採用担当10年以上の経験・事例から既卒・ニート・第二新卒の就活をアドバイスしていきます!目指せ正社員!!

既卒・ニート・第二新卒の就活戦略

第二新卒の転職方法

第二新卒の就活は厳しい?採用担当が語る現状とチェックするポイント・突破する方法

更新日:

「第二新卒で転職してみたいけれど、内定をとることはできるのかな」

「第二新卒の就活は厳しいって聞いたけれど、本当に難しいのかな」

など第二新卒の転職に不安を感じていませんか?

たしかに採用担当10年以上を経験してきた筆者としては第二新卒の就活は、すぐに辞めるというイメージがあります。

採用担当者は警戒するので第二新卒が大手企業を狙う場合は、厳しいといえます。

ただし、昨今は売り手市場となっているため、第二新卒でも転職をすることは十二分に可能です。

私はこれまで採用担当者として1,000人以上の面接官を勤めてきましたが、これほどまでに第二新卒が転職しやすい状況ははじめてです。

この文章を読めば、採用担当者が第二新卒に対して期待していることを理解でき、内定を獲得することができます。

第二新卒で転職をしたいけれど迷っている方は、読まないと転職できずに嫌な会社にずっといることになってしまいますよ

【最強】未経験からプログラマーになる方法

ITエンジニアは求人倍率11倍と全職種の中で一番求められている職種です。

常に人材不足のため基礎スキルさえあれば経験・年齢が問われず採用されます。

実際、3ヶ月程度の受講で転職事例は山程あり、DMM WEBCAMPでは98%が転職に成功しています。

しかも転職保証があるため就職に失敗したら受講料を返金してもらえます。

注意点は人気で受講枠がすぐ埋まります。気になった方は早めに相談(無料)だけでもしておきましょう。

>DMM WEBCAMPの無料相談はこちら

手に職がつくため将来は在宅でも仕事ができます。

就職・転職の悩みを本気でなくしたい方は情報収集からはじめましょう。

ココがおすすめ

第二新卒の就活は厳しいのが現状

「第二新卒の就活って厳しいのかな」と疑問を持っている方は非常に多いです。

結論からいえば第二新卒は中途採用者としては即戦力未満の存在であり、採用の際にどんな仕事を任せられるのか等の判断が付きにくいことがあるためです。

第二新卒の就活が厳しくなる原因としては、以下が挙げられます。

  • 職歴が短く即戦力として期待できない
  • 第二新卒OKの求人が少ない
  • ネガティブ理由で辞めた方は意欲・強みが少ない

それぞれについて解説します。

職歴が短く即戦力として期待できない

第二新卒は職歴3年未満で会社を退職するため、即戦力として採用できないという状態です。

職歴が3年以上あればほとんどの会社が即戦力として採用するのですが、3年未満であるとどれくらい入社後に活躍できるのかという部分で疑問が残ります。

第二新卒OKの求人が少ない

第二新卒OKの求人は少ないです。

正社員として職歴を積んできた方であれば通常は3年以上の職歴を積んできているため、経験者向けの求人には応募しにくく、なかなか求人が見つかりにくいという傾向にあります。

ネガティブ理由で辞めた方は意欲が低く・強みが少ない

退職理由がネガティブなものであれば、意欲や強みが少ないと採用担当者に判断されてしまいます。

例えば、人間関係が嫌になってしまって退職した、責任が重くなってきて精神的に辛くなって辞めてしまったというケースです。

ネガティブな理由で会社を辞めてしまうと、仕事上の強みがないままに退職しているので、なおさら採用されにくくなります。

次は、在籍中に内定を獲得してからの退職をおすすめする理由について解説します。

【重要】もし在籍中なら内定をとってから退職しよう

第二新卒で転職を考える場合、絶対に在職中に転職活動を行うようにしましょう。

退職してから第二新卒枠を狙って転職活動をすると、ブランクが長引く可能性があります。

また、必要最低限のスキルも身につかないまま辞めて転職活動をすることになるため、不利な状況に陥りやすいといえます。

少しでも在籍期間を延ばしつつ転職活動に挑んだほうが成功確率が高いといえます。

「第二新卒の就活は厳しい」まとめ

  • 結論からいえば第二新卒は中途採用者としては即戦力未満の存在であり、採用の際にどんな仕事を任せられるのか等の判断が付きにくいことがあるためです。
  • 経験者向けの求人には応募しにくく、なかなか求人が見つかりにくいという傾向にあります。
  • ネガティブな理由で会社を辞めてしまうと、仕事上の強みがないままに退職しているのでなおさら採用されにくくなります。

次は、第二新卒で転職をするにあたって、狙うべき企業規模について解説します。

大手への転職は厳しい!狙うは中小企業

「第二新卒で大手企業に転職して、新卒のときには入れなかったような大企業に入りたい」と考えている第二新卒の方は非常に多いです。

しかし、実際のところ、即戦力以外の人材を雇うことになるのは圧倒的に中小企業が多いです。

第二新卒にはフリーターや既卒者と比べて採用コストがかからないという点で需要があるためです。

社員研修にお金をかける余裕のない中小企業にとっては第二新卒は非常に心強い存在となります。

ここからは、第二新卒が就職で有利になる要点について解説します。

第二新卒・フリーター・既卒が注目を浴びている

第二新卒・フリーター・既卒が中小企業の正社員採用対象として注目を浴びています。

人手不足に陥っている中小企業が多く、若者であれば正社員として採用したいという意欲のある企業が増加しているためです。

日経新聞によると中小企業の66.4%が人手不足で悩んでおり、21.4%が外国人の雇用を検討しています。

参考:中小企業、66%が人手不足 日商調査:日本経済新聞

実際に採用現場にいるとよく分かるのですが、日本人が採用できないから仕方なく外国人を雇用している企業がかなり多くあります。

日本人というだけで選考に有利という状態に近いです。

第二新卒者はフリーター・既卒者と比べ有利な点が多い

第二新卒者はフリーターと比べて有利な点があります。

企業側から見ると最低限の仕事に必要なマナーなどを習得しているため、教育コストがかからないという点です。

具体的には、以下のような点です。

  • 新人研修をする必要がない
  • 自己分析・企業分析ができている
  • 書類・面接対策も自力でできる

それぞれについて解説します。

有利な点1:新人研修をする必要がない

第二新卒者は他の会社に比べて新入社員研修をしなくても良いという、研修教育のコストがかからないという点で有利です。

既卒やフリーターは名刺交換や上座下座の位置の把握など、新人研修をして社会人基礎力を身につけさせる必要性があります。

企業にとっては教育コストのカットができるという点で魅力的です。

有利な点2:自己分析・企業分析ができている

第二新卒は一度、企業で正社員としての就職経験があるため、自己分析や企業分析がしっかりとできています。

仮に最初に就職した会社が合わなかった場合は、合わない業界や企業の傾向も実感しているため、転職活動で有利となります。

自己分析を出来ていれば、自分に合った仕事の選び方が分かりますし、短期離職という同じ失敗を繰り返さない可能性があります。

さらに、面接でも採用担当者も納得する深みのある志望動機を伝えることができるので、採用される確率が高くなります。入社したあとの大変な時期も「なんのために働くのか」を知っているだけで乗り越える力が変わってきます。

有利な点3:書類・面接対策も自力でできる

正社員として就職した経験があり、自力で新卒時に就職した経験があることから、書類選考や面接対策を自力で行うことができます。

そのため、既卒やフリーターに比べて転職活動を自力で進めることができるという利点があります。

コラム:大手への転職はキャリアアップで狙おう

大手企業への転職は、職歴を3年以上積んでからキャリアアップ転職で狙うようにしましょう。

第二新卒は職歴が3年未満で浅いため、大手企業の採用条件に満たないことがあり得ます。

どうしてもいま所属している会社が合わない場合、まずは合う会社を見つけてしっかりと仕事能力をつけて自信を手に入れてから大手をもう一度狙ってみるのが良いといえます。

コラム:公務員への転身なら「地方公務員の一般募集」がおすすめ

公務員への転身なら、地方公務員の一般募集枠に応募してみましょう。

地方公務員には一般枠と社会人経験者枠があります。一般枠は年齢制限があるだけで職歴要件などはないことが圧倒的に多いです。

地方公務員の一般募集枠は、20代であれば受験可能な地域もあり、しっかりと勉強すれば合格する可能性もあります。

ただし、人口の多い人気のある地方公務員試験は26歳までしか受験できない場合もありますので、年齢制限はしっかりと確認するようにしてください。

地域によって公務員試験を受けることができる年齢は大幅に変わります。

参考:公務員試験情報サイト【KoumuWIN!】 - 公務員採用試験・求人情報まとめ

コラム:安易に派遣の選択はNG!30代後半からしわ寄せが来る!

「なかなか内定が出ず、かといって、いまの会社にいるのは嫌だから、とりあず派遣でもしようかな」と筆者も友人から、人事という仕事柄、本当によく相談を受けます。

結論から言えば、安易に派遣社員を選ぶことは避けるようにしましょう。

派遣社員に任せられる仕事は正社員と比べて責任が軽く、30代後半になってからキャリアに悪影響を及ぼすためです。

他の同年代が一番苦しい仕事を正社員でしていて実力を身に着けている20代の伸び盛りのときに、派遣の仕事をしてしまうと仕事経験が薄くなり、実力が身につかなくなります。

安易に派遣を選ぶことは避けるようにしましょう。

もし、どうしても派遣しか選ぶ仕事がない・書類選考が通らないと悩んでいる方は、派遣社員を選ぶのも一つの手段です。

働きながら自分の強みを認知し、正社員を目指しましょう。

次は、第二新卒でも内定率を80%以上にアップさせる方法を解説します。

既卒や第二新卒の内定率は概ね45%という内定率なので、驚異的なアップをする方法です。

第二新卒専門の就職支援サービスの利用で内定率は倍増の80%以上

「第二新卒は求人が少ないし、なかなか内定も出ない。いったいどうすれば良いのだろうか」と悩んでいる方は非常に多いです。

結論からいえば、第二新卒専門の転職エージェントを活用することで、内定率を80%以上にアップさせることができます。

第二新卒専門の転職エージェントであれば、第二新卒を採用したいと考えている企業の求人が集まっているため、採用される確率が高くなります。

また、自己分析サポートが就職支援会社は充実しているため、どうしても行きたい企業が自分ではわからないという場合、しっかり自己分析をして、自分に合った企業を探すことができます。

一貫性のあるキャリアプランなら合格率は高い!

一貫性のあるキャリアプランであれば合格率は高くなります。

採用担当者は入社後にどんなスキルをもって活躍が出来るのかを重視しており、職種自体の経験年数で評価をするためです。

特に注意すべき点として、一貫性のあるキャリアプランでないと、その後のキャリアに悪影響を及ぼす可能性があります。

具体的には営業職の経験があるのに、経理の仕事を選んでしまうと、キャリアの一貫性がなくなってしまいます。

良い会社を見つけて再度転職しようとしたときに「どうしてキャリアチェンジしたのか?」を強く問われますので、答えられない場合は不採用になる確率が高くなります。

採用担当者はすぐ辞められることを気にします。

嫌なことがあったらまたキャリアチェンジするような方は避けたいのです。

そのため職歴に一貫性のないキャリアは自分自身の市場価値を落とすことにつながります。

一貫性を持たせられる求人が見つからない場合は、就職支援サービスの自己分析サポートでじっくり自分を見つめなおすようにしましょう。

次は、いよいよ第二新卒におすすめの就職支援サービスを紹介します。

就職支援サービスの中でも第二新卒が活用するのに非常に適したサービスなので、ぜひ、活用してみて下さいね。

おすすめの就職支援サービスは3つ

「第二新卒向けの転職支援サービスがたくさんあるけれど、いったいどれが良いのか数が多くてわからない」と悩んでいる方は非常に多いです。

第二新卒向けの転職支援サービスとして大切なのは自己分析をしっかりサポートしてくれるかどうかと、20代向けの求人を揃えているかどうかです。

おすすめの就職支援サービスを紹介します。

おすすめ1:ジェイック

ジェイックは第二新卒の就職支援を得意としており、特に営業職の求人紹介に特化した求人を豊富に取り揃えています。

営業カレッジを1週間受講することで、書類選考なしで最終面接に進むことができます。

2日間で20社の企業と連続面接をして、面接最終日翌日には合否が分かります。

第二新卒でまだまだ社会人基礎力に不安がある方は、ぜひ、活用してみて下さい。

正社員就職支援に強い「ジェイック」

  • 就職成功率は81.1%以上!定着率も91.3%で離職者も少なくホワイト企業多数!
  • 就職支援実績2万名以上!信頼・実績から書類選考免除の企業のみ紹介!
  • 自己分析・企業分析・社会人研修など支援サポートが手厚い!

おすすめ2:ハタラクティブ

ハタラクティブは第二新卒の就職支援を得意としている若手向けの就職支援サービスを展開しています。

自己分析サポートを充実させており、第二新卒でもう転職に失敗したくないけれど、どんな企業が自分に合っているか分からないと悩んでいる方には非常に強力なサポートを行ってくれます。

ハタラクティブ

  • 求人の職種が幅広く・豊富!営業・エンジニア・デザイナー・事務など多彩!
  • 就職支援実績15万名以上!他サービスを圧倒!!
  • 書類選考・面接のカウンセリングがマンツーマンで受けられる

おすすめ3:DYM就職

DYM就職では、内定率が非常に高く96%の内定率を誇っています。

他の就職支援サービスが80%代の内定率なのに対して、非常に高いマッチング能力を持っています。

第二新卒で幅広く企業を見てみたい方にも、求人数が豊富なので登録してみることをおすすめします。

就職率で選ぶなら「DYM就職」

  • 就職率は96%!正社員就職の圧倒的な成果で選ぶならDYM就職
  • 上場企業・ベンチャーなど優良企業2000社を書類選考免除で面接可能!
  • 就職できるまで自己分析・企業分析をエージェントが無料サポート!

まとめ

第二新卒は求人数が少ない一方で、既卒やフリーターよりも教育コストがかからないという点で就職活動は有利となります。

出来るだけ在職中に転職活動を行い、内定を獲得するようにしましょう。

安易に派遣社員を選ぶよりも、出来るだけ正社員での内定獲得を狙うことが望ましいです。

第二新卒はすでに自己分析などが出来ている方も多いため、就職活動も早期に終わる可能性があります。

どうしても就職活動がうまくいかない方は、第二新卒の求人紹介に特化した就職支援サービスに登録してみるようにしましょう。

この記事を書いた人

監修者
髙橋弘樹

著者・監修者の髙橋弘樹です。
人事・採用を10年以上の実務で

・1,000人を超える人の面接
・給料相場の把握
・経営側の考え方

を経験してきました。

このサイトではリアルな就職・転職の実情を発信していきます。ご参考になれば幸いです。
詳細はこちら

ココがおすすめ

【最強】未経験からプログラマーになる方法

ITエンジニアは求人倍率11倍と全職種の中で一番求められている職種です。

常に人材不足のため基礎スキルさえあれば経験・年齢が問われず採用されます。

実際、3ヶ月程度の受講で転職事例は山程あり、DMM WEBCAMPでは98%が転職に成功しています。

しかも転職保証があるため就職に失敗したら受講料を返金してもらえます。

注意点は人気で受講枠がすぐ埋まります。気になった方は早めに相談(無料)だけでもしておきましょう。

>DMM WEBCAMPの無料相談はこちら

手に職がつくため将来は在宅でも仕事ができます。

就職・転職の悩みを本気でなくしたい方は情報収集からはじめましょう。

ハタラクティブ

  • 求人の職種が幅広く・豊富!営業・エンジニア・デザイナー・事務など多彩!
  • 就職支援実績15万名以上!他サービスを圧倒!!
  • 書類選考・面接のカウンセリングがマンツーマンで受けられる

正社員就職支援に強い「ジェイック」

  • 就職成功率は81.1%以上!定着率も91.3%で離職者も少なくホワイト企業多数!
  • 就職支援実績2万名以上!信頼・実績から書類選考免除の企業のみ紹介!
  • 自己分析・企業分析・社会人研修など支援サポートが手厚い!

就職率で選ぶなら「DYM就職」

  • 就職率は96%!正社員就職の圧倒的な成果で選ぶならDYM就職
  • 上場企業・ベンチャーなど優良企業2000社を書類選考免除で面接可能!
  • 就職できるまで自己分析・企業分析をエージェントが無料サポート!
質問・疑問・不安がある方は
お気軽にご相談ください

ご相談はこちら

-第二新卒の転職方法

Re就活の無料相談
未経験者歓迎の求人多数!
Re就活の無料相談
未経験者歓迎の求人多数!

Copyright© 既卒・ニート・第二新卒の就活戦略 , 2020 All Rights Reserved.