20代の転職

20代で外資系の転職は可能?注意点やデメリットを体験者が解説

投稿日:

20代で外資系の転職を検討している人は

「20代で外資系に転職したいけど可能?」

「外資系の転職は英語力は必要?難易度は高いの?」

「外資系はすぐ解雇するの?注意点を知っておきたい」

と不安になっていませんか。

筆者も過去の転職活動で外資系の面接を何度か受けたことがあります。

その経験からお伝えすると全ての外資系が英語力が必要ではありませんでした。

さらに約10年間の人事経験からお伝えすると正社員をすぐに解雇は外資系といえども日本ではできません。

この記事では20代で外資系に転職にする注意点や特徴を紹介していきます。

日系企業との違いを知りたい方や転職をスムーズに進めたい方はぜひ最後まで読んでいって下さい。

外資系に20代で転職するなら早いほど有利!

外資系企業は実力主義とはいえ、若さは大きな武器となります。

20代で若い人ほど将来の成長に期待され採用されやすくあります。

さらに外資系となると仕事の進め方はもちろん、上司や職場との関係も日系企業とは違ってくるため「常識」が邪魔になってきます。

特に大きな違いは給与査定でしょう。

日系企業は新卒入社したら65歳定年まで働く働き方が一般的で少なからず年功序列の評価があります。

一方で外資系企業は完全な実力主義です。

年収に対する役割を果たしているかを厳しく精査されます。逆に言えば、高い役割や成果を出せばすぐに年収が上がります。

ちょっとでも高い年収を得て刺激的な働き方をしたいという方は、1日も早く転職エージェントに相談するなどして面接を受ける機会を得ましょう。

外資系は簡単に解雇されるのか?人事が回答

外資系企業といっても、そう簡単に解雇することはできません。

ほぼ自主退職に追い込まれていると考えるようにしましょう。

日本の法律は属地主義といい日本の土地で商売をしている以上、外資系でも簡単には解雇できないように労働基準法が厳しく適用されているためです。

ただし外資系企業は日系企業のように優しくはなく、使えないと判断された場合は仕事が見つかるまでの間の給与保障や退職金を貰い、自らの意志で会社を辞めなさいと通告されることは多々あるようです。

つまり、「会社から使えない」「能力不足」と判断された場合、強烈な退職勧奨を受けて、本人が「辞める」という言葉を言うまで追い込まれるということですね。

この点に関しては覚悟しておいたほうが良いでしょう。

ところで「外資系企業にはどんなデメリットがあるの」と気になりませんか。

次は、外資系企業の最大のデメリットについて解説します。

外資系転職のデメリットは不安定さ!明確な転職目的をもって挑戦がおすすめ

外資系転職のデメリットは、雇用が不安定なことです。

解雇が出来なかったとしても、本人の口から「辞める」という言葉を引き出すまで追い込む風土が日系企業よりも強い傾向にあるためです。

その代わりに、仕事内容に応じて給料が貰えるため、優秀だと判断された場合、日系企業ではあり得ないスピードで給料が上昇していきます。

日系企業だと年一回の昇給額が+5,000円程度ということもザラですが、外資系企業では能力に応じて年収が100万円単位でアップすることもあります。

年収アップを狙いたいなど、明確な目的を持って転職することが大切です。

次では外資系の選考の特徴について紹介していきます。

外資系の選考はどんな感じ?よく聞かれる質問を実体験から紹介

「外資系企業だから転職に寛容なのだろうな。自由な風土なのだろうな。面接は英語なのだろうな」

と勝手に良いイメージを膨らませていませんか。

筆者はかつて、バスキンロ◯ッツ社(3◯アイスクリーム販売の日本支社。本社は海外)の面接に行きましたが、バスキンロ◯ッツ社は外資系なのに転職組を見下す説明会を行っていました。

説明会でいきなりサーティ◯◯アイスクリームの日本支社の人事部長が「会社を辞めるやつは根性がない!人生の敗北者だ!仕事から逃げるな!根性なしが!」と熱いアジテーションをしていたのをいまでも記憶しています。

「しかも仕事から逃げるな!」と大きな赤文字をスクリーンに流すなどの徹底ぶりでした。

中途採用者の面接なのに終始、「転職するような奴は根性がない!」

「上司の言うことを聞けない人は不要だ」

「絶対に俺のいうことには逆らわせない」

などと支離滅裂な言葉を話していたのをいまでも記憶しています。

外資系のイメージからかけ離れていたため、2次面接は辞退しました。

他複数の外資系への転職活動の経験から筆者が感じた外資系の面接の特徴についてお伝えします。

外資系企業の面接の特徴は

  • 未経験でもOK!地頭が評価される
  • 英語力は問わないところもある
  • 志望動機は給与など具体的に伝える。遠慮をしないことが大切。
  • 自己PRは日系企業よりも強めに伝える。強気な態度で挑むべし!

の4つです。

それぞれについて解説します。

選考の特徴1:未経験でもOK!地頭が評価される

外資系企業は未経験でも採用されますが、有名大学出身者が面接会場に多くいました。

実際、筆者の友人で外資系で働いているのは東京六大学系統の有名大学出身者です。

学歴は日系よりもさらに厳しくジャッジされている感覚がありました。

選考の特徴2:英語力は問わないところもある

外資系企業といっても働いているのは、ほぼ日本人です。

英語面接をする会社もありますが、そうでない会社も圧倒的に多いですね。

重要な役職に就けば本社の外国人と話をする機会もある可能性がありますが、基本的には日本語で面接するというスタンスの会社もあります。

筆者が面接を受けた外資系コンサルティング会社などは完全に日本語での面接でした。

選考の特徴3:志望動機は、給与など具体的に伝える。遠慮をしないことが大切。

志望動機に関しては、給与アップが目的の場合、遠慮なく伝えるようにしましょう。

外資系企業は強制的に自主退職に追い込むような企業がありますが、その分、給料が高いことが魅力となっているためです。

特に給与に関してはしっかりと「高い報酬を貰いたいから外資系を選んだ」と伝えるようにしましょう。

選考の特徴4:自己PRは日系企業よりも強めに伝える。強気な態度で挑むべし!

自己PRは日系企業よりも強めに伝えるようにしましょう。

外資系では日系企業より成果を強く求めます。

空気を読んでしまって遠慮してしまう方は出せる成果も出せません。

控えめな自己PRではなく、自分を前面に押し出した自己PRで臨んでください。

筆者も外資系の面接を受けているときは強気な態度で自己PRをし、面接を通過していました。

ところで「外資系といっても、どんなところを選べばいいの」と悩みますよね。

次は、業種について解説します。

業種は慎重に選ぼう。入社しやすいのはハードな業界!

外資系企業に転職するにあたっては、業種は慎重に選ぶことをおすすめします。

かといって、無難な外資系メーカーなどに行っても、さほどキャリア上プラスにならない上に、お金もたくさんもらえません。

外資系を狙うにあたっては仕事はハードですが、給料も高いという業界を狙えば入社しやすく、外資系勤務という職歴を得ることもできます。

具体的には、以下の業界です。

  • 不動産はノルマがとても多い
  • 金融は破格の報酬
  • 保険は本当の青天井

それぞれについて解説します。

不動産はノルマがとても多い

外資系不動産はノルマがとても多い傾向にあります。

外資系企業の営業職は売上を上げるとしっかりと社員に還元されるため、激務であってもしっかりと仕事をすれば高い年収を得ることができます。

高収入のためにプライベートを犠牲に出来る方でないと稼ぐことは難しいですね。

金融は破格の報酬

金融は破格の報酬を得ることができます。

エンワールドジャパンの集計でも発表されていますが、平均年収が1,300万円という企業もあります。

参考:外資証券・投資銀行の年収ランキング|外資系企業(グローバル企業) の転職エージェント

給与が高いということは、それだけ激務であり、生き残ることができればかなりのお給料を貰うことができそうです。

ただ、入社しやすいかといえば実は少し語弊があり、ゴールドマンサックス等は東大卒でもなかなか入れないこともあり得ます。

金融関係と一言にいっても、企業によっては入社難易度は大きく異なる点に注意が必要です。

保険は本当の青天井

外資系生命保険営業は、入社しやすく、保険を売ることが出来れば非常に高い年収を得ることが可能です。

筆者の友人にも何名かジブラルタ生命に勤務している方がいます。

上は年収1500万円オーバー、下は年収300万円を切ることもあり得る超実力主義が外資系生命保険会社です。

参考:ジブラルタ生命の年収給料・20~65歳の年収推移・役職別年収|平均年収.jp

生命保険を売る自信がある方は、入社しやすいため、狙い目です。

ではそのような外資系企業にうまく転職する方法について紹介していきます。

結論からお伝えすると転職は情報が全てです。

転職エージェントに相談・サポートをもらうことが近道です。

20代の外資系転職に強いおすすめ転職エージェント3つ

外資系の転職は独特であるため初めての方であれば転職エージェントに特徴や注意点、企業紹介をしてもらったほうが効率的です。

あなたと似た経歴・年齢から外資系に転職した方の事例も紹介してもらえるでしょう。

さらに外資系企業のほとんどは転職エージェント経由でしか求人を受け付けていません。

筆者も外資系企業の面接に参加していますが、転職エージェント経由でないと求人すら見当たりませんでした。

外資系の転職エージェントでおすすめは次の3つです。

  • おすすめ1:JACリクルートメント
  • おすすめ2:エンワールドジャパン
  • おすすめ3:ロバートウォルターズ

それぞれについて解説します。

おすすめ1:JACリクルートメント

JACリクルートメントは20代の若手人材に外資系求人を紹介するエージェントです。

外資系求人をメインにしているエージェントであり、とにかく外資を狙うなら登録しておきましょう。

30代以降のハイキャリア向けのイメージがありますが、20代向けの求人もたくさんあります。

>JACリクルートメントはこちら

おすすめ2:エンワールドジャパン

エンワールドジャパンは外資系企業の求人紹介をメインとしている転職エージェントです。

JACリクルートメントと比較すると、求人が少ないのがネックです。

担当者の方自身は、非常に親身で丁寧な対応をしてくれます。

>エンワールドジャパンはこちら

おすすめ3:ロバートウォルターズ

ロバートウォルターズは、外資系企業専門の転職エージェントです。

英語面接の模擬面接対応や英文レジュメ添削など、非常に充実した支援体制を整えています。

外資系に行きたいと思ったら登録しておくことをおすすめします。

>ロバートウォルターズはこちら

まとめ

外資系企業は実力主義とはいえ、若さは大きな武器となります。

日系企業の働き方になれてしまうほど外資系への転職は厳しくなります。

外資系企業といっても、そう簡単に解雇することはできません。

ただし、能力不足と判断されたら強烈な肩たたきがあると考えましょう。

外資系転職のデメリットは、雇用が不安定なことです。

外資系企業といっても自由な会社ばかりではありません。

面接対策としては、以下の対策があります。

  • 未経験でもOK!地頭が評価される
  • 英語力は問わないところもある
  • 志望動機は給与など具体的に伝える。遠慮をしないことが大切。
  • 自己PRは日系企業よりも強めに伝える。強気な態度で挑むべし!

以下の業界は外資系の中でも就職しやすく売れれば給与は高くなります。

  • 不動産はノルマがとても多い
  • 金融は破格の報酬
  • 保険は本当の青天井

20代におすすめする転職エージェントは、以下の3つです。

  • おすすめ1:JACリクルートメント
  • おすすめ2:エンワールドジャパン
  • おすすめ3:ロバートウォルターズ

外資系というイメージだけに踊らされるのではなく、しっかりと企業を見定めましょう。

日系企業よりも陰湿な企業もあります。

この記事を書いた人

監修者
髙橋弘樹

著者・監修者の髙橋弘樹です。
人事・採用を10年以上の実務で

・1,000人を超える人の面接
・給料相場の把握
・経営側の考え方

を経験してきました。

このサイトではリアルな就職・転職の実情を発信していきます。ご参考になれば幸いです。
詳細はこちら

ココがおすすめ

【最強】未経験からプログラマーになる方法

ITエンジニアは求人倍率11倍と全職種の中で一番求められている職種です。

常に人材不足のため基礎スキルさえあれば経験・年齢が問われず採用されます。

実際、3ヶ月程度の受講で転職事例は山程あり、DMM WEBCAMPでは98%が転職に成功しています。

しかも転職保証があるため就職に失敗したら受講料を返金してもらえます。

注意点は人気で受講枠がすぐ埋まります。気になった方は早めに相談(無料)だけでもしておきましょう。

>DMM WEBCAMPの無料相談はこちら

手に職がつくため将来は在宅でも仕事ができます。

就職・転職の悩みを本気でなくしたい方は情報収集からはじめましょう。

20代前半フリーターに強い「ハタラクティブ」

  • 求人の職種が幅広く・豊富!営業・エンジニア・デザイナー・事務など多彩!
  • 就職支援実績15万名以上!他サービスを圧倒!!
  • 書類選考・面接のカウンセリングがマンツーマンで受けられる

正社員就職支援に強い「ジェイック」

  • 就職成功率は81.1%以上!定着率も91.3%で離職者も少なくホワイト企業多数!
  • 就職支援実績2万名以上!信頼・実績から書類選考免除の企業のみ紹介!
  • 自己分析・企業分析・社会人研修など支援サポートが手厚い!

就職率で選ぶなら「DYM就職」

  • 就職率は96%!正社員就職の圧倒的な成果で選ぶならDYM就職
  • 上場企業・ベンチャーなど優良企業2000社を書類選考免除で面接可能!
  • 就職できるまで自己分析・企業分析をエージェントが無料サポート!
質問・疑問・不安がある方は
お気軽にご相談ください

ご相談はこちら

-20代の転職

© 2020 既卒・ニート・第二新卒の就活戦略