採用担当10年以上の経験・事例から既卒・ニート・第二新卒の就活をアドバイスしていきます!目指せ正社員!!

既卒・ニート・第二新卒の就活戦略

フリーターの就職方法

【採用担当者が回答】30代フリーターは就職できる?企業の需要やスムーズな就活法

更新日:

30代になると

「30代までずっとフリーターだけど就職は出来るのかな?」

「30代でフリーターをしているけど、将来が不安だ。どうすれば良いのだろうか」

と深く悩んでいませんか?

私はこれまで約10年間、採用担当者をしてきました。

30代のフリーターも採用した経験があります。

結論をお伝えするとフリーターであっても34歳以下であれば正社員として就職可能です。

ただし、35歳以上の方は少し戦略が必要になってきます。

注意点としては、何も考えずに就活すると正社員の内定は中々取れない点です。

30代でも未経験OKの仕事は限られ希少です。

フリーター以外の一般の転職者もライバルです。

コツが必要になってきます。

もし、できる限り失敗を少なくスムーズに就職したいのであればこの記事を一読してください

30代フリーターが知っておくべき5つのリスク

フリーターでいることのリスクはただ年齢を重ねるだけで、金銭的・社会的地位が下落していくことです。

しっかりとリスクを把握・認識し、就活に向き合うことが大切です。

具体的には、以下のようなリスクがあります。

  • 求人が若手ばかりで仕事が選べなくなる
  • 正社員との年収の差が大きく開いていく
  • 結婚・出産などのライフステージを前向きに考えにくい
  • 年齢に応じたスキル・経験がなく正社員になりづらくなる
  • 兄弟・友達とのギャップが広がっていき孤立化する

それぞれについて解説します。

リスク1:求人が若手ばかりで仕事が選べなくなる

日本企業は若者を採用する傾向が強いため、求人が若手向けの求人ばかりで仕事を選べなくなります。

求人票を見てみると、年齢制限をするとハローワークや労働基準監督署から目を付けられるため「若者活躍中!」など20代を暗に求めていることが分かる求人が増えてきます。

年齢を指定して求人広告を行うと違法行為としてハローワークや労基署に指導されてしまうため、20代活躍中=20代が欲しいと暗に示しているような求人もあります。

30代で職歴なしの方は仕事が選べなくなるリスクがあります。

リスク2:正社員との年収の差が大きく開いていく

正社員とフリーターでは年収の差が大きく開いていきます。

正社員の賞与と退職金は、毎年昇給する給与をベースに組み立てられています。

正社員は勤続年数が増えるほど、貰えるお金が増えていく仕組みです。

一方でフリーターは時給しかもらえないことも多く、給与がアップしにくくなっています。

賞与も退職金もフリーターにはありません。

正社員は1年間勤務するごとに年5,000円程度の昇給があり、賞与が平均80万円程度あります。

また、退職金も中小企業であっても1,000万円程度は支給されることがあります。

正社員とフリーターは、賃金が65歳を迎えるころには1億円以上の差が開いていると考えて差し支えありません。

参考:生涯賃金 非正規雇用は1億円以上低い

さらにフリーターと正社員の差は年収以外の点でも大きく差が付きます。具体的には雇用が安定し年金も倍以上もらえることができます。

もっと知りたい方は「人事がこっそり教えるフリーターと正社員の違い。差がつく9つの待遇とは?」をご覧ください。

人事がこっそり教えるフリーターと正社員の違い。差がつく9つの待遇とは?

フリーターでも10万円以上の手取りがあるなら 「フリーターと正社員ってどこに違いがあるの」 「フリーターから正社員になるメリットはどこにあるの」 フリーターから正社員になるにあたって、メリットが分から ...

続きを見る

リスク3:結婚・出産などのライフステージを前向きに考えにくい

正社員になれば会社が存続する限り、65歳の定年を迎える日まで、毎月お給料が貰えます。

給料が毎月貰えるということは、生活が安定し、結婚や出産などのライフステージを前向きに考えることができます。

フリーターは正社員に比べてお給料が安定してもらえないため、結婚や出産などのライフステージを前向きに考えることができず消極的になる可能性があります。

リスク4:年齢に応じたスキル・経験がなく正社員になりづらくなる

30歳になれば年齢に応じたスキル・経験が企業から求められます。

そのため、戦力になる要素がなければ正社員になりづらくなります。

特に日本は勤続年数である程度のスキルを測る傾向にあるため、正社員としての勤務経験がなければ、スキルがないとみなされやすくなります。

リスク5:兄弟・友達とのギャップが広がっていき孤立化する

兄弟や友達が出世したり、円満な家庭を築いている友人の中、自分だけがフリーターだと居場所がなくなっていきます。

特に同窓会などに30代を過ぎて出席すると、ほとんどが仕事である程度の実績を残した方ばかりが集まっていたりします。

そうした中に自分1人だけがフリーターです、とは言いづらくなり、孤立する原因となります。

次は、いつか正社員をと考えている方へ向けたアドバイスを行います。

一日も早くフリーター脱出することが結論となります。

「いつか正社員を」と考えている人は今すぐ動くべし

「いつか正社員を」と考えている人は、今すぐに就活をしましょう。

年齢を重ねるほど、就職しにくくなっていくためです。

特に、35歳を超えると、よほど即戦力になれるような職歴を持っていない人材以外は、面接に通らくなっていきます。

有名な上場企業や社員数が2,000名を超えるような大企業では、31歳を超えるとアウトなところもあります。

今日より明日の方が、確実に就職には不利になっていきますので、1日でも早く就活をしましょう。

次は、30代フリーターの需要について解説します。

需要自体は高くなっているので、ぜひ、参考にしてください。

【採用担当者が教える】30代フリーターの需要

「実際のところ、30代のフリーターなんて採用しているの」と不安になっていませんか。

実はフリーターの需要は急騰しています。

筆者は採用担当者として2017年ごろから肌身に感じていますので断言できます。

その背景には新卒採用で人が集まらない、職歴のある第二新卒は大手に持っていかれてしまうということがあります。

その結果、フリーター・ニートを中小企業が積極的に正社員採用を進めています。

つまり、「いま」動けば正社員になりやすい状況です。

中小企業にまずは入社してから、職歴を積んで大企業を狙うという戦略もとれますので、この機会にとりあえず正社員でどこかの会社に入り、職歴を積むことを強くおすすめします。

次は、年齢別の就職方法をお伝えします。

年齢は34歳までの方、35歳以上の方で大きく就職方法が変わってきます。

まずは34歳までの方について紹介します。

34才までなら就職支援サービスを利用すべし!80%が正社員になれる

「どうすれば正社員になれるのかな」と気になっていませんか。

実は、34歳以下であれば就職支援サービスを活用することで、80%が正社員になることができます。

なぜなら「未経験OKでも正社員採用したい!」という求人を中心に集めているからです。

当然、ブラック企業や離職率の高い業界は紹介されません。

そのため就職支援サービスに登録することで、一気に内定に近づきます。

その中でも次の就職支援サービスがおすすめです。

  • 個別サポートが手厚いジェイック
  • 豊富な職種から選べるハタラクティブ
  • 正社員の就職率96%以上!DYM就職

それぞれについて解説します。

おすすめ1:個別サポートが手厚いジェイック

個別サポートが手厚いジェイックは非常におすすめです。

ジェイックが開催する就職カレッジを1週間受講すると、優良企業30社との連続面接に参加することができます。書類選考は免除されます。

人によっては登録してから1か月から2ヶ月で正社員として内定を獲得することも可能です。

正社員就職支援に強い「ジェイック」

  • 就職成功率は81.1%以上!定着率も91.3%で離職者も少なくホワイト企業多数!
  • 就職支援実績2万名以上!信頼・実績から書類選考免除の企業のみ紹介!
  • 自己分析・企業分析・社会人研修など支援サポートが手厚い!

おすすめ2:豊富な職種から選べるハタラクティブ

豊富な職種から選べるハタラクティブはおすすめです。

ジェイックが営業職の求人を主に紹介しているのに対して、ハタラクティブではIT系の求人紹介があるなど、IT業界に興味のある方にも対応しています。

「営業職は興味ない」という方は、ハタラクティブが適しています。

ハタラクティブ

  • 求人の職種が幅広く・豊富!営業・エンジニア・デザイナー・事務など多彩!
  • 就職支援実績15万名以上!他サービスを圧倒!!
  • 書類選考・面接のカウンセリングがマンツーマンで受けられる

おすすめ3:正社員の就職率96%以上!DYM就職

DYM就職は驚異の就職率96%を誇る就職支援サービスです。

ジェイックやハタラクティブ等の就職支援サービスが80%代の就職率の中、群を抜いて就職率が高いです。

職種の幅も広く、営業職からIT系職種まで幅広い職種を紹介しています。こちらは必ず登録して、確実に正社員の内定が取れるようにしておきましょう。

就職率で選ぶなら「DYM就職」

  • 就職率は96%!正社員就職の圧倒的な成果で選ぶならDYM就職
  • 上場企業・ベンチャーなど優良企業2000社を書類選考免除で面接可能!
  • 就職できるまで自己分析・企業分析をエージェントが無料サポート!

番外編:プログラミングスクールでスキルを身につける

プログラミングスクールでスキルを身に着ける方法もあります。

スキルを身につけつつ、就職先を紹介してもらえるスクールに通うのも非常に良いですね。

ITエンジニアは全職種の中でも一番求人倍率が高いため、転職しやすい職種です。

実際、「転職保証付き」といって転職できなければ受講料を全額返金するスクールも出てきています。

30歳からITエンジニアへ転職した実績が豊富で「転職保証付き」のTECH::EXPERTがおすすめです。

非常に人気ですので、受講枠を超える方もいます。

少しでも気になりましたらまずは無料相談するこをおすすめします。

>TECH::EXPERTの無料相談の申込みはこちら

次は、35歳以上の就職戦略について解説します。

35歳以上になればいきなり正社員は難しいですが、地道にスキルアップしていく方法があります。

35才以上の就職戦略は3個

「35歳以上は就職できないの」とこれまでの記事を読まれていると不安になってしまったかも知れません。

35歳以上であっても、戦略次第では正社員になることができます。

具体的には、以下の方法です。

  • 職業訓練校で手に職をつける
  • 紹介予定派遣に申し込み経験を積む
  • 期間工もおすすめ!400万円の年収と経歴が得られる

それぞれについて解説します。

職業訓練校で手に職をつける

職業訓練校で手に職をつけることで採用されやすくなります。

筆者がおすすめするのは、事務系コース以外のコースです。

事務系コースではあまり即戦力扱いされずに、就職に結びつかないことが多いです。

就職しやすいのは

  • 溶接施行技術科
  • 電気設備

など、資格と勉強がそのまま企業で活かしやすいものです。

特に現場仕事は資格がないと仕事が出来ないものが多いため、ぜひ、狙ってみて下さい。

参考:求職者向け職業訓練のご案内(京都の場合)

紹介予定派遣に申し込み経験を積む

紹介予定派遣は正社員採用の検討をするために、まずは派遣社員として働く仕組みです。

この紹介予定派遣を利用し、経験を積んでみましょう。

出来るだけ自分の希望の職場へ入れるように、紹介予定派遣で仕事を紹介してもらい、ステップアップを狙いましょう。

おすすめの紹介予定派遣を扱っている会社としてテンプスタッフ等の会社があります。

テンプスタッフでは女性向けの求人も多く扱っています。

>テンプスタッフの登録はこちら

期間工もおすすめ!400万円の年収と経歴が得られる

もしも正社員になるまでに自信をつけたい場合には、期間工に挑戦してみましょう。

期間工では初年度から年収400万円を得ることができ、職務経歴がつきます。

期間工の仕事を満了まですることができれば、どんな仕事も耐えられるというくらいに根性と体力が身につきます。

期間工.jpでは期間工の仕事を入社お祝い金付きで紹介されていますので、ぜひ、資金を貯めることと自信をつけるために活用してみて下さい。

期間工を経験すると正社員として営業職や製造業の生産管理、保全業務等で採用されやすくなります。またお金を貯めたあとに難しい資格を取得して専門職として再就職される方もいます。

>期間工の求人一覧はこちら

30代で正社員を目指すなら1日でも早く動こう

30代で正社員を目指すなら、1日でも早く行動を起こすようにしましょう。

人生で今日が一番若く、一番就職しやすい日です。

年齢を重ねるほど、正社員として採用される確率はドンドン下がっていきます。

もう30代だ、と嘆く前に、就活をするようにしましょう。

その嘆きがもう40代だ、になってからでは全てが手遅れになってしまいます。

とりあえず応募しようと考えるようにしましょう。

まとめ

30代のフリーターは、以下の5つのリスクを背負っています。

  • 求人が若手ばかりで仕事が選べなくなる
  • 正社員との年収の差が大きく開いていく
  • 結婚・出産などのライフステージを前向きに考えにくい
  • 年齢に応じたスキル・経験がなく正社員になりづらくなる
  • 兄弟・友達とのギャップが広がっていき孤立化する

年齢を重ねるほど日本は就職がしにくい社会であり、また、正社員として働いている友人や近親者との間でギャップが出てきて、孤立化していきます。

現在はフリーターが非常に就職しやすい状況となっています。

34歳までであれば就職支援サービスを活用し、35歳以上であれば職業訓練校に通うなどスキルを身につけるようにしましょう。

人生で今日が一番若い日です。

1日でも早く就活をしましょう。

この記事を書いた人

監修者
髙橋弘樹

著者・監修者の髙橋弘樹です。
人事・採用を10年以上の実務で

・1,000人を超える人の面接
・給料相場の把握
・経営側の考え方

を経験してきました。

このサイトではリアルな実情を発信していきますの参考になれば幸いです。
詳細はこちら

ハタラクティブ

  • 求人の職種が幅広く・豊富!営業・エンジニア・デザイナー・事務など多彩!
  • 就職支援実績15万名以上!他サービスを圧倒!!
  • 書類選考・面接のカウンセリングがマンツーマンで受けられる

正社員就職支援に強い「ジェイック」

  • 就職成功率は81.1%以上!定着率も91.3%で離職者も少なくホワイト企業多数!
  • 就職支援実績2万名以上!信頼・実績から書類選考免除の企業のみ紹介!
  • 自己分析・企業分析・社会人研修など支援サポートが手厚い!

就職率で選ぶなら「DYM就職」

  • 就職率は96%!正社員就職の圧倒的な成果で選ぶならDYM就職
  • 上場企業・ベンチャーなど優良企業2000社を書類選考免除で面接可能!
  • 就職できるまで自己分析・企業分析をエージェントが無料サポート!
質問・疑問・不安がある方は
お気軽にご相談ください

ご相談はこちら

-フリーターの就職方法

Copyright© 既卒・ニート・第二新卒の就活戦略 , 2020 All Rights Reserved.