採用担当10年以上の経験・事例から既卒・ニート・第二新卒の就活をアドバイスしていきます!目指せ正社員!!

既卒・ニート・第二新卒の就活戦略

就活ノウハウ

【採用担当者が教える】派遣から正社員への転職テクニック(3年ルールの誤解に要注意)

更新日:

派遣を数年続けている方から

「派遣社員から正社員登用ってどうやったらなれるの」

「派遣から正社員になりたいけれど、このまま派遣社員をしていて正社員になることが出来るの」

と質問をよく受けます。

派遣社員から正社員になれるのかどうか不安になってしまいますよね。

私はこれまで約10年間、採用担当者をしてきました。もちろん、派遣社員の方たちを採用してきました。

この経験からお伝えすると、派遣から正社員登用を狙うのは非常に難しいです。

登用の採用枠や機会が少なく、選考基準もシビアです。

ですから、派遣社員から正社員登用を狙うのではなく、34歳以下なら直接、正社員の求人を狙いに行きましょう。

20代であれば成功率は80%以上を超えてきます

この文章を読めば、スムーズに正社員に転職できるでしょう。

派遣は賞与や退職金がほぼないため、正社員と比較すると生涯年収が3000万円以上変わってくることもあります。

「正社員になれたらいいな」と考えている人は必ず最後までご覧いただき、正社員の待遇をゲットしてください。

【重大な誤解】「3年働けば正社員になれる」は間違い

派遣社員が同じ会社で、3年働けば正社員になれるという真っ赤な嘘が横行しています。

派遣社員で3年働いても正社員になれるということはありません。

ただ単に、派遣社員を派遣社員という雇用形態のままでは同じ会社で雇用できないというだけの話です。

参考:派遣先の皆様へ|厚生労働省

3年をたったら他の会社に行けと言われるか、契約社員待遇に少しだけグレードアップされるだけです。

ダラダラと3年も派遣社員を続けることはリスクでしかありません。

Contents

20代で派遣から正社員に転職するなら成功率は80%以上!

「派遣から正社員になれないのは分かったけれど、じゃあどうすればいいの」と不安ではありませんか。

結論からお伝えすると「就職支援サービスの利用」で成功率は80%以上となります。

なぜなら正社員採用されるときに重要な

  • 大手企業でも20代の若手採用に苦戦しており、未経験OKの若手求人が大量にある
  • 選考では重視される自己分析・企業分析のサポートが受けられる

といったポイントが就職支援サービスでは押さえられているためです。

そのためスムーズに転職をされる方が多くいます。

少し具体的に解説していきましょう。

20代の正社員は積極採用中!

20代の正社員は、現在、非常に売り手市場であるといえます。

10年昔から日本の転職市場は、20代の需要が高いのですが、人手不足などが相まって現在は非常に企業側の採用意欲が旺盛です。

20代であれば、就活をしさえすれば必ずどこかの企業に正社員になれるといっても過言ではない状態です。実際、就職率が96%の実績がある就職支援サービスもあります。

正社員への就職は「既卒OK求人への応募」と「自己分析」がポイント

正社員への就職は、既卒OK求人に応募することと、自己分析をしっかりと行うことが大切です。

既卒OKの求人に応募しないと、書類選考で落とされる可能性が高くなります。

既卒で職歴がない場合、一般的な中途採用求人に応募しても職歴ありの方と比較されてしまい、落ちる可能性が高いためです。

利用すべき就職支援サービスは3つ!

「どこの就職支援サービスを活用するべきなのだろうか」と迷っていませんか。

利用すべき就職支援サービスとしては、3つの就職支援サービスがあります。

具体的には、以下の3つです。

  • 営業求人の多いジェイック
  • 幅広い職種が魅力的なハタラクティブ
  • 就職率96%のDYM就職

それぞれについて紹介します。

ジェイックの研修で自己分析・企業分析を磨き就職力を身につける

ジェイックの研修で、自己分析・企業分析を磨き就職力を身に着けることができます。

ジェイックの研修は1週間、開催されており、1週間の研修を修了すれば、優良企業30社との連続面接に書類選考なしで参加することができます。

書類選考なしのため、書類選考に落とされるかも知れないという不安感がありません。

早期に就職して内定を獲得したい方におすすめです。

正社員就職支援に強い「ジェイック」

  • 就職成功率は81.1%以上!定着率も91.3%で離職者も少なくホワイト企業多数!
  • 就職支援実績2万名以上!信頼・実績から書類選考免除の企業のみ紹介!
  • 自己分析・企業分析・社会人研修など支援サポートが手厚い!

幅広い職種の求人が豊富なハタラクティブで適職探し

幅広い職種の求人が豊富なハタラクティブで適職探しをするようにしましょう。

ハタラクティブは営業職だけではなくIT系の職種も用意されており、非常に選択肢の幅が広いといえます。

ジェイックが営業職などの求人が必要なのに対して、ハタラクティブはバリエーションが豊富なので未経験からITエンジニアを目指したい方にも向いています。

ハタラクティブ

  • 求人の職種が幅広く・豊富!営業・エンジニア・デザイナー・事務など多彩!
  • 就職支援実績15万名以上!他サービスを圧倒!!
  • 書類選考・面接のカウンセリングがマンツーマンで受けられる

就職率96%のDYM就職で確実にしよう

就職率96%のDYM就職で確実に就職するようにしましょう。

DYM就職の就職率は、ジェイックが83%、ハタラクティブが80%なのに対して96%となっており非常に高い就職率であるといえます。

少し強引な求人紹介があるという噂もありますが、基本的には会社のスタンスとして正社員として就職することに拘っているがゆえの高い内定率であると考えられますね。

就職率で選ぶなら「DYM就職」

  • 就職率は96%!正社員就職の圧倒的な成果で選ぶならDYM就職
  • 上場企業・ベンチャーなど優良企業2000社を書類選考免除で面接可能!
  • 就職できるまで自己分析・企業分析をエージェントが無料サポート!

次は、30代以上で派遣から正社員になるコツについて解説します。

30代以上で派遣から正社員になるコツは、ずばり、仕事へのスタンスが大切になってきます。

30代以上で派遣から正社員になるにはコツが必要

「30代以上で派遣から正社員になるにはどうしたらいいんだろう」と悩んでいる方は少なくありません。

私もよく友人などから相談を受けることがあります。

派遣社員から正社員に30代以上でなるにはコツが必要です。

30代からの正社員転職の難しさと共に、コツも合わせて紹介します。

30代から正社員転職の確率が激減!典型的な失敗パターン4個

30代から正社員転職の確率は激減する傾向にあります。

典型的な失敗パターンとして、4つのパターンがあります。

  • 仕事への姿勢・物事の考え方が受け身の人
  • 選考企業で働く理由が感じられない人
  • 責任感が薄く仕事への考え方が甘い人
  • 自信がなさすぎる人

それぞれについて解説します。

失敗パターン1:仕事への姿勢・物事の考え方が受け身の人

仕事への姿勢が甘く、物事への考え方が受け身の人は、採用されにくいといえます。

20代とは異なり、30代にはより積極的に仕事をすることを求められるためです。

仕事への積極的な姿勢や、物事を自分事と捉えられる人でないと30代を超えてから正社員に採用されるのは難しいといえます。

失敗パターン2:選考企業で働く理由が感じられない人

選考企業で働く理由が感じられない人は、なかなか就職できません。

30代ともなれば入社した会社に定年まで勤めることが前提で就職することが求められるため、入社したからには最後まで勤めたいという意思の伝わるような志望動機が面接官に伝わらないといけません。

その企業でなくては出来ないことなど、選考を受けている企業でないといけない理由を面接で述べられるようにしてみてください。

志望動機がしっかりとしていないと、20代のように将来性で採用する部分が弱くなるため、なかなか内定に結びつきません。

失敗パターン3:責任感が薄く仕事への考え方が甘い人

責任感が薄く仕事への考え方が甘い人は、30代を過ぎるとなかなか内定が出ません。

30代を過ぎていれば、会社ではプロジェクトメンバーや部下を引っ張ったり、責任の重い仕事を率先して引き受けることが求められます。

会社で行う仕事を自分事と捉えて、しっかりと責任をもって処理できる人が採用されやすいといえます。

責任感がないと思われる発言として、「会社が仕事をなんとかしてくれる」というような発言をすることは避けるようにしてください。

キャリアは自分の力でつかむものであり、会社が与えてくれるものではないためです。

失敗パターン4:自信がなさすぎる人

自信がなさすぎる人は、派遣から正社員になることが難しいといえます。

自信がないと物事に積極的に参加できず、仕事にも影響を及ぼすためです。

自信がないと思われるような態度はできるだけさけるようにしてください。

猫背の方は、猫背にならないように注意するようにしてください。

猫背は特に、自信がないように見えます。

正社員転職に成功する人の特徴:4個

「正社員転職に30代から成功する人ってどんな特徴があるのかな」と気になりませんか。

30代で転職に成功する人は、基本的に軸がぶれない人、ポジティブな人であるといえます。

具体的には、以下のような特徴です。

  • 志望動機に納得感があり入社後の活躍が想像できる
  • 正社員になりたい目的が明確
  • したいこと・貢献ポイントが明確で達成できる素地がある
  • 物事に対しポジティブ

それぞれについて解説します。

特徴1:志望動機に納得感があり入社後の活躍が想像できる

志望動機に納得感があり、入社後の活躍が想像できる人が、30代を過ぎても内定が出やすいといえます。

基本的に30代を過ぎれば入社した会社に定年まで腰を据えて働こうという人でないと採用されにくくなるためです。

会社をしっかりと調べて、志望動機の完成度を上げるようにしましょう。

特徴2:正社員になりたい目的が明確

正社員になりたい目的が明確な方は、30代を過ぎても正社員採用されやすいです。

派遣社員とは異なり、仕事の範囲が広く責任が重たい正社員になりたい理由は何かをしっかりと答えることができれば、内定をとりやすいでしょう。

なぜ正社員になりたいのかを明確に答えられるようにしてください。

特徴3:したいこと・貢献ポイントが明確で達成できる素地がある

会社に入ってからしたいこと・貢献ポイントが明確で達成できる素地があるかどうかが30代を過ぎてからは大切です。

20代のころのように憧れだけで会社を受けるのではなく、冷静に企業の所属している業界や、職種を分析して、貢献できるポイントから自分が出来ることを面接の場で伝えるようにしましょう。

また、未経験の求人を受けるよりも出来るだけこれまでの経験が活きる職種を選ぶようにしましょう。

特徴4:物事に対しポジティブ

物事に対してポジティブに考えられる人ほど、30代では有利な転職を実現できる傾向にあります。

企業に利益をもたらすのは非常に難しいことです。

すぐにできない理由を言う人よりも、「こうやったら上手くいくのでは?やらしてほしい!」と前向きな考えでないと仕事が務まりにくいからです。

これまで派遣社員だったということをネガティブにとらえるのではなく、正社員になったら責任のある仕事を率先して受けることが出来るようになりたいといった人が良い印象を与えてくれます。

物事を前向きにとらえるトレーニングを普段から心がけるようにしてみて下さいね。

正社員が難しいと感じたら転職エージェントの支援を受けよう

正社員が難しいと感じたら、転職エージェントの支援を受けるようにしましょう。

転職エージェントでは正社員就職をするための支援を行っているためです。

履歴書の書き方や自己PRの方法を教えてもらえるほか、模擬面接なども実施してもらえます。

正社員で就職が難しいと感じたら転職エージェントを活用してみて下さい。

コラム:紹介予定派遣はあり?採用担当者が回答

採用を約10年間経験した立場からすると、紹介予定派遣を活用するのはナシだといえます。

実際に働いてみて、本当に正社員登用されるか分からないためです。

ただし、総務や経理は女性が産休などに入ったタイミングで派遣社員の方に来てもらって、結局、復職がなく、あとから入った派遣社員の方が正社員登用されるといったケースもあります。

期せず大企業の正社員になれてしまうような幸運な方も一定数存在します。

紹介予定派遣で大手企業に入ることができれば、タイミングが合えば正社員になりやすいことは事実ですが、ハイリスクハイリターンであるといえます。

おすすめの転職エージェント3つ

正社員採用に強い転職エージェントを活用するようにしましょう。

派遣系の転職エージェントに相談することは出来るだけ避けるようにしてください。

派遣系のエージェントに登録してしまうと、派遣社員求人ばかりを紹介されてしまうためです。

派遣社員からの脱出を狙うのであれば、弱気になるのではなく、強気に正社員求人を紹介してくれるエージェントをしっかり活用してください。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェントであり、正社員求人をたくさん抱えているだけではなく、非常に幅広い業界と職種の求人が集まります。

とりあえずリクルートエージェントに登録して、求人紹介を受けるようにして市場価値を冷静に判断する方法が賢いといえます。

業界最大手の転職エージェントなので、市場価値を調べつつ、求人応募するのには最適です。

>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、メーカーに強い転職エージェントであるといえます。

私が採用担当者をメーカーでしていた時代から、マイナビエージェントは大手の製造業にしっかりと食い込んでいました。

もしも製造業の正社員になりたいという場合には、マイナビエージェントをぜひ活用してみて下さい。

>マイナビエージェントの公式サイトはこちら

doda

dodaは堅実な企業の求人が多いといえます。

リクルートエージェントと双肩を並べる大手の転職エージェントの1つであり、歴史が古いため、老舗の優良企業の求人が多く集まっています。

また、大手エージェントの中でも内定後のプッシュ力がとても強く、内定後に条件交渉を強気にやってもらえます。

非常に頼りになるエージェントであるといえますね。

>dodaの公式サイトはこちら

まとめ

派遣社員のまま3年間過ごしても正社員になれる確率はとても低いといえます。

最初から正社員求人を狙うようにしましょう。

20代で正社員求人を狙うにあたっては職歴を問われない若年層向けの就職支援サービスを活用するようにしましょう。

30代で正社員求人を狙う場合には、大手の転職エージェントを活用するほうが採用される確率が高くなります。

年代に合わせて、自分に合った転職エージェントを活用するようにしましょう。

-就活ノウハウ

Copyright© 既卒・ニート・第二新卒の就活戦略 , 2019 All Rights Reserved.