採用担当10年以上の経験・事例から既卒・ニート・第二新卒の就活をアドバイスしていきます!目指せ正社員!!

既卒・ニート・第二新卒の就活戦略

就活ノウハウ

【秋採用で一発逆転】採用担当者が教える落ち続ける人の特徴と大手企業の攻略法

更新日:

「就活をしていたけれど、結局内定がとれず秋採用に参加することになってしまった」

「大手から春採用では内定がとれなかったから、秋採用で挽回したい。これから大手に行けるの」

就活をしていて内定をとれなくて、秋採用に参加することになってしまい、不安ではありませんか。

また、大手に未練があり、秋採用に参加したいという方もいると思います。

結論からいえば秋採用の段階で内定がとれていなくても問題ありませんが、大手にいけるかどうかは運に左右される要素が大きいといえます。

私はこれまで4社で約10年間、採用担当者を経験してきましたが、秋採用は欠員補充や、秋採用から採用活動に出現する知名度の低い企業まで千差万別です。

この文章を読めば、秋採用でも内定を獲得することができ、就活を終えることができます。

秋で確実に内定をゲットしたい方は成功率を高めることを意識しましょう。

この記事には秋採用で就職を成功させるための具体的な進め方も紹介していますので必ず最後までお読みください。

【優良企業の正社員に確実になる方法】

ブラック企業に入りたくないですよね。

実は、ブラック企業は「入社してもすぐ辞める」という特徴があるため「定着率」をチェックすれば分かります。
定着率が悪いブラック企業や業界(外食・アミューズメント・投資用不動産)は避けるべきでしょう。

ただ、定着率をチェックするのは大変です。
そこで上手く就職・転職している人は定着率が悪い企業を紹介しないジェイックという就職支援サービスを利用しています。
入社後も満足度が高く定着率も90%以上の実績があります。

しかも無料で書類選考はなく、支援を受けた人の10人に8人がスムーズに正社員採用されます。
デメリットは優良企業の求人は限りがある点です。
早めに相談して優先して紹介してもらうようにしましょう。

>ジェイックの無料相談に応募する

人柄重視で未経験OKの求人が多いハタラクティブもすぐに正社員内定が決まると評判です。
合わせて相談し、幅広い求人選びがおすすめです。

>ハタラクティブの無料相談に応募する

【最強】未経験からプログラマーになる方法

ITエンジニアは求人倍率11倍と全職種の中で一番求められている職種です。

常に人材不足のため基礎スキルさえあれば経験・年齢が問われず採用されます。

実際、3ヶ月程度の受講で転職事例は山程あり、DMM WEBCAMPでは98%が転職に成功しています。

しかも転職保証があるため就職に失敗したら受講料を返金してもらえます。

注意点は人気で受講枠がすぐ埋まります。気になった方は早めに相談(無料)だけでもしておきましょう。

>DMM WEBCAMPの無料相談はこちら

手に職がつくため将来は在宅でも仕事ができます。

就職・転職の悩みを本気でなくしたい方は情報収集からはじめましょう。

ココがおすすめ

Contents

秋採用の特徴は3個!春採用との違いも解説

秋採用の定義は、企業が秋に採用活動をしていることです。

7月から12月頭までの期間を一般的には指しますが、明確な定義は存在しません。

新卒採用は採用枠があり、その枠を埋めきるまでは採用を続ける性質があるためです。

知名度の低い不人気企業では秋採用から顔を出して、大手企業を諦めた学生を拾っていく落穂拾いをしていくところもあります。

秋採用の特徴について解説します。

秋採用の特徴1:規模は春採用の25%くらい

秋採用の採用規模はおおむね春採用の25%くらいであると考えて下さい。

春採用では、採用枠100名以上と記載していた企業も秋採用になると若干名という風に、記載が変わります。

最初の一回目の採用活動でほとんどの企業が内定を出して、定員の75%程度は埋めていることが一般的であるといえます。

春採用に比べるとすでに内定を出してしまっているので、厳しい戦いになります。

秋採用の特徴2:無名の中小企業が出現する

春採用では上場企業や大企業のような人気企業に学生が集中する傾向にあります。

そのため、最初から春採用では勝負せずに秋採用から新卒採用に出てくる無名の中小企業が存在しています。

春採用で戦っても勝ち目がない相手ばかりの状況でマンパワーを割くよりも、秋採用で内定を出したら会社に来てくれる確率が高いところで勝負するという中小企業にとっては賢い戦略であるといえます。

大企業ばかり狙っていて全く内定が出ていなかった方は実は秋採用から就職のチャンスが出てくることを忘れないようにしてください。

秋採用の特徴3:大学のキャリアセンターが活きてくる

秋採用では春採用時にはリクナビ・マイナビをみんなが活用するため、あまり存在感のなかった大学のキャリアセンターが活きてきます。

大規模な合同説明会などが減って、企業内セミナーなどに参加する企業や大学のキャリアセンターに直接求人を持ってきていい学生を紹介して欲しいとお願いする企業が増えてくることが原因です。

秋採用の季節になったら、大学のキャリアセンターに顔を出すようにしてみてください。

秋採用と春採用の大きな違いは「採用人数と採用目的」

秋採用と春採用の大きな違いは、採用人数と採用目的です。

春採用の採用枠の空き率が100%なのに対して、秋採用は概ね25%しか枠が残っていないことが多いです。

また、採用目的も少し異なってきます。

春採用では企業が欲しがる体育会系の学生や、どの企業も欲しがるといった優秀な学生に内定が集中する傾向にあります。

秋採用では採用目的にダイバーシティの考え方が入ってきます。

春採用では男性ばかりを採用してしまったので、秋採用では女性に多く内定を出して調整して、多様性を出そうと考える採用担当者もいます。

企業もある程度は採用ができて余裕がある分、他と少し違った性格の子を採用しておいて調整しようといった考え方をしています。

【優良企業の正社員に確実になる方法】

ブラック企業に入りたくないですよね。

実は、ブラック企業は「入社してもすぐ辞める」という特徴があるため「定着率」をチェックすれば分かります。
定着率が悪いブラック企業や業界(外食・アミューズメント・投資用不動産)は避けるべきでしょう。

ただ、定着率をチェックするのは大変です。
そこで上手く就職・転職している人は定着率が悪い企業を紹介しないジェイックという就職支援サービスを利用しています。
入社後も満足度が高く定着率も90%以上の実績があります。

しかも無料で書類選考はなく、支援を受けた人の10人に8人がスムーズに正社員採用されます。
デメリットは優良企業の求人は限りがある点です。
早めに相談して優先して紹介してもらうようにしましょう。

>ジェイックの無料相談に応募する

人柄重視で未経験OKの求人が多いハタラクティブもすぐに正社員内定が決まると評判です。
合わせて相談し、幅広い求人選びがおすすめです。

>ハタラクティブの無料相談に応募する

次は、秋採用スケジュールを解説します。

スケジュールがあればどう動けば良いのかが分かるため、動きやすいといえます。

秋採用はいつから?採用スケジュールを解説

「秋採用はいつから始まるの」と悩んでいる方も多いと思います。

いったいどう動けば内定が取れるのかどうか分からないと不安になりますよね。

そこで、秋採用の採用スケジュールの流れをSTEP5で説明します。

以下のようなスケジュールで採用されることになります。

  • STEP1:7月から8月に会社説明会実施
  • STEP2:8月から9月の間に一次面接を実施
  • STEP3:9月から10月の間に二次面接を実施
  • STEP4:10月から11月の間に最終面接実施
  • STEP5:12月中または年明けに内定を出す

流れとしてはおおむね上記のようになりますが、学生の内定辞退率などによっては長引いたりすることもあります。

秋採用の選考の流れは春採用と同じ

秋採用の選考の流れは春採用と変わりません。

募集時期が異なっているだけで選考フローまで変えてしまうと、すでに内定を出した学生との間に不均衡が生じてしまうためです。

時期が少しずれるだけというイメージを持ってください。

次は、採用担当者の私が教える、秋採用における大手企業の採用傾向について解説します。

秋採用から大手企業に行きたい、と考えている方は絶対に読んでくださいね。

【採用担当者が教える】秋採用における大手企業の採用傾向は内定辞退者の補充

秋採用における大手企業の採用傾向は内定辞退者の補充が主な目的となっています。

大手企業は採用枠のほとんどを春採用で確保できているためです。

そのため、若干名出てしまう内定辞退者を補充することが最優先です。

私も内定辞退をされた経験がありますが、内定式で一個3,500円の特注弁当を食べて会社の経費で、飲み代やカラオケ代を出したのに内定辞退をされたときはショックでしたね。

秋採用で受かりやすい人の特徴は振り返りが出来ている人

「秋採用でも採用されている人にはどんな特徴があるのかな」と気になりませんか。

秋採用で受かりやすい人の特徴として、しっかりと落ちた原因を振り返り出来ている人が採用されているといえます。

漫然と春採用と同じ繰り返しをしている人は内定が出ず、そのまま既卒となってしまう可能性が高いです。

秋採用で受けりやすい人の特徴としては、以下のような特徴があります。

  • 自己分析を徹底した人
  • 企業研究を丁寧にした人
  • 中小企業を視野に入れた人

それぞれについて解説します。

特徴1:自己分析を徹底した人

春採用時に選考になぜ落ちたのかをしっかりと振り返り、自己分析を徹底した人は秋採用に受かりやすいといえます。

自分自身が何をしたいのかを再考して、しっかりとした自己分析をしましょう。

自己分析の方法としては、自分自身の過去を振り返り、これまでで最もモチベーションの上がった出来事などを書き出し、深堀していきます。

自己分析のやり方はこちらの記事「【ブレのない天職探しをしたい方】自己分析のやり方を全解説(どこまでも深く)」や「一生使える自己分析の方法!ステップ式で誰でも簡単に自己分析を深くする手順を全解説」でも紹介しています。

【ブレのない天職探しをしたい方】自己分析のやり方を全解説(どこまでも深く)

「自己分析をしてみていけれど、自分に合ったやり方がわからない」 「自己分析って本当にやる必要があるのかな。意味があるのかな」 自己分析を学生時代に真剣にやっておくと、社会人になったあと、仕事に迷ったと ...

続きを見る

一生使える自己分析の方法!ステップ式で誰でも簡単に自己分析を深くする手順を全解説

「自己分析ってどうすればいいのかな。やり方がわからない」 「自己分析の方法がわからないから、その方法を知りたい」 自己分析をしたくても「方法が分からない」と手が止まる方は多くいます。 でも絶対に諦めて ...

続きを見る

自分自身が何をしたいのかをしっかりと理解するようにしましょう。

特徴2:企業研究を丁寧にした人

企業研究を丁寧にした人は内定が出やすいといえます。

そもそも論として春採用の一番内定が出やすい時期に内定が出なかったということは、企業をしっかりと調べていかなかったため、採用担当者に「この子はどの企業でもいいのかな」と思われた可能性が非常に高いです。

まして大手企業ばかり狙っているとしたら、その大手企業に入りたいと思ってずっと頑張ってきたような学生も存在していたはずです。

企業研究を丁寧にした人は内定が出ている可能性が高いといえます。

特徴3:中小企業を視野に入れた人

中小企業を視野に入れた人は秋採用で内定が出やすいといえます。

大手企業は内定辞退者の補充のために採用活動を行っているのに対して中小企業は内定辞退者の補充ではなく、春採用で絶対数が足りないから募集をしています。

秋採用から採用に参加してくる中小企業に至っては、秋採用から本格的な勝負に挑んでくるため、内定確率が確実に上がります。

【優良企業の正社員に確実になる方法】

ブラック企業に入りたくないですよね。

実は、ブラック企業は「入社してもすぐ辞める」という特徴があるため「定着率」をチェックすれば分かります。
定着率が悪いブラック企業や業界(外食・アミューズメント・投資用不動産)は避けるべきでしょう。

ただ、定着率をチェックするのは大変です。
そこで上手く就職・転職している人は定着率が悪い企業を紹介しないジェイックという就職支援サービスを利用しています。
入社後も満足度が高く定着率も90%以上の実績があります。

しかも無料で書類選考はなく、支援を受けた人の10人に8人がスムーズに正社員採用されます。
デメリットは優良企業の求人は限りがある点です。
早めに相談して優先して紹介してもらうようにしましょう。

>ジェイックの無料相談に応募する

人柄重視で未経験OKの求人が多いハタラクティブもすぐに正社員内定が決まると評判です。
合わせて相談し、幅広い求人選びがおすすめです。

>ハタラクティブの無料相談に応募する

次は、どのサイトを使って秋採用の求人を狙えば良いのかについて解説します。

どのサイトを使うのが正解なのかを採用担当者の視点からお伝えしますので、絶対に読んでいってくださいね!

秋採用の大手企業一覧はリクナビ・マイナビ・あさがくナビで探せ!穴場企業の探し方も解説

「秋採用で大手企業が求人を掲載しているところはどこなのだろうか」と気になりませんか。

実はリクナビ・マイナビ・あさがくナビの3つをそのまま活用すればそれで充分であるといえます。

マイナビとあさがくナビはともかくとして、リクナビは登録しているのではないでしょうか。

新卒向けの就活サイトは通年で契約して一括でお金を払う契約になっているため、大手就職サイトに掲載した求人を他のサイトでわざわざ掲載して料金の二重払いをするような会社はまずありません。

もしもリクナビしか使っていない人はマイナビとあさがくナビは登録しておきましょう。

>リクナビはこちら

>マイナビはこちら

>あさがくナビはこちら

大手企業以外の優良企業を見逃すな!穴場企業の見つけ方

秋採用になると大手企業以外の優良企業が出現します。

穴場企業の探し方として、以下の方法があります。

  • 秋採用と新卒向け就活サイトで検索する
  • 大学に来ている求人を探す
  • 合同企業説明会に参加する

秋採用と銘打っている企業の求人を新卒向け就活サイトで探しつつ、大学に来ている求人を探し、合同企業説明会に参加するようにしてみてください。

時間がかかって面倒くさいかも知れませんが、確実な方法です。

秋採用の時期になると大学に直接企業が求人を出してくれることも多いです。

次は、秋採用までに内定がとれない人は要注意!落ち続ける人の特徴について解説します。

なぜ内定をとれないのかを自問自答する意味でも、しっかりと見ていってください。

秋採用まで内定が取れない人は要注意!落ち続ける人の特徴は自己分析が甘い・浅い人

「秋採用にまで落ち続ける人の特徴ってなに」と気になりませんか。

秋採用に落ちるともう既卒になるか、大学を留年するかしか選択肢がありません。

秋採用に落ち続ける人の特徴として、自己分析が甘い・浅い人が落ちます。

なぜ自己分析が甘いと内定がとれないのか理由を解説していきます。

自己分析が甘いとなぜ内定がとれないのか?

自己分析が甘いと自己PRも志望動機もすべての軸がブレます。

自分自身を理解した上で、自己PRと志望動機が言えなければ、話している最中に違和感が出るためです。

具体的には、自分自身は社会貢献の出来る仕事をしたいと言いながら、利益追求を徹底する金融関係の企業を志望したりしてはいませんか。

自己分析は就活・転職・自分の人生にとって超重要であり、入社後にギャップに苦しまないためにも徹底するようにしてください。

就活で内定が取れない人ほど自己分析が独りよがり

就活で内定が取れない人ほど、自己分析が独りよがりです。

企業に求められる人材になるためには、必ず企業が求める人材像に近いことを自分自身の言葉でアピールしていく必要性があります。

自分自身のしたいことを明確にしたうえで、他社からの評価を言葉にして、相手に伝える必要性があるということです。

独りよがりの自己分析では良い内定先に巡り合うことはできません。

自己分析のコツは就職支援サービスにサポートしてもらうこと

自己分析のコツは就職支援サービスにサポートしてもらうことです。

独りよがりな自己分析をしていては、そもそも論として内定が出ません。

就職支援サービスで客観的な目線での自己分析の仕方を教えてもらうことで内定率が飛躍的にアップします。

おすすめの就職支援サービスは「内定の確率を上げたい方におすすめの就活支援サービスはキャリアチケット」で紹介します。

事例:筆者による自己分析サポートで3名が内定を取れたケース

私が実際に自己分析のサポートを行い、3名の既卒者が職歴なしから内定を獲得できたケースについて解説します。

まずは自分自身の過去にさかのぼって、どんなことをしているときに達成感を得られたのかを聞き出しました。

ある方は、大学時代に所属していた部活動で一番の達成感を得られたと語られていたので、チームで協力して成果を上げることにやりがいを感じるのではないかと考えて、自己分析を行い、結果的にはメーカーの本社事務に就職されました。

メーカーでは製造工程ごとに部署は分かれていますが、最後には全員が一丸となって製品を作らないといけません。

自分自身がしてきたことの中でも達成感を得られたことを強みとして、業種ごとに求める人物像に合わせてアピールすることで内定が出ます。

自己分析を徹底することを忘れないようにしてください。

【優良企業の正社員に確実になる方法】

ブラック企業に入りたくないですよね。

実は、ブラック企業は「入社してもすぐ辞める」という特徴があるため「定着率」をチェックすれば分かります。
定着率が悪いブラック企業や業界(外食・アミューズメント・投資用不動産)は避けるべきでしょう。

ただ、定着率をチェックするのは大変です。
そこで上手く就職・転職している人は定着率が悪い企業を紹介しないジェイックという就職支援サービスを利用しています。
入社後も満足度が高く定着率も90%以上の実績があります。

しかも無料で書類選考はなく、支援を受けた人の10人に8人がスムーズに正社員採用されます。
デメリットは優良企業の求人は限りがある点です。
早めに相談して優先して紹介してもらうようにしましょう。

>ジェイックの無料相談に応募する

人柄重視で未経験OKの求人が多いハタラクティブもすぐに正社員内定が決まると評判です。
合わせて相談し、幅広い求人選びがおすすめです。

>ハタラクティブの無料相談に応募する

次は、内定の確率を上げたい方におすすめの就職支援サービスを紹介します。

非常に便利なサービスなので、採用担当者の私もおすすめできるものを紹介します。

内定の確率を上げたい方におすすめの就活支援サービスはキャリアチケット

新卒で内定確率を上げたい方におすすめの就活支援サービスはキャリアチケットです。

キャリアチケットでは新卒向けのエージェントという非常に珍しい内容の支援を行っており、人事目線での就活支援サービスを受けられます。

セミナーなどを開催しており、自己分析や企業研究の仕方を学べるだけではなく、求人紹介をしてもらい、面接結果のフィードバックを受けられるため、内定までのスピードアップが期待できます。

>キャリアチケットの公式はこちら

既卒ならジェイックがおすすめ

既卒になっている方にはジェイックをおすすめします。

ジェイックは1週間の就職カレッジを開催しており、修了すれば書類選考なしで連続30社との面接に参加することが出来るようになります。

就職カレッジでは社会人の基礎マナー研修として名刺交換のやり方や、自己分析や企業分析も受けることが可能なため、活用することでしっかりとした自己分析を行うことができます。

>ジェイックの公式はこちら

まとめ

秋採用は春採用に比べると採用人数そのものが少ない傾向にあります。

優良な中小企業は春採用では人気企業に学生が集中することを見越して、秋採用から説明会を開催するなど、秋採用から採用を開始する企業もあります。

大企業ばかりを狙うのではなく、中小企業も視野に入れれば内定を獲得することは難しいことではありません。

ただし、自己分析を徹底的に行う必要があります。

自己分析が甘いとなかなか内定が出ず、苦しむことになります。

キャリアチケットのようなエージェントから客観的なアドバイスをしっかりと受け、自己分析をしっかりと行い、秋採用で内定を獲得するようにしてください。

この記事を書いた人

監修者
髙橋弘樹

著者・監修者の髙橋弘樹です。
人事・採用を10年以上の実務で

・1,000人を超える人の面接
・給料相場の把握
・経営側の考え方

を経験してきました。

このサイトではリアルな就職・転職の実情を発信していきます。ご参考になれば幸いです。
詳細はこちら

ココがおすすめ

【最強】未経験からプログラマーになる方法

ITエンジニアは求人倍率11倍と全職種の中で一番求められている職種です。

常に人材不足のため基礎スキルさえあれば経験・年齢が問われず採用されます。

実際、3ヶ月程度の受講で転職事例は山程あり、DMM WEBCAMPでは98%が転職に成功しています。

しかも転職保証があるため就職に失敗したら受講料を返金してもらえます。

注意点は人気で受講枠がすぐ埋まります。気になった方は早めに相談(無料)だけでもしておきましょう。

>DMM WEBCAMPの無料相談はこちら

手に職がつくため将来は在宅でも仕事ができます。

就職・転職の悩みを本気でなくしたい方は情報収集からはじめましょう。

ハタラクティブ

  • 求人の職種が幅広く・豊富!営業・エンジニア・デザイナー・事務など多彩!
  • 就職支援実績15万名以上!他サービスを圧倒!!
  • 書類選考・面接のカウンセリングがマンツーマンで受けられる

正社員就職支援に強い「ジェイック」

  • 就職成功率は81.1%以上!定着率も91.3%で離職者も少なくホワイト企業多数!
  • 就職支援実績2万名以上!信頼・実績から書類選考免除の企業のみ紹介!
  • 自己分析・企業分析・社会人研修など支援サポートが手厚い!

就職率で選ぶなら「DYM就職」

  • 就職率は96%!正社員就職の圧倒的な成果で選ぶならDYM就職
  • 上場企業・ベンチャーなど優良企業2000社を書類選考免除で面接可能!
  • 就職できるまで自己分析・企業分析をエージェントが無料サポート!
質問・疑問・不安がある方は
お気軽にご相談ください

ご相談はこちら

-就活ノウハウ

Re就活の無料相談
未経験者歓迎の求人多数!
Re就活の無料相談
未経験者歓迎の求人多数!

Copyright© 既卒・ニート・第二新卒の就活戦略 , 2020 All Rights Reserved.