就活ノウハウ

【採用担当者が教える】高卒フリーターの評価と正社員就職の4つのテクニック

更新日:

高卒フリーターで就職をするとき

「高卒でフリーターだけど就職できるのかな?」

「高卒フリーターでも大手に入れる?やっぱり中小企業が就職先になるの?」

「実際、高卒のフリーターを正社員採用するところなんてブラック企業しかないんでしょ?」

「ブラック企業の見抜き方を知りたい」

と悩みませんか?

私は採用担当者を10年経験してきました。

結論からお伝えすると高卒のフリーターから正社員になることは十分に可能です。

高卒のフリーターは良い意味で、他の企業の色に染まっていないためです。

高卒のフリーターが正社員就職する上で大切なことは、

  • いかに将来性を感じさせられるか
  • 素直に仕事を学んでいけるかどうか

につきます。

大手も狙えるため変に妥協をしないようにしてください。

大きな後悔をする可能性もあります

ここでは、筆者が採用担当者として培ってきた、

  • 高卒のフリーターから正社員へとキャリアアップする方法
  • ブラック企業を見分ける方法

を紹介しています。

具体的にどうすれば企業に採用されるのかを追求した面接の進め方や応募方法を徹底解説しています。

ぜひ最後までご一読ください。

【最強】未経験からプログラマーになる方法

ITエンジニアは求人倍率11倍と全職種の中で一番求められている職種です。

常に人材不足のため基礎スキルさえあれば経験・年齢が問われず採用されます。

実際、3ヶ月程度の受講で転職事例は山程あり、DMM WEBCAMPでは98%が転職に成功しています。

しかも転職保証があるため就職に失敗したら受講料を返金してもらえます。

注意点は人気で受講枠がすぐ埋まります。気になった方は早めに相談(無料)だけでもしておきましょう。

>DMM WEBCAMPの無料相談はこちら

手に職がつくため将来は在宅でも仕事ができます。

就職・転職の悩みを本気でなくしたい方は情報収集からはじめましょう。

ココがおすすめ

Contents

面接官から見た高卒フリーターの印象と就職状況

採用担当者を10年してきた採用側(企業側)から見ると、高卒フリーターは貴重な戦力です。

人手不足なだけに、特に20代の若手フリーターが欲しいと望んでいる状態です。

ただし、採用担当者から見るとフリーターは採用しても「すぐ辞めるかも・・・」

という不安を持っており、なかなか採用に踏み切れない企業もいます。

採用担当者が感じるこの不安を払拭できないフリーターが非常に多いです。

「なぜ正社員を目指し、どんな成果や成長を目指しているか」を伝えましょう。

はっきりと伝えることで就職に対する意欲が伝わり、内定率も高くなります。

ところで何歳までフリーターから正社員に就職できるのでしょうか?

次で解説していきます。

正社員を目指すなら年齢が若いほど有利!就活するなら今すぐがベスト

正社員を目指すならできれば20代の間に正社員を目指すことがベストです。

現在は人手不足の影響もあり、臨時的に35歳以下であれば採用するという企業が増加しています。

30才までは新卒として募集している企業もたくさんあります。

詳細は「【採用担当者が教える新卒の定義】既卒・第二新卒でも新卒枠に応募すべき!その理由とは」をご覧ください。

【採用担当者が教える新卒の定義】既卒・第二新卒でも新卒枠に応募すべき!その理由とは

就職活動をしていると「新卒の定義」が非常にあいまいに感じませんか? もし、 「新卒採用における定義はなに?」 「年齢は何歳までが新卒?厚生労働省の厳格な定義を知りたい!」 「既卒・留年・大学院は新卒に ...

続きを見る

以上のことから、人手不足の状態である今のうちに正社員を目指して就職活動を進めることが大切です。

出来るだけ早く、最悪35歳の誕生日を迎える前までに就活を終わらせることを目標にしましょう。

ところで、新卒入社とフリーターから入社するのとではどんな違いがあるか気になりませんか?

次では人事が実際のリアルについて紹介していきます。

高卒の新卒入社と高卒フリーターから中途入社ではどんな違いがある?

残念ながら新卒入社とフリーターから就職してきた人には差が大きく出ます。

具体的には出世スピードに差が出ます。

高卒新卒採用の場合は、出世できる限度は同じですが、新卒入社の方が勤続年数が長い分、昇格が早いです。

高卒の新卒入社組は大企業では課長レベルまで出世できます。

また、中小企業では部長レベルまで出世できる道が最初から用意されています。

特に、製造業などで歴史が古い会社ほど顕著な傾向です。

反対に中途採用組は、新卒組と比べると勤続年数で劣る分、出世は難しいです。

卒採用組よりも実績を残して入社後に2倍以上の仕事量をこなすなどの努力が必要になります。

それでも早く入るほど有利となります。

もし正社員を検討しているのであれば、1日でも早く正社員に就職することがおすすめです。

面接官から見たフリーターの印象まとめ

  • 採用側(企業側)からは、高卒フリーターは貴重な戦力であると認識されている。
  • ただし、「採用してもすぐ辞めるかも」という不安を払拭出来ないフリーターの方が多い。
  • 現在はフリーターでも就職しやすい状況のため、30歳までは新卒枠で採用してもらえることもある。
  • 新卒入社と、フリーターから就職するのでは出世スピードに差が出る。
  • それでも早く入るほど有利になるため、正社員を検討しているのであれば1日も早く就職することがおすすめ。

次は、高卒フリーターは本当に不利なのかについて解説します。

採用担当者が本当のところをお教えします。

高卒フリーターは不利?面接官が解説

「高卒フリーターは正社員採用に不利なのかな」と気になっていませんか。

実のところ、高卒フリーターであっても何度も転職を繰り返しているような人材よりは有利です。

正社員で短い期間(1年も持たずに2~3度以上も転職しているケース)の方がいます。

その場合、高卒フリーターの方が有利になります。

他の会社の色に染まった正社員歴のある人材よりも、フリーターの方が採用しやすいというケースがあります。

つまり就職後、すぐ辞めずにしっかり育ち誠実に働く方が好まれます。

ところで正社員就職を検討したときに知名度の高い企業に入りたいという方が多いのではないでしょうか。

次で解説していきます。

高卒フリーターから大企業に入る方法は4個

「高卒フリーターだけど、大企業に入りたい。無理なのかな」と弱気になっていませんか。

高卒フリーターからでも大企業を狙うことは十分可能です。

具体的には、以下の戦略を実行しましょう。

  • 製造業の工場ラインを狙う
  • 大手企業子会社を狙う
  • プログラミングスキルを習得しIT業界を狙う
  • 契約社員で入社し正社員登用を狙う

それぞれについて解説します。

製造業の工場ラインを狙う

高卒フリーターから大企業に就職しようと考えている場合、製造業の工場ラインを狙うようにしましょう。

製品を製造する上で、工場のラインの仕事は必ず必要です。

若ければ、安定した大手メーカーで仕事をすることができます。

しっかりと出世していけば勤務10年目あたりで事務職に移行します。

大手企業子会社を狙う

大手企業の子会社を狙って就活をしてみましょう。

大手企業の子会社は給与や賞与といった賃金が親会社に近い水準で支給されることがあります。

また、採用ハードルも低く、高卒だからといって不利になることもありません。

狙い目の企業となります。

プログラミングスキルを習得しIT業界を狙う

IT業界は学歴・経歴を問いません。

スキルさえあればOKです。

今後も伸びていく業界のため、非常におすすめです。

プログラミングスキルをつけるためには教えてもらうことが一番早いです。

逆に初心者の独学はおすすめできません。

挫折する人が大半です。

就職が目的なら「就職・転職保障」があるプログラミングスクールを選びましょう。

就職・転職ができなかった場合、受講料を返金してもらえるため金銭的なリスクがありません。

おすすめは

  • DMM WEBCAMP(20代の方が対象)
  • TECH::EXPERT(30代の方も対象)

です。

どちらも「就職・転職保障」がついてきます。

無料でプログラマーのキャリアについてカウンセリングを受けることができます。

非常に人気で受講枠も限られていますので気になるかたは早めに相談してみましょう。

20代の方には実務に近い実践的なカリキュラムを導入しているDMM WEB CAMPがおすすめです。

>DMM WEBCAMPの無料相談の申し込みはこちら

30代の方には、ITエンジニアへ転職した実績が豊富なTECH::EXPERTがおすすめです。

少しでも気になりましたらまずは無料相談することをおすすめします。

>TECH::EXPERTの無料相談の申込みはこちら

契約社員で入社し正社員登用を狙う

契約社員で入社して正社員登用を狙うという方法もあります。

昨今の製造業の採用は、まずは現場で契約社員として入社します。

その後、適性を見極めて正社員登用するという流れがあります。

人手不足のため、正社員登用される確率が非常に高くなっています。

【事例】トヨタ自動車も可能!期間工(契約社員)から正社員も目指せる

トヨタ自動車を筆頭として、自動車メーカーでは「高卒新卒以外は、期間工で入社してから正社員登用する」

という流れが主流となっています。

最初は期間工として入社して、仕事ぶりなどを現場の係長が判断して正社員登用試験を受けるという方式です。

年収も400万円以上を目指せ、寮費も無料のため貯金も貯まります。

実際に期間工から入社して正社員に登用されている方も多いため、非常におすすめの方法です。

ただし、この方式はほとんどの自動車メーカー・自動車部品メーカーで29歳までがリミットとなっています。

注意するようにしてください。

>期間工の求人はこちらから。

次は、おすすめの職種や業界について解説します。

自分に合った会社を探すためにも自己分析はしっかりしてくださいね。

おすすめの職種や業界はどこ?

求人選びをするときに、職種や業界選びに苦労していませんか?

原則としてよほどのこだわりが無い限り成長産業と呼ばれる分野で仕事をすることが重要です。

すでに斜陽産業となっている業界に就職すると、つまらない仕事をする羽目になる可能性が高いです。

その上で、

  • 自分の強みが活かせる
  • 興味が持てる

業界・職種がおすすめです。

まずは自分の強み・興味について解説していきます。

自分の強みと興味あるところがおすすめ

自分の強みが活かせて、興味があるところを探すことが大切です。

そのためには自己分析と業界分析が必要が必要となってきます。

人とコミュニケーションすることが得意な人もいれば、一人で集中して仕事をすることができる人もいます。

自分の強み・適正を理解してみましょう。

また、テレビやインターネットで興味を持って調べている分野も把握しましょう。

その分野の仕事は興味を持って取り組める可能性があります。

これらは「自己分析」と呼ばれる作業です。

自分を理解することで「やりたい」と思える仕事を探してみましょう。

具体的な方法は「一生使える自己分析の方法!ステップ式で誰でも簡単に自己分析を深くする手順を全解説」で紹介しています。

一生使える自己分析の方法!ステップ式で誰でも簡単に自己分析を深くする手順を全解説

「自己分析ってどうすればいいのかな。やり方がわからない」 「自己分析の方法がわからないから、その方法を知りたい」 自己分析をしたくても「方法が分からない」と手が止まる方は多くいます。 でも絶対に諦めて ...

続きを見る

就活が成功するためには必ず必要な作業です。

必ず取り組みましょう。

一方で実際働いてみないと強みの認識や興味が見えてこないこともあります。

過度に絞り込みすぎず幅広く業界・職種を検討していきましょう。

次は具体的におすすめな業界について紹介していきます。

成長市場がおすすめ

就職先を選ぶにあたっては、出来るだけ成長市場を選ぶことがおすすめです。

斜陽産業などを選ぶと、リストラなどに巻き込まれる可能性が高くなりますし給料も上がりにくいです。

具体的には、以下の産業が成長産業です。

  • HRテック(人事とITのテクノロジー融合)
  • フィンテック(金融とIT分野の融合)
  • MaaS&自動運転(自動車業界のビジネスモデル変革)
  • アグリテック(農業とIT分野の融合)
  • その他、IT関連

HRテックはこれから少子高齢化社会を迎えるにあたって、「企業がどう人材を確保して処遇していくか」

などの課題を解決する分野です。

また労働法規を整理して企業に最適化する革新的なサービスが生まれれば確実に覇権を握ることになります。

フィンテック仮想通貨などの新しい金融市場を指します。

自動運転は人の力に頼らず運転する技術を開発する分野です。

自動車メーカーやその技術を支える分野を指します。

アグリテック食糧危機などの課題を解決するための技術を磨いている企業を指します。

総括すると

「将来必ず必要な分野かつ、絶対需要のなくならないものをITなどの活用でクリアしていく企業が生き残る」

と言われています。

その他のIT関係の仕事も既に需要が高く、引き続き成長市場と見込まれています。

そのためプログラミングは出来たほうが有利です。

求人も豊富で年収も高く仕事にこまることはないでしょう。

最後に避けた方が良い業界も紹介してきます。

避けた方が良い職種や業界

避けた方が良い職種や業界は、ずばり離職率の高い業界と斜陽産業です。

例えば印刷業界や出版などは今後、どんどん縮小が進んでいきます。

他には以下のような業界です。

  • 離職率が高い業界(宿泊業・飲食業など)
  • 印刷業界
  • 出版業界
  • 造船業界

順に解説していきます。

離職率が高い業界

離職率が高い業界は絶対に避けましょう。

正社員就職はしやすいですが、退職者も多くあなた自身もすぐに転職活動をする確率が高いためです。

具体的には、以下の業界で、離職率が高い順番で紹介します。

  • ホテルと飲食店 
  • パチンコ
  • 廃棄物処理業
  • 不動産業

参考:厚生労働省 平成 29 年雇用動向調査結果の概況

離職率が高い業界を避けることで、安定した環境で仕事をできる確率が高くなります。

印刷業界

印刷業界は絶対に避けるようにしましょう。

印刷業界は低価格で高品質の印刷技術を追求し続けた結果、自分たちの首をしめました。

オフセット印刷なども格安で請け負う会社が増え、従業員の給料も安いです。

そして、ペーパーレス化の推進で今後どんどん苦しくなっていくことが目に見えています。

出版業界

出版業界はもはや青色吐息となっています。

本が売れない時代に突入しており、これから先は非常に厳しい状況が続きます。

今後はどんどん倒産に追い込まれる会社が増えていきます。

造船業界

造船業界は避けましょう。

日立造船なども苦しい状況が続き、子会社の売却などをしている状況です。

そもそも船の需要が国内では低くなっており、間違いなくこの先低迷することが分かり切っている業界です。

次は、求人のチェックポイントを紹介します。

出来るだけブラック企業につかまらないように注意するようにしましょう。

求人のチェックポイント4個。OKとNGの違いとは

「ブラック企業に入ってしまうことだけは絶対に避けたい!」と誰もが思っています。

ブラック企業に入ってしまったら、と思うと怖いですよね。

具体的には、求人には以下のようなチェックポイントがあります。

  • みなし残業制度ではないか
  • 完全週休2日制度か週休2日制かどうか
  • 未経験者歓迎かどうか
  • 雇用形態は正社員かどうか

それぞれについて解説します。

ポイント1:みなし残業制度ではないか

みなし残業制度は営業職の求人にはよく見られる制度です。

30時間分の残業が出ることを見越してあらかじめ給与に載せて支給するという計算方式です。

みなし残業時間分よりも残業時間が短いケースではお得ですが、そうでない場合は労働基準法違反となります。

みなし残業時間を超えた場合、「時間分を支給する」

と記載されているかどうかは必ずチェックするようにしましょう。

みなし残業制度を採用している会社にはブラック企業が多い傾向です。

基本的にはNGだと思って問題ありません。

ポイント2:完全週休2日制度か週休2日制かどうか

完全週休2日制では週に必ず2日の休みがあるため、土日は必ず休みとなります。

週休2日制の場合には、1ヶ月の間に週に2日の休みのある週が1回でもあればよいということになります。

勘違いしてしまうと入社後に「こんなはずじゃなかった」となってしまいます。

必ずチェックするようにしましょう。

週休二日制についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事「【人事が酷評】年間休日105日は少ない!一般的な目安と狙い目の業界とはったほうがいい日数を解説」も合わせてご覧ください。

【人事が酷評】年間休日105日は少ない!一般的な目安と狙い目の業界とはったほうがいい日数を解説

プライベートもある程度確保したい方は 「年間休日105日って少ないの?」 「どれくらいヤバいの?」 「年間休日は何日あればよいの?」 と気になりませんか? 結論から言うと、年間休日105日は少ないです ...

続きを見る

ポイント3:未経験者歓迎かどうか

未経験者歓迎かどうかを必ずチェックするようにしましょう。

未経験者歓迎としておきながらも、よく見ると「こんな条件の方を歓迎しています」

と記載されている場合、経験者を優先して採用する傾向にあります。

必ず、完全に未経験からでも受け入れてくれる会社を探すようにしましょう。

ポイント4:雇用形態は正社員かどうか

最も重要なチェックポイントですが、雇用形態が正社員かどうかは必ず確認しておきましょう。

「正社員」という記載か「期間の定めのない雇用」と正社員求人では記載されているのがセオリーです。

もしも「無期社員制度あり」など、あやふやな表現をする会社であればNGです。

無期社員とは給与が上がらないが60歳まで勤務できる新しい雇用形態のことであり、正社員とは異なります。

他にも「準社員」「業務委託」も避けましょう。

求人のチェックポイントまとめ

  • みなし残業制度ではないか
  • 完全週休2日制か週休2日制か
  • 未経験歓迎かどうか
  • 雇用形態は正社員かどうか

ここまで高卒の方に就活のテクニックをお伝えしいてきましたが「実際どうすれば良いか分からない」

という方も多いでしょう。

自己分析や業界選びは自分自身でやるのが一番です。

ただし、一人で進められない方は「就職支援サービス」の活用がおすすめです。

就職支援サービスを活用することでブラック企業も回避できます。

おすすめの求人探しは就職支援サービスがおすすめ

「どうすれば良い求人が探せるのだろうか」と気になっていませんか。

求人を探す方法として、就職支援サービスを活用することがおすすめです。

就職支援サービスを活用することで、人事目線での就職支援を受けることができ採用されやすくなります。

内定率は実に80%以上です。

内定率が80%以上!未経験OK求人が豊富

就職支援サービスを活用することで、内定率が80%以上となります。

内定率が高い理由は未経験でも正社員雇用を検討している求人ばかりを取り扱っているからです。

また、離職率が高い業界やブラック企業は除外しているため安心して求人紹介を受けることができます。

就職支援サービスは複数ありますが、筆者がおすすめは次のとおりです。

  • 1位:正社員就職支援に強いジェイック
  • 2位:幅広い職種を選べるハタラクティブ
  • 3位:圧倒的な内定率96%のDYM就職

それぞれについて解説します。

1位:正社員就職支援に強いジェイック

ジェイックは就職カレッジという座学研修を1週間受講することで、書類選考なしで優良企業30社との連続面接会に参加できます。

営業職が中心の求人紹介をしており、正社員就職しやすい就職支援サービスです。

早い人は登録して研修に参加してから1ヶ月程度で内定を獲得することができます。

正社員就職支援に強い「ジェイック」

  • 就職成功率は81.1%以上!定着率も91.3%で離職者も少なくホワイト企業多数!
  • 就職支援実績2万名以上!信頼・実績から書類選考免除の企業のみ紹介!
  • 自己分析・企業分析・社会人研修など支援サポートが手厚い!

2位:幅広い職種を選べるハタラクティブ

ハタラクティブはジェイックと比較するとIT系の職種を豊富に揃えています。

既卒OK求人は、営業職の求人紹介がどうしても多くなります。

しかし、ハタラクティブはIT系企業にしっかりと人材を紹介しており、非常に頼もしい存在です。

20代前半フリーターに強い「ハタラクティブ」

  • 求人の職種が幅広く・豊富!営業・エンジニア・デザイナー・事務など多彩!
  • 就職支援実績15万名以上!他サービスを圧倒!!
  • 書類選考・面接のカウンセリングがマンツーマンで受けられる

3位:圧倒的な内定率96%のDYM就職

圧倒的な内定率を誇るDYM就職は、内定率96%を記録しています。

ジェイックとハタラクティブが内定率80%台なのに対して、非常に高い内定率を誇っています。

正社員就職をしっかりと行うというスタンスが、この結果につながっていますね。

就職率で選ぶなら「DYM就職」

  • 就職率は96%!正社員就職の圧倒的な成果で選ぶならDYM就職
  • 上場企業・ベンチャーなど優良企業2000社を書類選考免除で面接可能!
  • 就職できるまで自己分析・企業分析をエージェントが無料サポート!

フリーターから正社員採用されるのは34歳まで!

冒頭でもお伝えしたとおり、フリーターから正社員採用されるのは34歳までです。

出来るだけ早く就活を開始して、35歳の誕生日を迎えるまでに正社員として就職するようにしましょう。

35歳以上になると会社の内部にすでに、課長職・係長職になる人材が登場しています。

「年上の部下なんて勘弁してくれ!人事は何を考えてるんだ!うちの部署を潰す気か!」

と何度か私も現場から突き上げを食らいました。

それくらい採用されにくくなります。

34歳までに正社員就職を決めるようにしてください。

まとめ

高卒のフリーターの方を企業は、「貴重な戦力」だと考えています。

一方で、なぜこれまで正社員で働いてこなかったのかなどの疑問を持って接します。

就職は年齢がアップするほど不利になるので、出来るだけ34歳までに就職するようにしましょう。

大手企業を狙う場合には、工場のライン作業や、大手の子会社を狙うようにしましょう。

期間工として入社して29歳までの間に正社員登用制度を活用するという方法もあります。

業界や職種を狙うにあたっては、出来る限り、成長産業を狙うようにしましょう。

斜陽産業である印刷業界や造船業界は避けるようにしましょう。

求人をチェックする場合には、NGな求人ではないかを慎重に見極めるようにしましょう。

なかなか求人を探すことが難しい場合、就職支援サービスを活用しましょう。

フリーターから正社員になることができるリミットは34歳までです。

1日も早く内定を獲得しましょう。

この記事を書いた人

監修者
髙橋弘樹

著者・監修者の髙橋弘樹です。
人事・採用を10年以上の実務で

・1,000人を超える人の面接
・給料相場の把握
・経営側の考え方

を経験してきました。

このサイトではリアルな就職・転職の実情を発信していきます。ご参考になれば幸いです。
詳細はこちら

ココがおすすめ

【最強】未経験からプログラマーになる方法

ITエンジニアは求人倍率11倍と全職種の中で一番求められている職種です。

常に人材不足のため基礎スキルさえあれば経験・年齢が問われず採用されます。

実際、3ヶ月程度の受講で転職事例は山程あり、DMM WEBCAMPでは98%が転職に成功しています。

しかも転職保証があるため就職に失敗したら受講料を返金してもらえます。

注意点は人気で受講枠がすぐ埋まります。気になった方は早めに相談(無料)だけでもしておきましょう。

>DMM WEBCAMPの無料相談はこちら

手に職がつくため将来は在宅でも仕事ができます。

就職・転職の悩みを本気でなくしたい方は情報収集からはじめましょう。

20代前半フリーターに強い「ハタラクティブ」

  • 求人の職種が幅広く・豊富!営業・エンジニア・デザイナー・事務など多彩!
  • 就職支援実績15万名以上!他サービスを圧倒!!
  • 書類選考・面接のカウンセリングがマンツーマンで受けられる

正社員就職支援に強い「ジェイック」

  • 就職成功率は81.1%以上!定着率も91.3%で離職者も少なくホワイト企業多数!
  • 就職支援実績2万名以上!信頼・実績から書類選考免除の企業のみ紹介!
  • 自己分析・企業分析・社会人研修など支援サポートが手厚い!

就職率で選ぶなら「DYM就職」

  • 就職率は96%!正社員就職の圧倒的な成果で選ぶならDYM就職
  • 上場企業・ベンチャーなど優良企業2000社を書類選考免除で面接可能!
  • 就職できるまで自己分析・企業分析をエージェントが無料サポート!
質問・疑問・不安がある方は
お気軽にご相談ください

ご相談はこちら

-就活ノウハウ

Re就活の無料相談
未経験者歓迎の求人多数!
Re就活の無料相談
未経験者歓迎の求人多数!

© 2020 既卒・ニート・第二新卒の就活戦略