採用担当10年以上の経験・事例から既卒・ニート・第二新卒の就活をアドバイスしていきます!目指せ正社員!!

既卒・ニート・第二新卒の就活戦略

第二新卒の転職方法

第二新卒で採用される年齢の上限や採用背景とは?おすすめ企業・求人サイトを徹底紹介

更新日:

第二新卒で転職活動をしようと思ったとき

「第二新卒の採用情報はどこにあるの?」
「何歳までが第二新卒?年齢の定義や積極採用される理由が知りたい」
「第二新卒を採用している大手企業を知りたい」

と気になりませんか?

第二新卒はスキルも経験もない未経験の若者ですから求人が限られます。

企業が採用する理由を知らなければ面接や書類選考で何が評価されるかも理解できないでしょう。

求人も少なく、無理に転職したらミスマッチな転職でまた短期離職になる可能性も出てきます。

この記事では採用担当者を約10年間経験してきた筆者が第二新卒の評価ポイント、おすすめの採用サイトを紹介していきます。

転職の成功で重要なポイントは「情報」です。

必ず一読して第二新卒の転職に必要な情報を吸収していってください。

第二新卒の採用企業は転職エージェントと転職サイトの活用がおすすめ

結論からお伝えすると第二新卒の採用企業は、

  • 転職エージェント
  • 転職サイト

を活用して探すことがおすすめです。

とくに最初は転職エージェントに相談しましょう。

第二新卒の転職状況、おすすめ業界・職種、企業の内情などネットでは得られない幅広い情報が得られます。

ただ求人情報は一部しか紹介されないため、転職サイトで求人情報をチェックし網羅していきます。

気になった求人は個別に転職エージェントに相談し、

  • どんな人材が求められているのか?
  • どんな企業文化なのか?

など教えてもらうことがコツです。

求人サイトや口コミサイトでは得られない情報を得ることができ正しく選択することができます。

ところで「どんな企業を狙えば良いのだろうか」と気になりませんか?

次は、第二新卒こそ大手を狙うべきだということについて解説します。

第二新卒におすすめの企業は「大手」

第二新卒におすすめの企業は「大手」です。

大手はスピード感が遅い、時代遅れなど言われています。

ですが、大手は扱う規模が大きく取引する企業が一流であるため、高いビジネススキルが得られます。

大手企業で仕事の進め方や、優秀な人と仕事をする経験は今後のキャリアアップの糧となるでしょう。

「大手」の仕事をすることで、どんな職場にいっても仕事の完成度を高めることができるようになります。

そのため、どこへ転職したとしても重宝されるようになります。

大手と判断する一つの基準は従業員数1,000名以上の企業です。

よほど強い目的がない限りは大手企業を目標にしましょう。

もちろん、「私はこれがしたい!」と強い思いがある方は大手にこだわる必要はありません。

ただ、大手も零細企業もベンチャーも経験してきた筆者からお伝えすると大手の仕事のレベルは格段に高いです。

第二新卒におすすめは「大手企業」まとめ

  • 第二新卒におすすめなのは「大手企業」
  • 大手は仕事を扱う規模が大きく取引する企業が一流であるため、高いビジネススキルが得られる。
  • 大手の仕事をすることで、仕事の完成度を高めることができるようになるため、どこへいっても重宝される。
  • 大手企業と判断する基準の一つは、従業員数1,000名以上の企業。

次は、大手企業の求人に強いおすすめの転職サイト・転職エージェントを紹介します。

大手企業の求人に強いおすすめの転職サイト・転職エージェント

「大手企業におすすめの転職サイト・転職エージェントはどこなのだろうか」と気になっていませんか。

第二新卒で大手企業に行くためには、

  • 第二新卒に特化していて
  • なおかつ大手企業の求人を保有している

といった転職サイト・転職エージェントに登録することが大切です。

求人を出している企業側もどうすれば第二新卒を探せるのかどうかについて非常に頭を悩ませています。

その点、第二新卒特化型転職エージェントはそうした採用担当者側の課題を解決しています。

そのため企業は第二新卒に特化した転職エージェントを活用する傾向にあります。

また、大手の求人は大手と取引実績のあるエージェントが独占している傾向にあります。

特にマイナビなどは大手製造業に深く入り込んでいるため、かなり大手求人に強いと考えて問題ありません。

筆者としては以下3つの転職エージェントがおすすめです。

  • おすすめ1:マイナビジョブ20s
  • おすすめ2:ウズキャリ
  • おすすめ3:いい就職ドットコム

それぞれについて解説します。

おすすめ1:マイナビジョブ20s

マイナビジョブ20sは、就職サイト大手マイナビを展開する企業の傘下です。

マイナビの知名度と、もともとメーカー受けが良いという部分から、大手メーカーの求人を保有しています。

メーカーでゆっくりと勤務したい方におすすめです。

>マイナビジョブ20sはこちらから

おすすめ2:ウズキャリ

ウズキャリは既卒の就職支援なども行っていますが、元々は第二新卒に特化した転職エージェントでした。

特に営業職の第二新卒を転職を成功させることに強みを持っています。

大手企業の求人なども保有している可能性が非常に高いです。

>ウズキャリはこちらから

おすすめ3:いい就職ドットコム

いい就職ドットコムはほぼ第二新卒を専門に扱う転職エージェントでした。

既卒にも現在は手をだしていますが、第二新卒の紹介に非常に長けています。

従業員数500名規模から1,000名を超える企業の求人が集まっています。

利用者も採用担当者も評判が高い「いい就職ドットコム」

  • 既卒者20万人が利用した実績あるサービス!
  • IT系・企画系など幅広い求人が豊富!常時5,000人の求人を確保
  • 有給インターン制度でお試しで働ける!採用した企業の評判も高い!

ところでいつまでが第二新卒か定義をご存知ですか?

企業によって考え方は様々ですが、一般的な第二新卒の定義を紹介します。

いつまでが第二新卒?その定義とは

第二新卒の定義は新卒で入社した会社を3年勤続するまでの間に、離職する人のことを指します。

年齢は大卒で25歳、大学院卒で27歳までが年齢の範囲です。

大卒の方は、年齢25歳まで、職歴3年未満であると考えるようにしましょう。

留年や浪人は関係なく「新卒入社」が基準です。

第二新卒の定義についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事「【採用担当が教える】第二新卒はいつまで?大卒・高卒・院卒の年齢の目安」を参考にしてください。

【採用担当が教える】第二新卒はいつまで?大卒・高卒・院卒の年齢の目安

第二新卒で転職をしたいと考えたとき、 「第二新卒はいつまで?」 「新卒3年以内だけど年齢のリミットはあるの?」 「高卒も第二新卒となる?何歳まで?」 と疑問が湧いてきませんか。 自分が第二新卒に当ては ...

続きを見る

次は、第二新卒を企業が採用するメリットについて解説します。

【採用担当者が教える】なぜ第二新卒を企業は採用するの?そのメリットとは

企業が第二新卒を採用する目的とメリットが気になる方もいると思います。

企業が第二新卒を採用する目的とメリットは、

  • 教育コスト(費用・手間)の大幅カット
  • 組織の若返り

です。

第二新卒はすでに他の企業で一度採用された経歴があるため、ほぼ研修しない状態で現場へ配属が可能です。

もし新卒研修を受けていない既卒者であれば、新卒と同様半年以上研修期間を設ける必要性があります。

そのため、人事部として負担がかかります。

一方で第二新卒は現場にすぐ配属可能です。

つまり教育コストが大幅にカットできるため第二新卒者の需要は高いのです。

他の理由として日本企業は社内の年齢バランスが悪いという問題を抱えています。

氷河期やリーマンショックで若者を採用できなかったため、若者がおらず社内が高齢化しています。

企業によっては部署のメンバーが全員40代の役職者で組織として機能しない状態の部署があるほどです。

そのため若者不足の企業にとっては、第二新卒を採用することで組織全体が良くなるメリットがあります。

ちなみに企業の採用状況は時期に応じても募集を強める時期と弱める時期があります。

おすすめは2月です。

第二新卒の転職活動時期は2月がおすすめ

第二新卒の転職活動時期は2月がおすすめです。

大企業の2月は4月に向けた組織再編が動き出します。

その際、足りていない人材を2月から募集して4月に入社させることで、人数を合わせようとします。

組織再編の目的には若く体力のある若者を採用することで、力のある部署にしたいという狙いもあります。

第二新卒は、2月に転職活動を開始することを強くおすすめします。

次は、第二新卒採用において企業がチェックするポイントについて解説します。

企業がチェックするポイントは「成長の伸び代」と「職場に定着する見込み度」

企業が第二新卒を採用する際にチェックするポイントは、

  • 「入社後の成長の伸びしろ」
  • 「職場に定着する見込み度」

です。

詳しくはこちらの記事「【採用担当が語る】第二新卒でも大手に転職することは可能!大手企業の選考3ポイントとは」でも解説していますので、合わせてご覧ください。

【採用担当が語る】第二新卒でも大手に転職することは可能!大手企業の選考3ポイントとは

第二新卒で転職を考えると、 「第二新卒で大手に転職することは出来るのかな?」 「新卒時代に入りたかった企業に第二新卒でリベンジ転職することは出来るのかな」 と不安になってきませんか。 実は、不安になる ...

続きを見る

入社後、意欲を持って取り組む等のやりたいことが明確で主体的に勉強できる人は選考で評価されやすいです。

短期離職に対して自己認識できており、転職後は腰を据えて働くつもりでいる方も評価されやすいですね。

上記のような人物になるためにも自己分析や転職目的の明確化が大事です。

自己分析のやり方がわからない方はこちらの記事「一生使える自己分析の方法!ステップ式で誰でも簡単に自己分析を深くする手順を全解説」を参考にしてください。

一生使える自己分析の方法!ステップ式で誰でも簡単に自己分析を深くする手順を全解説

「自己分析ってどうすればいいのかな。やり方がわからない」 「自己分析の方法がわからないから、その方法を知りたい」 自己分析をしたくても「方法が分からない」と手が止まる方は多くいます。 でも絶対に諦めて ...

続きを見る

退職は次の職場が見つかってからしよう

退職は次の職場が見つかってからするようにしましょう。

生活費に困ると転職を焦ってブラック企業に引っかかりやすいためです。

転職活動は3ヶ月から6ヶ月かかります。

日々の生活費の他に交通費や証明写真、スーツ代など転職活動にもお金がかかります。

お金が底をついてくると焦ってくるものです。

変に妥協して一生を台無しにする企業に入社したら後悔しきれません。

妥協しないためにも次の職場を見つけてから退職しましょう。

もしどうしても退職したい方は3ヶ月~6ヶ月の生活費を貯金しておきましょう。

まとめ

第二新卒の採用企業は、転職サイトと転職エージェントを活用して探すことがおすすめです。

転職エージェントに相談をして転職に必要な情報を集めつつ、転職サイトで求人情報を網羅しましょう。

第二新卒におすすめの企業は「大手」です。

「大手」で完成度の高い仕事を学ぶようにしましょう。

大手企業の求人に強いおすすめの転職サイト・転職エージェントは以下の3つです。

  • おすすめ1:マイナビジョブ20s
  • おすすめ2:ウズキャリ
  • おすすめ3:いい就職ドットコム

企業が第二新卒を採用する目的とメリットは、教育コストの大幅カットと、組織の若返りです。

第二新卒の転職活動時期は2月がおすすめです。

企業がチェックするポイントは「成長の伸び代」と「職場に定着する見込み度」です。

退職は次の職場が見つかってからするようにしましょう。

この記事を書いた人

監修者
髙橋弘樹

著者・監修者の髙橋弘樹です。
人事・採用を10年以上の実務で

・1,000人を超える人の面接
・給料相場の把握
・経営側の考え方

を経験してきました。

このサイトではリアルな実情を発信していきますの参考になれば幸いです。
詳細はこちら

【最強】未経験からプログラマーになる方法

ITエンジニアは求人倍率11倍と全職種の中で一番求められている職種です。

常に人材不足のため基礎スキルさえあれば経験・年齢が問われず採用されます。

実際、3ヶ月程度の受講で転職事例は山程あり、DMM WEBCAMPでは98%が転職に成功しています。

しかも転職保証があるため就職に失敗したら受講料を返金してもらえます。

注意点は人気で受講枠がすぐ埋まります。気になった方は早めに相談(無料)だけでもしておきましょう。

>DMM WEBCAMPの無料相談はこちら

手に職がつくため将来は在宅でも仕事ができます。

就職・転職の悩みを本気でなくしたい方は情報収集からはじめましょう。

ハタラクティブ

  • 求人の職種が幅広く・豊富!営業・エンジニア・デザイナー・事務など多彩!
  • 就職支援実績15万名以上!他サービスを圧倒!!
  • 書類選考・面接のカウンセリングがマンツーマンで受けられる

正社員就職支援に強い「ジェイック」

  • 就職成功率は81.1%以上!定着率も91.3%で離職者も少なくホワイト企業多数!
  • 就職支援実績2万名以上!信頼・実績から書類選考免除の企業のみ紹介!
  • 自己分析・企業分析・社会人研修など支援サポートが手厚い!

就職率で選ぶなら「DYM就職」

  • 就職率は96%!正社員就職の圧倒的な成果で選ぶならDYM就職
  • 上場企業・ベンチャーなど優良企業2000社を書類選考免除で面接可能!
  • 就職できるまで自己分析・企業分析をエージェントが無料サポート!
質問・疑問・不安がある方は
お気軽にご相談ください

ご相談はこちら

-第二新卒の転職方法

書類選考なし!だから就職率は96%!
優良企業は2,000社以上
書類選考なし!就職率96%
優良企業は2,000社以上

Copyright© 既卒・ニート・第二新卒の就活戦略 , 2020 All Rights Reserved.