採用担当10年以上の経験・事例から既卒・ニート・第二新卒の就活をアドバイスしていきます!目指せ正社員!!

既卒・ニート・第二新卒の就活戦略

第二新卒の転職方法

第二新卒が面接で聞かれる質問と答え方を採用担当者が全解説

更新日:

第二新卒で面接選考に進むと、

「第二新卒の面接で何を質問されるの?」
「第二新卒の面接で評価されるポイントはどこ?」
「短期間で辞めた退職理由はどう伝えるべき?」

と気になりませんか。

筆者は大手から中小企業まで複数社で採用担当を10年経験し、第二新卒者の採用もしてきました。

その経験からお伝えすると、ポジティブに質問に答える必要性があります。

転職にはポジティブな理由とネガティブな理由の両方があるものです。

うっかり残業時間や給料への不満などのネガティブな理由を答えてしまうと、仕事への前向きさがないと判断されて不合格となる確率が高くなってしまいます。

特に第二新卒においてはスキルも経験もないため致命的です。

また第二新卒者が忘れがちな面接でのマナーも紹介していますので面接前に押さえておきましょう。

この記事を読めば、第二新卒の面接において評価されるポイントと、面接時の答え方を理解することができます。

第二新卒で面接がなかなか通らないと悩んでいる方は、ぜひ最後まで読んでいってくださいね。

Contents

第二新卒の面接で評価されるポイントは3つ

第二新卒の面接で評価されるポイントが分かれば、面接選考に通ることは容易くなります。

筆者が第二新卒を約10年間採用してきて評価してきたポイントは、短期離職をしないかどうかです。

他には、以下の3つのポイントを評価してきました。

  • 評価ポイント1:短期離職をせず長く働くか?
  • 評価ポイント2:入社後に成長する見込みがあるか?
  • 評価ポイント3:職場でなじめそうか?

それぞれについて解説します。

評価ポイント1:短期離職をせず長く働くか?

第二新卒は、短期離職をせずに長く働くかどうかを重要視されます。

一度短期離職しているため、再度繰り返される可能性があると採用担当者が警戒するためです。

入社後に

「あ、思っていた仕事と違った」「ダメ出しばかりされる」

と言った形で簡単に転職されると採用費や教育時間が無駄になり企業としては大きな痛手となります。

「なぜ転職するのか?」「入社して何をしたいのか?」

など志望動機をしっかりと作りこみ、誰が聞いても「もう辞めないな」と思われるアピールが重要となります。

評価ポイント2:入社後に成長する見込みがあるか?

入社後に成長する見込みがあるかを第二新卒はチェックされます。

基本的にスキルも経験もない未経験者を採用するため、入社後に成長する方を採用しないと企業も困るわけです。

興味を持ち、仕事・プライベート問わずに勉強する姿勢があれば「成長する見込みあり」と思われるでしょう。

以下の項目を伝えて、成長するイメージを与えるようにしましょう。

  • 入社後になりたい姿
  • 成し遂げたいこと
  • プライベートで勉強していることなど

評価ポイント3:職場でなじめそうか?

職場で馴染めそうかどうかは非常に重要な評価ポイントです。

せっかく会社に入社しても、職場に馴染めず辞めてしまっては意味がないためです。

挨拶ができ、先輩社員の指摘を素直に聞き入れる態度の方が理想です。

逆に挨拶や感謝、反抗が多い方は誰からも教えてもらうことができず、孤立し退職してしまいます。

そのような方は面接で落とされます。

職場に馴染めるところをアピールするため、出来るだけ笑顔で「コミュニケーションをしっかりと取れる」

ことを伝えるようにしましょう。

「第二新卒の面接で評価されるポイント」まとめ

  • 第二新卒の面接で評価されるポイントが分かれば、面接選考に通ることは容易くなります。
  • 第二新卒は、短期離職をせずに長く働くかどうかを重要視されます。
    一度短期離職しているため、再度繰り返される可能性があると採用担当者が警戒するためです。
  • 入社後に成長する見込みがあるかを第二新卒はチェックされます。
    基本的にスキルも経験もない未経験者を採用するため、入社後に成長する方を採用しないと企業も困るわけです。
    興味を持ち、仕事・プライベート問わずに勉強する姿勢があれば「成長する見込みあり」と思われるでしょう。
  • 職場で馴染めそうかどうかは非常に重要な評価ポイントです。
    挨拶ができ、先輩社員の指摘を素直に聞き入れる態度の方が理想です。

ところでいざ面接になると、どう答えてよいか分からないという悩みはありませんか。

次は、第二新卒の面接でよくある質問と受け答えについて解説します。

第二新卒の面接でよくある質問と受け答え

「どう答えれば内定が出るんだろう」

と悩んでいる方のために、第二新卒の面接でよくある質問と受け答えを紹介します。

採用担当者を10年経験してきた筆者としては、前向きに答えることで内定率が高くなると思っています。

反対に、後ろ向きな答え方をすればどんなにいい答え方であっても内定は遠ざかると考えるようにしましょう。

面接で定番の質問は以下のような質問があります。

  • 「自己紹介をお願いします」
  • 「自己PRをお願いします」
  • 「転職で何を実現したいですか?」
  • 「なぜ退職したのですか?」
  • 「会社選びはどのような基準で選んでいるのですか?」
  • 「転職後の目標はありますか?」

それぞれについて解説します。

質問1:「自己紹介をお願いします」

自己紹介をお願いする質問の意図としては、性格を知りたいと考えています。

また他には、面接での緊張をほぐしたいという意図があります。

あまり深く考えず、自分の趣味などについて簡潔に伝えるようにしましょう。

評価が下がる人の典型的なパターン

評価が下がる人の典型的なパターンとして、以下のパターンがあります。

  • しどろもどろになって、何を話しているのか分からない
  • 話しが長すぎる
  • 自己紹介なのにも関わらず、自己PRをし始める
  • 相手の目や表情を見ずに話す

聞かれてもいないことをベラベラ話すことは避けるようにしましょう。

また、軽いアイスブレイクのつもりで自己紹介を振っているのにベラベラ話されることがあります。

こういった場合は、一気に空気の読めない人材だなと思って評価が落ちます。

必ず相手の表情を確認しながら回答しましょう。

質問2:「自己PRをお願いします」

自己PRを聞く意図は、企業にマッチした能力の持ち主かどうかを確認するためです。

また、人柄の確認なども自己PRで行います。

企業側の意図にそぐわない自己PRをしたとしても、内定が出る確率は低いですね。

評価が下がる人の典型的なパターン

自己PRで評価が下がる人の典型的なパターンは、以下です。

  • 会社の求めるものとマッチしていない自己PRを話す
  • 自慢話をしているだけに聞こえる
  • アピール内容が抽象的

会社が求めている人材像が仮に、

「自己判断で業務を進めることが出来る人」

だとして、そんな会社に対して

「私は協調性のある人材です」

と自己PRしても逆効果となります。

会社の求めるものをしっかりと把握して伝えるようにしましょう。

またアピールしたらそれを裏付ける理由や実績(事実)も付け加えましょう。

これだけでかなり高評価になります。

質問3:「転職で何を実現したいですか?」

転職で何を実現したいのかを質問する意図は、モチベーションの確認です。

第二新卒は一度会社を辞めているため、モチベーションが低いと再度離職されてしまうためです。

必ず第二新卒の転職で実現したいことは明確にしておきましょう。

評価が下がる人の典型的なパターン

「転職で何を実現したいですか」

と聞かれて評価が下がる人の典型的なパターンとして、以下のパターンがあります。

  • 給料をアップさせたいからと答えてしまう
  • 現職への不満を理由にしてしまう

給料アップを目的としている場合、第二新卒はほぼ落とされます。

第二新卒は教育コストなどを大幅にカットできるから採用されています。

給料を高く出すならば、職歴5年以上の方を優先するためです。

また、現職への不満を言う方も採用されません。

会社の悪口を言うと、評価は大幅に下がります。

質問4:「なぜ退職したのですか?」

なぜ退職したのですかという質問をする意図は、文字通り何を理由に退職をしたのかを知りたいためです。

退職理由を確認することで、再度の短期離職を防ぐことが目的です。

退職理由が後ろ向きなものであると「また同じことで離職するのではないかな」

という懸念点ができるため、先に潰しておきたいということです。

評価が下がる人の典型的なパターン

なぜ退職したのですかという質問で評価が下がる人の典型的なパターンとして、以下のパターンがあります。

  • 人間関係が悪かった
  • 配属先が希望と違い、モチベーションがでなかった

特に人間関係が悪かったという理由や、配属先が希望と違ったという理由は避けるようにしましょう。

嫌な仕事だからモチベーションが出なかったと言われても、転職先でも人事異動はあり得ます。

人間関係についてもなかなか理想的な人間関係になることは難しいです。

もちろん、明らかなハラスメントを受けていた事実の場合はしっかり理解してもらえるでしょう。

質問5:「会社選びはどのような基準で選んでいるのですか?」

「会社選びはどのような基準で選んでいるのですか」

という質問をする意図は、会社にどんなことを求めているのかを知りたいためです。

会社を選ぶ基準を知ることで、それとなく会社に求めていることが理解できます。

あまり理想と違う会社に入社しても、短期離職となる可能性があります。

評価が下がる人の典型的なパターン

会社を選ぶ基準の質問で、評価が下がる人の典型的なパターンとしては、以下のパターンがあります。

  • 年間休日数が多い
  • 給料が高い

第二新卒者は特に福利厚生を理由とした転職理由は答えないようにしましょう。

まだまだ戦力化するまで時間がかかるため、待遇を求める立場にありません。

質問6:「転職後の目標はありますか?」

転職後の目標を質問する意図は、「自社の社風と合うかどうか知りたい」

ということと、「キャリアパスを聞いておきたい」ということです。

第二新卒は早期離職への懸念が非常に強いです。

社風と合うかどうかの確認やキャリアパスの確認は非常に重要です。

転職後の目標を聞いて、早期離職リスクを減らしたいと考えています。

評価が下がる人の典型的なパターン

転職後の目標の質問に置いて、評価が下がる人の典型的なパターンとして、以下のパターンがあります。

  • 何をしたいのかが明確でなく、うまく話せない人
  • 5年後のイメージが持てておらず、具体的な数字での話が出てこない人

入社してからどうなっていたのかを考えていないため、スムーズに言葉が出てこない人が多いです。

コラム:暗記で答えるのではなく感情を込めて自分の言葉で伝えよう

露骨に暗記してきた文章をつらつらと述べるのは避けましょう。

暗記してきた内容をそのまま答えた、というのでは感情が伝わらないためです。

出来るだけ、暗記するのではなく、その場で考えたように話すことが大切です。

明らかに暗記してきたなということは、話し方で分かってしまいます。

自己PRなどは序盤なので問題ありませんが、志望動機については自分の思いで伝えましょう。

次は、面接時の服装について解説します。

面接の服装はスーツが鉄則!

面接の服装はスーツが鉄則です。

スーツで面接に行って減点されるということは、まずないためです。

私服で面接に行くよりも確実なので、出来るだけスーツを着用するようにしてください。

腕時計、ペン、ハンカチも用意しておきましょう。

次は、面接時に知っておくべき最低限のマナー4つについて解説します。

面接時に知っておくべき最低限のマナー4つ

面接時のマナーは非常に重要です。

特に第二新卒者は、新卒時の面接マナーをすっかり忘れてしまっている方も多くみられます。

しっかりと、以下の4つを再認識しておきましょう。

  • 面接マナー1:コートなどのアウターは受付前には脱いでおく
  • 面接マナー2:扉のノックは3回
  • 面接マナー3:面接の10分前に受付をする
  • 面接マナー4:目を見てハッキリと受け答えをする

それぞれについて解説します。

面接マナー1:コートなどのアウターは受付前には脱いでおく

コートなどのアウターは受付前には脱いでおくようにしましょう。

会社の入り口あたりで脱いで手に持っておくことで、対応することができます。

面接マナー2:扉のノックは3回

面接室に入る際の扉のノックは3回するようにしましょう。

ノックをうっかり2回で済まさないように注意が必要です。

細かい企業ではちゃんと3回ノックしたかな、と確認しているところもあります。

面接マナー3:面接の10分前に受付をする

面接の10分前に受付するようにしましょう。

社会人は10分前行動が基本です。

10分前行動を心がけるようにしましょう。

面接マナー4:目を見てハッキリと受け答えをする

目を見てハッキリと受け答えをするようにしましょう。

特に話をしてくれている面接官の目を見ることが大切です。

目を見ていないと、「本当にこの応募者は話を聞く気があるのだろうか」

と面接官は不審に思ってしまいます。

ところで面接も終盤になってくると面接官側から「何か質問はありますか?」

と聞かれることがあります。いわゆる逆質問です。

次は、採用担当をうならせる逆質問を紹介します。

採用担当をうならせる逆質問の3つ

採用担当者をうならせるような逆質問をして、良い評価を得たいと思いませんか。

効果的な逆質問をすることで採用担当者の印象に強く残ることができます。

企業の現状課題や、活躍している人材について質問することで、「よく業界分析しているな」

という風に優秀そうに見せることができるためです。

具体的には、以下の質問が有効です。

  • 逆質問1:「どのような人が御社では活躍しますか?」
  • 逆質問2:「御社は今後、どの事業に力を入れていく予定ですか」
  • 逆質問3:「市場が飽和状態と言われていますが、どのような対策を考えているのでしょうか」

それぞれについて解説します。

逆質問1:「どのような人が御社では活躍しますか?」

どのような人が活躍しているかを聞くことで、入社への意欲の高さをアピールすることができます。

活躍している人材像を把握しておくことで、面接官に対してアピールできます。

さらに、会社と自分がマッチングするかどうかも確認することができます。

非常に良い逆質問です。

逆質問2:「すでに特定の領域ではトップシェアとなっていますが、御社は今後、どの事業に力を入れていく予定ですか」

企業を分析していないと出てこない質問です。

企業のすでにトップシェアの領域を確認して、

「他にどんな拡大戦略を行うのか、あるいは何もしないのか」を確認することができます。

過度に拡大戦略を狙う企業は入社後、社員が疲弊することもあり得ます。

自分にとって会社が合っているのかを確認しつつ、企業に優秀そうだという印象を与えることが可能です。

逆質問3:「市場が飽和状態と言われていますが、どのような対策を考えているのでしょうか」

特に大手企業を狙っている方は、市場の状態について言及するようにしましょう。

大手企業は業績が安定していますが、市場自体が飽和していることも多いです。

市場が飽和している中で、会社独自にどんな戦略で打破しようとしているのかを確認するようにしましょう。

ときどき逆質問したときに「あなたはどう考えていますか?」と質問されることもあります。

事前に自分の意見も用意しておくことで面接官への印象が最高によくなるでしょう。

注意点:質問して分かることは聞かない

質問して分かることは聞かないようにしましょう。

「それ、会社案内に書いてあるよ」

というような内容の質問をされると、本気度が低いのかも知れないと思われてしまうためです。

出来るだけ企業を調べて、質問しないと分からないような内容を質問するようにしましょう。

ここまで第二新卒の面接について紹介してきましたが「自分にもできるかな。不安だな。」

と自信が持てないという方もいるのではないでしょうか。

自信が持てない方は、転職エージェントに相談し練習することが大切です。

自信がない!そんな方は転職エージェントの面接対策セミナーがおすすめ

第二新卒の面接で何を話せばいいのかが不安な方は、転職エージェントの面接対策セミナーがおすすめです。

転職エージェントのセミナーでは面接時の話し方などを教えてくれます。

また、どう答えれば面接に通るのかなど、人事目線でサポートを行ってくれるためです。

話し方などについて悩んでいる方は、ぜひ、転職エージェントのセミナーを活用するようにしましょう。

具体的には、以下の転職エージェントがおすすめです。

  • おすすめ1:ウズキャリ
  • おすすめ2:いい就職ドットコム
  • おすすめ3:ハタラクティブ

それぞれについて解説します。

おすすめ1:ウズキャリ

ウズキャリは、第二新卒の転職支援に非常に強いエージェントです。

転職対策セミナーや、キャリアカウンセリングが充実しており、面接での話し方対策をしてくれます。

内定率が83%であり、非常に強力な第二新卒向け転職エージェントですね。

>ウズキャリはこちらから

おすすめ2:いい就職ドットコム

いい就職ドットコムは、15年以上前から第二新卒の転職支援をしてきた老舗の転職エージェントです。

大手企業から中堅企業クラスの求人が多く、待遇の良い求人を目にすることができます。

キャリアカウンセラーがしっかりと面接対策をしてくれるため、話し方や伝え方について指導してくれます。

利用者も採用担当者も評判が高い「いい就職ドットコム」

  • 既卒者20万人が利用した実績あるサービス!
  • IT系・企画系など幅広い求人が豊富!常時5,000人の求人を確保
  • 有給インターン制度でお試しで働ける!採用した企業の評判も高い!

おすすめ3:ハタラクティブ

ハタラクティブは若者向けの転職エージェントです。

20代の若者全般の就職支援に強く、IT系の求人を豊富に取り揃えています。

キャリアカウンセラーがしっかりと面接対策をしてくれるなど、非常に面接対策がしっかりとしています。

ハタラクティブ

  • 求人の職種が幅広く・豊富!営業・エンジニア・デザイナー・事務など多彩!
  • 就職支援実績15万名以上!他サービスを圧倒!!
  • 書類選考・面接のカウンセリングがマンツーマンで受けられる

まとめ

第二新卒の面接で評価されるポイントは以下の3つです。

  • 評価ポイント1:短期離職をせず長く働くか?
  • 評価ポイント2:入社後に成長する見込みがあるか?
  • 評価ポイント3:職場でなじめそうか?

第二新卒の面接でよくある質問と受け答えとして、以下の6つがあります。

  • 質問1:「自己紹介をお願いします」
  • 質問2:「自己PRをお願いします」
  • 質問3:「転職で何を実現したいですか?」
  • 質問4:「なぜ退職したのですか?」
  • 質問5:「会社選びはどのような基準で選んでいるのですか?」
  • 質問6:「転職後の目標はありますか?」

暗記で答えるのではなく感情を込めて自分の言葉で伝えましょう。

以下の4つの面接マナーを再認識しておきましょう。

  • 面接マナー1:コートなどのアウターは受付前には脱いでおく
  • 面接マナー2:扉のノックは3回
  • 面接マナー3:面接の10分前に受付をする
  • 面接マナー4:目を見てハッキリと受け答えをする

優秀に思ってもらうために、以下の3つの逆質問はおすすめです。

  • 逆質問1:「どのような人が御社では活躍しますか?」
  • 逆質問2:「御社は今後、どの事業に力を入れていく予定ですか」
  • 逆質問3:「市場が飽和状態と言われていますが、どのような対策を考えているのでしょうか」

質問して分かることは聞かないようにしましょう。

1人では自信を持てない方は、以下の3つの転職エージェントがおすすめです。

  • おすすめ1:ウズキャリ
  • おすすめ2:いい就職ドットコム
  • おすすめ3:ハタラクティブ

この記事を書いた人

監修者
髙橋弘樹

著者・監修者の髙橋弘樹です。
人事・採用を10年以上の実務で

・1,000人を超える人の面接
・給料相場の把握
・経営側の考え方

を経験してきました。

このサイトではリアルな実情を発信していきますの参考になれば幸いです。
詳細はこちら

【最強】未経験からプログラマーになる方法

ITエンジニアは求人倍率11倍と全職種の中で一番求められている職種です。

常に人材不足のため基礎スキルさえあれば経験・年齢が問われず採用されます。

実際、3ヶ月程度の受講で転職事例は山程あり、DMM WEBCAMPでは98%が転職に成功しています。

しかも転職保証があるため就職に失敗したら受講料を返金してもらえます。

注意点は人気で受講枠がすぐ埋まります。気になった方は早めに相談(無料)だけでもしておきましょう。

>DMM WEBCAMPの無料相談はこちら

手に職がつくため将来は在宅でも仕事ができます。

就職・転職の悩みを本気でなくしたい方は情報収集からはじめましょう。

ハタラクティブ

  • 求人の職種が幅広く・豊富!営業・エンジニア・デザイナー・事務など多彩!
  • 就職支援実績15万名以上!他サービスを圧倒!!
  • 書類選考・面接のカウンセリングがマンツーマンで受けられる

正社員就職支援に強い「ジェイック」

  • 就職成功率は81.1%以上!定着率も91.3%で離職者も少なくホワイト企業多数!
  • 就職支援実績2万名以上!信頼・実績から書類選考免除の企業のみ紹介!
  • 自己分析・企業分析・社会人研修など支援サポートが手厚い!

就職率で選ぶなら「DYM就職」

  • 就職率は96%!正社員就職の圧倒的な成果で選ぶならDYM就職
  • 上場企業・ベンチャーなど優良企業2000社を書類選考免除で面接可能!
  • 就職できるまで自己分析・企業分析をエージェントが無料サポート!
質問・疑問・不安がある方は
お気軽にご相談ください

ご相談はこちら

-第二新卒の転職方法

書類選考なし!だから就職率は96%!
優良企業は2,000社以上
書類選考なし!就職率96%
優良企業は2,000社以上

Copyright© 既卒・ニート・第二新卒の就活戦略 , 2020 All Rights Reserved.