採用担当10年以上の経験・事例から既卒・ニート・第二新卒の就活をアドバイスしていきます!目指せ正社員!!

既卒・ニート・第二新卒の就活戦略

フリーターの就職方法

フリーターの正社員就職の成功率を上げる裏技と採用されやすい8つの仕事

更新日:

「フリーターから就職できる?3年くらいフリーターをしている」
「付き合っている恋人にフリーターとは結婚できないと言われて真剣に正社員として就職したい」

正社員にフリーターから転職できるのか、という悩みを抱えている方は非常に多いです。

結論からお伝えすると、フリーターでも正社員として再就職することは十二分に可能です。

フリーターは正社員としての就労経験はなくとも、仕事をする意欲自体は高いと判断されるためです。

私は約10年間、採用担当者を経験してきましたが、フリーターであってもやる気さえあれば採用される時代に突入したなと実感しています。

この文章を読めば、フリーターであっても正社員として就職する方法が理解でき、スムーズな就職活動を行えます

フリーターでどうしても正社員になりたいと考えている方、親や恋人を安心させたいと考えている方は、絶対に最後まで読んでくださいね。

【最強】未経験からプログラマーになる方法

ITエンジニアは求人倍率11倍と全職種の中で一番求められている職種です。

常に人材不足のため基礎スキルさえあれば経験・年齢が問われず採用されます。

実際、3ヶ月程度の受講で転職事例は山程あり、DMM WEBCAMPでは98%が転職に成功しています。

しかも転職保証があるため就職に失敗したら受講料を返金してもらえます。

注意点は人気で受講枠がすぐ埋まります。気になった方は早めに相談(無料)だけでもしておきましょう。

>DMM WEBCAMPの無料相談はこちら

手に職がつくため将来は在宅でも仕事ができます。

就職・転職の悩みを本気でなくしたい方は情報収集からはじめましょう。

フリーターでも就職できる!実情を紹介

「フリーターで正社員として一度も就職したことがないけれど、就職できるのだろうか」

と不安になっている方は非常に多いです。

実際に採用を行っている側からすると、現在は就職バブルなので、フリーターであっても内定を取ることは非常に容易です。

特にリーマンショック時代と比べると、いとも簡単に内定が出る状況に疑問を持ってしまうほど今の状況は恵まれていると感じます。

その状況を理解するためにも実際に内定率や企業の状況、フリーターから正社員となった事例について紹介していきましょう。

既卒向け転職支援サービスでは内定率80%以上!

既卒向けの転職支援サービスは高い内定率を誇っており、内定率は80%以上となっている会社が非常に多いです。

マイナビによると、既卒の就職率は45%と非常に低い状態ですが、転職支援サービスを活用すると80%までに就職成功率がアップするということです。

参考:マイナビ既卒者の就職活動に関する調査

ジェイックや、いい就職ドットコム等の就職支援サービスは、フリーターの就職支援を手厚く行っており、フリーターを歓迎している企業の求人を紹介してくれます。

「ブラック企業の求人に無理やり紹介しているのではないか」

という疑問を持たれるかも知れませんが、実は堅実な商社やメーカーの求人紹介が多く定着率も90%以上を誇っています。

入社後も既卒向けのエージェントさんが会社に顔を出して転職した人の顔を見に来るので、フォロー体制なども万全にしている企業が多いです。

正社員就職支援に強い「ジェイック」

  • 就職成功率は81.1%以上!定着率も91.3%で離職者も少なくホワイト企業多数!
  • 就職支援実績2万名以上!信頼・実績から書類選考免除の企業のみ紹介!
  • 自己分析・企業分析・社会人研修など支援サポートが手厚い!

利用者も採用担当者も評判が高い「いい就職ドットコム」

  • 既卒者20万人が利用した実績あるサービス!
  • IT系・企画系など幅広い求人が豊富!常時5,000人の求人を確保
  • 有給インターン制度でお試しで働ける!採用した企業の評判も高い!

次は、企業が抱える深刻な人手不足問題について解説します。

いまの就職状況が本当に改善されている理由がよく分かりますので、必ず読んでくださいね。

若手にチャンス!企業の人手不足の状況を理解しよう

2019年現在、企業は未曽有の人手不足に見舞われており、フリーターしか職歴のない若者であっても、なんとか採用して戦力にしたいと考えています

実際、私が中堅印刷会社で採用を担当していた2019年1月段階でも人が採用できずに苦しんでいました。

正社員500名の企業で、未経験からでも年収400万円以上を提示して、リクナビネクストやdodaなどの転職サイトに求人を入れても全く採用できず採用経費を200万円以上損失してしまいました。

東京商工サーチの発表によれば、400社が人手不足倒産しています。

参考:東京商工サーチ 2018年度「人手不足」関連倒産

若手人材の確保が出来なければ、企業の活動そのものが停止する危機も迎えています

次は、実際にフリーターから安定した企業の正社員となった実例を紹介します。

正社員になると年収が倍になり、安定した環境で仕事をすることができるようになりますので、実際に実例を見てみて下さい。

事例紹介:フリーターから就職したYさん

フリーターから実際に中堅印刷会社(正社員500名、売上高80憶円)に転職成功した事例を紹介します。

私とお会いする前はYさんは大卒ですが、居酒屋で時給900円で働いており、不安定な生活を送られていました。

Yさんには結婚をしたいという彼女が出来ましたが「フリーターとは絶対に結婚したくない」と言われたことが就活のきっかけだそうです。

「いい就職ドットコム」を活用されて面接に来られました。

企業側からすると「いい就職ドットコム」は手数料が安くよく相談していました。

Yさんは家族を持つということで、これからは真面目に働いてくれるだろうと期待が持てたため、営業職として採用されました。

フリーター時代は時給900円で年収は200万円程度でしたが、転職後は年収400万円以上の待遇を得ることができました。

入社後は無事にご結婚されて、親元から独立して、東京で結婚式を挙げられました。

正社員になると待遇がフリーター時代よりも良くなるので安定した生活を送ることができ、結婚も新居の準備もスムーズにいったと喜ばれていました。

このように10年以上採用をしてきましたがフリーターが正社員に就職した事例は数多くあります。

若いうちにぜひ一歩を踏み出してみてください。

利用者も採用担当者も評判が高い「いい就職ドットコム」

  • 既卒者20万人が利用した実績あるサービス!
  • IT系・企画系など幅広い求人が豊富!常時5,000人の求人を確保
  • 有給インターン制度でお試しで働ける!採用した企業の評判も高い!

ところで、「高卒・大卒で就活方法が違うのか?」とよく聞かれます。

大きくは違いませんが、企業によっては高卒では就けない職種・業界がありますので次で紹介していきます。

コラム:高卒フリーターでも就職可能!ただし不利な職種・業界もある

高卒フリーターでも正社員として、就職自体は可能です。

しかし、確実に採用されにくい職種があります。

いわゆるホワイトカラー系職種は大卒以上でないと採用されにくいです。

例えば、以下のような職種です。

  • 営業職
  • 総務
  • 人事
  • 経理
  • 技術

といった職種は大卒でないと採用されにくいです。

反対に採用されやすい職種は、

  • ライン工
  • 印刷補助員や印刷機オペレーター
  • 土木工など工務店の正社員

などの現場系職種です。

業界的に不利な業界としてマスコミ関係、自動車業界の事務職などは総じて大卒がホワイトカラーの仕事をするという暗黙の了解があるので、高卒の場合は現場系職種で正社員採用を狙うのが現実的です。

「フリーターでも就職できる」まとめ

  • 就職バブルで就職しやすい状況。簡単に内定が出る状況に疑問を持ってしまうほど今の状況は恵まれている。
  • 転職支援サービスを利用して就職活動すれば、内定率は80%以上。
  • フリーターが正社員に就職した事例は数多くある。
  • ホワイトカラーの企業を避けて就職活動すれば採用されやすくなる。現場系職種は採用されやすい。

次は、採用担当者から見てフリーターの方を採用する上で感じている懸念点について伝えます。

懸念点を理解することで、採用担当者の心理を掴むことができます。

しっかり読んでいってくださいね。

【採用担当者が語る】フリーターへの3つの懸念とは

採用担当者は「この人は本当に定年まで仕事をする気持ちはあるのだろうか」 とフリーターを正社員採用するときに、いつも不安を抱いています。

入社してすぐに辞められると、採用担当者は経営者から徹底的に責められるためです。

私も採用したフリーターの方が3ヶ月で退職されたときには社長から、

「人を見る目がないなら人事なんて辞めてしまえ!採用経費の無駄や!100万も採用に使って、すぐに辞められたら大損や!」

と激しく責められました。

このような懸念があるので採用担当者は、

  • 会社に定着するのか
  • 責任感を持って仕事をするのか
  • 弱みと強みを客観的に自己評価できているか

の3点を非常に重視します。

それぞれについて解説します。

懸念点1:会社に定着するか?キャリアパスのイメージができているか?

「このバイトが合わなかったらすぐに辞めたらいいや」という感覚で正社員の仕事も見ていないかという不安が面接官にはあります。

正社員の仕事は年数を重ねてこそスキルが育ち、値打ちが出るためです。

フリーター時代のように単純作業を積み重ねるという認識ではなく、65歳の定年まで働くというキャリアを見据えて働く必要があります。

懸念点2:責任感を持って仕事をするか?

フリーターと正社員の仕事の違いとして、責任の重さが全く変わります。

フリーターの場合は、その日のうちに完結する仕事を任せることが多いです。

正社員の場合は、長期計画に参加して仕事をしたり失敗すると億単位で損失の出る仕事を任せられることもあります。

手を抜いた仕事をしてしまうと、あっという間に居場所がなくなり、出世レースからも脱落してしまいます。

責任感を持って仕事ができるというところをアピールする必要性があります。

懸念点3:強み・弱みを客観的に自己評価できているか?

「コツコツやるのは得意だけど派手に立ち回る必要性がある仕事は苦手だな」という風に、自分自身の強みと弱みの把握は必須です。

もしも派手に動いて稼ぐ営業職が欲しいと思っている会社に、コツコツ真面目に仕事をしたいとアピールしても逆効果です。

客観的に自分自身の強みと弱みを把握して、面接官に伝えることができる状態にしておく必要性があります。

フリーター就職に苦戦している人は面接で見抜かれている可能性大!対策は絶対に必要

面接官をしていて、フリーターの方に共通するのは「みんな自信なさげ」に見えるという点です。

面接の場にまで来て自信なさげな態度は絶対にNGです。

正社員になったら難しい仕事内容や、複雑な人間関係とも付き合っていかなければならないため、自信をなくすことの連続です。

せめて面接の場では自信満々の態度で、頼りがいのある人物像を演じて下さい

ただ面接対策ほど個人でやりづらいものはありません。

そこで次は、フリーターの就職活動のコツについて解説します。

就職支援をしてくれるエージェントを活用することで、内定率が80%以上にアップします。

絶対に読んでいってくださいね。

フリーターの就職活動にはコツがある!ポイントは「転職支援」が強力なサービス

フリーターから正社員への就職を果たすためには、就職支援会社のサービスを活用する必要性があります。

フリーターのようにいわゆる「正社員として就業経験がない人材」を採用する場合、人事側もフリーターの人材を探す方法があまり分からないため、就職支援会社に頼ってしまうためです。

また、転職支援会社は自己分析を徹底したり、マナー研修を無料開催したり正社員として就職できるように強力な支援をしてくれます。

転職支援会社を経由した場合は、内定率が80%を上回る上に、就職後の定着率も90%以上と高いです。

強力なサポートを無料でしてくれる上に、企業の人事担当者とコミュニケーションを密にとっている既卒専門の就職支援会社を活用することで、書類選考なしで面接を受けることもできます。

次は、就職支援会社の中でも、実際に採用してきて非常に良い会社だなと感じた会社を紹介します。

どの会社も基本的に物腰の柔らかい就職支援員さんがいるので、気軽に登録してみてください。

【高卒・女性・30代もOK】フリーターの就活におすすめの就職支援サイト

「既卒向けの就職支援会社を使うべきなのはわかったけれど、どれを使えばよいの」と迷っている方も多いです。

私が採用担当者として活用してきた中でも、フリーターが活用するべき転職支援会社は、3つあります。

  • ジェイック
  • ハタラクティブ
  • ウズキャリ既卒

これら3つは特におすすめできます。

それぞれについて解説します。

1位:ジェイック

ジェイックでは営業カレッジというフリーター向けの研修プランを実施しています。

なんと1週間にわたって中小企業の新入社員研修レベルの研修を無料で実施しています。

名刺交換マナーや、営業職として会社を訪問する際のマナーなど、ハイレベルな研修を受けることが出来る上ます。

また、研修を修了すると書類選考なしで1日30社の優良企業の最終面接を受けることが出来る権利を与えられます。

1日で30社もの企業と最終面接を受けることが出来るので、内定する確率は非常に高く、ジェイックの担当者の方も「早い人であれば1ヶ月も経たずに内定が出る」という楽勝ムードの発言も出てくるほどです。

正社員就職支援に強い「ジェイック」

  • 就職成功率は81.1%以上!定着率も91.3%で離職者も少なくホワイト企業多数!
  • 就職支援実績2万名以上!信頼・実績から書類選考免除の企業のみ紹介!
  • 自己分析・企業分析・社会人研修など支援サポートが手厚い!

2位:ハタラクティブ

ハタラクティブは学歴問わず内定率の高い若者向けの就職支援を行っている会社です。

30歳でも企業の求人紹介を受けられる上に、高卒・大卒を問わずに求人をしっかりと紹介してくれます

ぜひ、学歴で悩んでいるフリーターの方は、一度登録してみてください。

ハタラクティブ

  • 求人の職種が幅広く・豊富!営業・エンジニア・デザイナー・事務など多彩!
  • 就職支援実績15万名以上!他サービスを圧倒!!
  • 書類選考・面接のカウンセリングがマンツーマンで受けられる

3位:ウズキャリ既卒

ウズキャリ既卒は非常に優良な支援サービスを実施しています。

ブラック企業といわれるような企業の求人は最初から断っており、しっかりとボーナスや残業代が支給されるまともな待遇の会社に絞って求人紹介を行っています。

既卒者を狙っている企業の人事担当者からも非常に信頼が厚いので、ぜひ、活用してみてください。

>ウズキャリ既卒に相談する

コラム:就職支援サイトの説明会は有料レベル!受けずに内定は難しい

就職支援サイトのサービスは、お金を払って企業が本来やるべきことを無料で求職者に提供しています。

自己分析の支援などは何度も相談に乗ってもらえますし、ジェイックの営業カレッジは、1週間もの期間、ジェイックの相談員さんが手厚く指導してくれます。

企業がフリーター採用に対して不安を抱く点を研修で潰すというスタイルを採用しており、就職支援会社を経由するのとしないのでは雲泥の差が生まれます

出来るだけ就職支援サイトをフル活用するようにしてください。

「入社してから先輩社員に可愛がられる態度を教えておきます」といった入社後の立ち居振る舞いなども教えてくれるので、絶対に受けておきましょう 。

コラム:フリーターが就職しやすい職種8つ

フリーターで、特に高卒の方が就職しやすい職種は主に現業職系の職種になります。

  • 介護
  • 警備員
  • ライン作業
  • 期間工
  • 宅配ドライバー
  • タクシーの運転手
  • コールセンター
  • プログラマー

大卒であれば何らかのホワイトカラー職種(営業や総務経理、技術職)にもつける可能性はありますので、上記の限りではありません。

介護は慢性的な人手不足なので採用もされやすいです。

外国人採用でなんとか急場を凌いでいこうという方針もありますが、日本人であれば歓迎されます。

警備員は若ければ正社員に即座になりやすいですし、50歳でも警備員であれば若者扱いです。

ライン作業は、勤務する工場によって待遇は千差万別です。

それこそ大企業の工場であれば中小企業のホワイトカラーよりも稼げる会社が多いですね。

期間工に応募すれば年収500万円も可能ですし、社会人としてのスタンスも身につけることができます。

期間工は期間工.jpで全国の求人をチェックできます。

宅配ドライバーに関しては、運転免許さえあれば正社員でも就職しやすいです。

タクシーの運転手も同様です。ドライバーは不足しておりますので採用されやすいです。

全国のタクシー求人はこちらからチェックすることができます

コールセンターは、面倒見の良い方にはおすすめです。沖縄や北海道など工場や大企業がない地方におすすめです。

プログラマーは手に職が付きますし、このままずっと人材不足の予測が総務省から出てますので安泰でしょう。

転職保証付きのプログラミングスクール(DMM WEBCAMP)などがあるため、しっかりとキャリア形成をしていきたい人は無料キャリア相談してみると良いでしょう。

コラム:フリーターなら1ヶ月でも若い状態で転職すべし

日本企業が中途採用を行う上で最も重視しているのは、年齢です。

正社員としての就職を視野に入れたらならすぐにでも動いて、1ヶ月でも若い状態で就職できるようにしましょう。

年齢を重ねれば重ねるほど就職しにくくなっていきます。

まとめ

フリーターでも就職することは非常に簡単になっています

企業のフリーターに対する懸念点を払しょくするためにも就職支援会社を活用して、1日も早い内定獲得を目指しましょう。

企業人事もフリーターを採用したいと考えていても、就職支援会社経由以外ではなかなかいい人材に出会うことは難しい状態です。

フリーターの求職者の探し方がなかなか分かりません。

既卒向けの就職支援会社を活用して、内定を獲得してしまいましょう

この記事を書いた人

監修者
髙橋弘樹

著者・監修者の髙橋弘樹です。
人事・採用を10年以上の実務で

・1,000人を超える人の面接
・給料相場の把握
・経営側の考え方

を経験してきました。

このサイトではリアルな実情を発信していきますの参考になれば幸いです。
詳細はこちら

【最強】未経験からプログラマーになる方法

ITエンジニアは求人倍率11倍と全職種の中で一番求められている職種です。

常に人材不足のため基礎スキルさえあれば経験・年齢が問われず採用されます。

実際、3ヶ月程度の受講で転職事例は山程あり、DMM WEBCAMPでは98%が転職に成功しています。

しかも転職保証があるため就職に失敗したら受講料を返金してもらえます。

注意点は人気で受講枠がすぐ埋まります。気になった方は早めに相談(無料)だけでもしておきましょう。

>DMM WEBCAMPの無料相談はこちら

手に職がつくため将来は在宅でも仕事ができます。

就職・転職の悩みを本気でなくしたい方は情報収集からはじめましょう。

ハタラクティブ

  • 求人の職種が幅広く・豊富!営業・エンジニア・デザイナー・事務など多彩!
  • 就職支援実績15万名以上!他サービスを圧倒!!
  • 書類選考・面接のカウンセリングがマンツーマンで受けられる

正社員就職支援に強い「ジェイック」

  • 就職成功率は81.1%以上!定着率も91.3%で離職者も少なくホワイト企業多数!
  • 就職支援実績2万名以上!信頼・実績から書類選考免除の企業のみ紹介!
  • 自己分析・企業分析・社会人研修など支援サポートが手厚い!

就職率で選ぶなら「DYM就職」

  • 就職率は96%!正社員就職の圧倒的な成果で選ぶならDYM就職
  • 上場企業・ベンチャーなど優良企業2000社を書類選考免除で面接可能!
  • 就職できるまで自己分析・企業分析をエージェントが無料サポート!
質問・疑問・不安がある方は
お気軽にご相談ください

ご相談はこちら

-フリーターの就職方法

書類選考なし!だから就職率は96%!
優良企業は2,000社以上
書類選考なし!就職率96%
優良企業は2,000社以上

Copyright© 既卒・ニート・第二新卒の就活戦略 , 2020 All Rights Reserved.