと思える仕事がなかったからなのか、ブラック企業に入るのが怖かったからなのか、人それぞれ理由はあります。

いままでは正社員として仕事をすることに興味がなかったし、安定しない生活に不安もなかったけれど、このままではまずいと思った理由を考えるようにしてください。

面接官が納得する正社員就職の動機がある

フリーターになった経緯が自分なりに理解出来たら、それを面接官に伝えられるようにしてください。

恋人が出来て安定した生活をできないといけないと思うようになったという動機も立派ですし、フリーターでは仕事能力が磨かれずにいつまでも社会人として認めてもらえないと思ったということでも大丈夫です。

正社員になりたいと思うに至った強い動機を面接官に伝えられるようにしてください。

恋人や家族のことを動機にするのは良くないと思っている人もいるかも知れませんが、実はとても採用担当者には効きます。

正社員就職への強い動機を伝えるようにしてください。

空白期間の経験を前向きに捉え強みとして伝えられる

空白期間の説明時に一番やってはいけないことは、後ろ向きでネガティブになることです。

絶対に前向きにかつポジティブに空白期間については伝えるようにしてください。

「チャンスの神様は前髪にしかいない」、という言葉があるくらい前向きさは大切です。

フリーターでダラダラと日々を過ごしてしまったと後悔するのではなく、そのおかげで正社員になってからは活躍できるようになりたいという意欲を得られたという形が良いです。

空白期間に自分なりに学んだことをしっかりと伝えられるようにしてください。

【空白期間が不安な方へ】面接での答え方のコツと正社員への就職方法

「空白期間に何もしてこなかったから、何を面接で聞かれるか不安だ」 「空白期間が長すぎて書類そのものを書くことができない。何を書けばいいの」 ひきこもり・フリーターが長すぎると不安になる方は多いですよね ...

続きを見る

【採用担当者が教える】面接での「空白期間の答え方」の突破法を伝授!心に響く事例も紹介

ニートで正社員を目指すときに 「空白期間の答え方はどのようにすればいいんだろう?他の人の事例を知りたい」 「空白期間の説明をしても『甘い!』と怒られそう・・・怖い」 「空白期間ってマイナス評価にしかな ...

続きを見る

次は、フリーターからの就活で失敗しやすいポイントについて解説します。

フリーターの方は、これを読まないと失敗します。

フリーターからの就活で失敗しやすいポイント

「就活時に何に気をつけて就活したら良いのだろうか」と不安になっていませんか。

いきなりフリーターから心機一転、正社員になるぞとフルスロットルになるのは良いのですが、準備していかないといけないことがあります。

フリーターの就活で失敗しやすいポイントとして、以下のポイントがあります。

  • 自己分析不足
  • 求人を精査しない
  • 行動しない

それぞれについて解説します。

空白期間をはじめ、自己分析ができておらずしたい仕事が自己理解できていない人

自己分析は絶対にするようにしましょう。

空白期間の振り返りだけではなく、自己分析ができていない人はやりたい仕事を自己理解できていない可能性が非常に高いです。

自分自身の過去を振り返ったり、フリーター時代にした仕事をしっかりと整理することで、自分がどんな仕事をしたいのかを自問自答して答えを出してください。

自己分析が甘いまま就活をしても、すぐに辞めるハメになる可能性が高いです。

具体的な自己分析の方法がわからない方はこちらの記事「一生使える自己分析の方法!ステップ式で誰でも簡単に自己分析を深くする手順を全解説」を参考にしてみてください。

一生使える自己分析の方法!ステップ式で誰でも簡単に自己分析を深くする手順を全解説

「自己分析ってどうすればいいのかな。やり方がわからない」 「自己分析の方法がわからないから、その方法を知りたい」 自己分析をしたくても「方法が分からない」と手が止まる方は多くいます。 でも絶対に諦めて ...

続きを見る

フリータOKの求人選びをせず、むやみに選考を受ける人

フリーター歓迎の求人をしっかりと選ばず、むやみに選考を受けるのは辞めておきましょう。

最初から企業の一般的な求人を受けても他の職歴のある候補者と戦って負ける可能性が高いです。

また、自己分析が甘いとここでも苦戦します。

自分がどんな仕事をしたいのかもわかっていない人が、他の経験者と勝負してもかなり厳しい戦いになるためです。

むやみに選考を受けるのではなく、自分がやりたい仕事かつフリーター歓迎の求人を受けるようにしましょう。

行動力(挑戦✕行動量✕時間)が少ない人

行動力が少ない人は、就活に失敗しやすいといえます。

就職は企業と求職者のマッチングです。

スキル・経験・思考・不足している人材像などマッチしないと就職はできません。

優れていても落ちる可能性は十分にあるのです。

そこでめげずに何度も何度も挑戦して、時間を確保し行動することです。

具体的には求人をしっかりと探して応募して面接を受ける回数を増やすことです。

行動力が伴わなければ、当然、結果が出るのにも時間がかかります。

出来るだけ行動するようにしてください。

【フリーターから就職】採用担当者が教える正社員に最短でなる具体的な方法

「フリーターをしているけれど、就職できるのかどうか不安だ」 「これまでフリーターの経験しかないのに、正社員として本当に採用してもらえるの」 フリーターで不安定な日々を過ごしており、正社員になりたいと考 ...

続きを見る

次は、27歳でフリーターから正社員に最短・確実に就職する方法を紹介します。

いままで書いてきた不安点を、就職支援サービスを活用することで実はすべて解消することができます。

フリーターから正社員を最短・確実に目指すなら就職支援サービスを利用する

「フリーターから正社員になるのはやっぱりハードルが高そうだな」と思っている方も多いかも知れません。

27歳までフリーターをしてしまっていると思うと、少し負い目を感じてしまいますよね。

しかし、就職支援サービスを活用すれば一気にハードルが下がります。

就職支援サービスでは、企業の採用担当者の目線でアドバイスをもらうことができます。

内定率も80%以上と新卒と同等以上の成功確率となります。

フリーター脱出のために有効な手段となりますので解説していきます。

特徴1:就活アドバイザーの自己分析・企業分析のサポートを受けられる

「どんな仕事が向いているか分からない」というような悩みから就活アドバイザーが自己分析などを支援してくれます。

具体的には自分自身の人生年表を作成し、どんなときにモチベーションがアップしたのかなどを学生時代から振り返り、自分が本当にやりたい仕事を見つける手助けをしてもらえます。

また、どんなときにモチベーションが下がるのかを掘り下げることで適性がない仕事を見つける手助けもしてもらえます。

企業分析についても自社に来る求人をしっかりと精査しており、会社に定期的に訪問して情報収集をしています。

そのため、非常に高い制度の企業分析を行うことができます。

特徴2:フリーターOKの正社員求人のみを紹介してもらえる

就職支援サービスでは、フリーターOKの正社員求人を紹介してもらえます。

既卒向けの就職支援サービスは主に正社員として職歴のない層を狙った企業の求人を集めています。

フリーターであっても登録を断られることはありませんし、むしろ歓迎されているといえます。

特徴3:内定率は新卒並の80%以上

就職支援サービスを活用した人の内定率は平均して80%以上となっており、新卒の内定率とほぼ同水準となっています。

マイナビによるとフリーターを含めた既卒者の就職率はおおむね45%となっているため、非常に高い内定率を誇っていることがよくわかります。

フリーターであっても就活支援サービスを利用することで、正社員として就職できる可能性が高いです。

次は、おすすめの就職支援サービスを3つ紹介します。

フリーターでもここさえ使えば内定がでるというサービスを紹介していますので、絶対に見ていってください。

無料で活用できる上に、正社員になれる可能性がグッと高くなります。

おすすめの就職支援サービス3つ

おすすめの就職支援サービス3つを紹介します。

基本的に、正社員経験がなくとも内定が出やすいエージェントを紹介しています。

  • ジェイック
  • ハタラクティブ
  • DYM就職

以上の3つについて解説します。

おすすめ1:ジェイック

ジェイックは若者向けの就職支援会社で、内定率83%を誇る就職支援会社です。

ジェイックは1週間の時間をかけて就職カレッジを開催しています。

就職カレッジでは名刺交換マナーから、上座下座の座り方、入社後での会社での振る舞い方についての講座があります。

1週間の就職カレッジを修了すると、なんと書類選考なしで30社の企業と連続面接に参加することができます。

15名参加した人のうち12名が内定を獲得していましたので、非常に短い期間で正社員として就職できるといえます。

正社員就職支援に強い「ジェイック」

  • 就職成功率は81.1%以上!定着率も91.3%で離職者も少なくホワイト企業多数!
  • 就職支援実績2万名以上!信頼・実績から書類選考免除の企業のみ紹介!
  • 自己分析・企業分析・社会人研修など支援サポートが手厚い!

おすすめ2:ハタラクティブ

ハタラクティブは内定率80%を誇る若者向けの就職支援会社です。

職種が非常に幅広くIT系の求人なども揃えており、IT系に興味のある方にはおすすめできる会社であるといえます。

ハタラクティブではマッチした求人であれば書類選考なしで求人紹介をしてもらえる場合もあります。

利用者実績数も15万人以上と圧倒的なため、一度登録してみることをおすすめします。

ハタラクティブ

  • 求人の職種が幅広く・豊富!営業・エンジニア・デザイナー・事務など多彩!
  • 就職支援実績15万名以上!他サービスを圧倒!!
  • 書類選考・面接のカウンセリングがマンツーマンで受けられる

おすすめ3:DYM就職

DYM就職は、内定率96%を誇る若者向けの就職支援会社です。

保有求人数も2,000件以上あり、非常に求人数が多いといえます。

とにかく求人をたくさん紹介して欲しい方には非常に向いているといえますね。

就職率で選ぶなら「DYM就職」

  • 就職率は96%!正社員就職の圧倒的な成果で選ぶならDYM就職
  • 上場企業・ベンチャーなど優良企業2000社を書類選考免除で面接可能!
  • 就職できるまで自己分析・企業分析をエージェントが無料サポート!

まとめ

27歳はまだまだこれから活躍が期待される年齢であり、正社員になれないことはあり得ません。

27歳のフリーターを企業が採用する意図は社内年齢の高齢化を防ぎたいという想いがあり、単純に人手不足だから大量採用したいわけではありません。

ネガティブになるのではなく、ポジティブにこれからどうなりたいのかを考えるようにしましょう。

27歳のうちに正社員として就職することで、将来の不安がなくなっていきます。

27歳のうちに出来るだけ早く正社員として就職することで、周囲を安心させてあげましょう。

また、就活支援サービスを活用することで、様々な就活上の不安を取り除くことができます。

この記事を書いた人

監修者
髙橋弘樹

著者・監修者の髙橋弘樹です。
人事・採用を10年以上の実務で

・1,000人を超える人の面接
・給料相場の把握
・経営側の考え方

を経験してきました。

このサイトではリアルな実情を発信していきますの参考になれば幸いです。
詳細はこちら

【最強】未経験からプログラマーになる方法

ITエンジニアは求人倍率11倍と全職種の中で一番求められている職種です。

常に人材不足のため基礎スキルさえあれば経験・年齢が問われず採用されます。

実際、3ヶ月程度の受講で転職事例は山程あり、DMM WEBCAMPでは98%が転職に成功しています。

しかも転職保証があるため就職に失敗したら受講料を返金してもらえます。

注意点は人気で受講枠がすぐ埋まります。気になった方は早めに相談(無料)だけでもしておきましょう。

>DMM WEBCAMPの無料相談はこちら

手に職がつくため将来は在宅でも仕事ができます。

就職・転職の悩みを本気でなくしたい方は情報収集からはじめましょう。

ハタラクティブ

  • 求人の職種が幅広く・豊富!営業・エンジニア・デザイナー・事務など多彩!
  • 就職支援実績15万名以上!他サービスを圧倒!!
  • 書類選考・面接のカウンセリングがマンツーマンで受けられる

正社員就職支援に強い「ジェイック」

  • 就職成功率は81.1%以上!定着率も91.3%で離職者も少なくホワイト企業多数!
  • 就職支援実績2万名以上!信頼・実績から書類選考免除の企業のみ紹介!
  • 自己分析・企業分析・社会人研修など支援サポートが手厚い!

就職率で選ぶなら「DYM就職」

  • 就職率は96%!正社員就職の圧倒的な成果で選ぶならDYM就職
  • 上場企業・ベンチャーなど優良企業2000社を書類選考免除で面接可能!
  • 就職できるまで自己分析・企業分析をエージェントが無料サポート!
質問・疑問・不安がある方は
お気軽にご相談ください

ご相談はこちら

-フリーターの就職方法

書類選考なし!だから就職率は96%!
優良企業は2,000社以上
書類選考なし!就職率96%
優良企業は2,000社以上

Copyright© 既卒・ニート・第二新卒の就活戦略 , 2020 All Rights Reserved.