採用担当10年以上の経験・事例から既卒・ニート・第二新卒の就活をアドバイスしていきます!目指せ正社員!!

既卒・ニート・第二新卒の就活戦略

就活ノウハウ

【人事10年の経験】「働くのが怖い」原因は7つ!4つの克服法で着実に乗り越えよう

更新日:

人事や採用担当をしていたため、過去の失敗や苦手意識から「働くのが怖い」と感じる相談をよく受けます。

「うつ病やADHDで空白期間が長くなりすぎて働くのが怖い」

「ニートで働いたことがないから、自信をもって働けないし、正社員になっても続く気がしない」

など、精神病を患っていたり、ニートで働いたことがないと、働くのが怖くなってしまいますよね。

原因が明確で時間が傷を癒やしてくれるのであれば、ゆっくり休むのも手です。長い人生、急ぐ必要もないでしょう。

逆に、ダラダラと働くことから避けている人は気をつけてください。

あいまいな苦手意識はどんどん膨らみ、ネガティブなことばかりとなり必要以上に逃げ回ることとなります。

そのためには、「働くのが怖い」と感じる原因を明確にし、適切に対処することが重要です。

つまり、働くのが怖いと感じるときに大切なことは恐怖の原因に向き合い、自分に合った仕事を得ることであるといえます。

人事や採用担当を10年していた経験から言えば、7つの原因のどれかに当てはまります。

この記事では原因を特定し、適切な対処を紹介していきます。

「どうすれば脱出できるの?」と感じている人は必ず最後までご覧ください。

「働くのが怖い」と感じる原因は大きく7個

「働くのが怖いけれど、もう就職しないといけない。いったいどうすれば再就職が怖くなくなるのだろうか」という相談を私は人事として10年間、約50名ほどの相談を受けてきました。

働くのが怖いという相談をする人の特徴として、自分自身でも原因を把握しきれていないということが多々あります。

自分自身が働くことが怖い、と感じている原因については、7つに分類されます。

以下のような原因です。

  • うつ病のため自信を持って働けない
  • 発達障害(ADHD)で落ち着いて正確な仕事ができない
  • ニートで働いた経験がない
  • 無職の空白期間が長い
  • 同僚・上司の人間関係が怖い
  • 仕事がうまく行かず叱られたり冷ややかな目で見られた
  • 求人票の職務をこなせる自信がない

それぞれについて解説します。

働くのが怖い1:うつ病のため自信を持って働けない

うつ病になると、自信を喪失してしまうということが産業医からお聞きした話しで分かっています。

私は精神科医ではありませんが、人事として産業医と連携してメンタルヘルス対策に尽力してきた過去があります。

病気のせいで働くことが怖いという状態になってしまい、社会復帰が遠ざかってしまいます。

働くのが怖い2:発達障害(ADHD)で落ち着いて正確な仕事ができない

発達障害(ADHD)は落ち着いて仕事をすることができず、正確な仕事をすることが難しい病であるといえます。

落ち着いて作業ができないと職場で注意されることも増えてしまうため、自信喪失をする原因にもなりえます。

特に工場などで正確な作業を求められる職場で働いている場合には、致命的であるといえます。

発達障害で落ち着いて仕事が出来ないことで、働くことが怖くなる人もいます。

働くのが怖い3:ニートで働いた経験がない

ニートで働いた経験がない場合も、働くことが怖いと感じやすいといえます。

特にインターネットなどでブラック企業の情報を目にしたり、違法な残業などのニュースや過労死の報道ばかり見ていると余計にニート期間をこじらせる危険性があります。

実際問題として、人が死ぬほど苛烈に働く必要がある職場は少ないといえます。

働いた経験がないと過度に恐怖を感じて、働くことが怖くなります。

働くのが怖い4:無職の空白期間が長い

無職の空白期間が長いと、面接で空白期間について厳しく聞かれるのではないかと怖くなります。

また、空白期間が長いと果たして職場復帰したところで定年まで働けるのかどうかが怖くなるという方も多いです。

無職の空白期間が長ければ長いほど、実際にやっていけるのかどうかが怖くなり、働くことが怖くなります。

働くのが怖い5:同僚・上司の人間関係が怖い

同僚や上司との人間関係が怖いという方は非常に多いといえます。

実際に就職するまでは人間関係は分からないことが多いです。

人間関係に挟まれて疲れてしまった結果、働くことが怖くなってしまいます。

働くのが怖い6:仕事がうまく行かず叱られたり冷ややかな目で見られた

仕事がうまく行かずに叱られたり、冷ややかな目で見られると働くことが怖くなります。

特に周囲からの手助けがない環境で長く仕事をしてきた方は、仕事でミスをしたことがトラウマ的な体験となっている方も少なくありません。

仕事がうまくいかず、冷ややかな目で見られてしまうと、また同じことが起こりそうで怖いと思ってしまうことがあります。

働くのが怖い7:求人票の職務をこなせる自信がない

求人票の仕事内容をこなせる自信がなくて、働くことが怖くなる人もいます。

求人票に書かれている文言は、実は採用担当者も意識せずに強い言葉を書いてしまっていることがあります。

リーダーシップがある人を求む!というような内容や、淡々と業務内容を書かれた求人票を見てしまうとそれだけで恐怖感が出ますよね。

求人票そのものが怖いということでなかなか応募できず、仕事への恐怖が出てしまうこともあり得ます。

次は、仕事への恐怖に根本から向き合うための方法について解説します。

仕事への恐怖をなくすためにも、絶対に読んでいってくださいね。

「どうすれば良い?」怖い原因から見える対処は4つ

「どうすれば働くことの恐怖をなくすことができるのか」と不安になっていませんか。

働くことが怖い気持ちは分かりますが、向き合わなければ一生そのままです。

働くのが怖い場合には、原因を知り、対策をするようにしましょう。

対策としては、以下の4つの対策があります。

  • うつ病・発達障害など疾病があるなら就労移行支援に相談
  • 就業経験無し・長い空白期間が不安なら就職支援サービスに相談
  • 仕事が上手くできるか不安なら適職診断で自分に合った仕事を探す
  • 人間関係に不安なら合う環境を探す!ただし批判・悪口は厳禁

それぞれについて解説します。

対策1:うつ病・発達障害など疾病があるなら就労移行支援に相談

うつ病や発達障害などの疾病がある場合には、就労移行支援施設に相談するようにしてみて下さい。

大企業では法律によって障害者雇用率が定められているため、就労移行支援施設に相談すれば、仕事を紹介してもらえる可能性があります。

また、大手企業名と障害者採用とGoogle検索すると応募画面が複数でてきますので、直接応募するという手段もあります。

参考:障害者雇用率制度|厚生労働省
参考:障がい者採用 | 村田製作所

対策2:就業経験無し・長い空白期間が不安なら就職支援サービスに相談

就業経験がない方、長い空白期間が不安な方は、就職支援サービスに相談するようにしましょう

ジェイックという就職支援サービスがおすすめです。

no image
ジェイックのヤバイ評判は本当?筆者が参加し体験して分かった嘘と真実

「ジェイックの評判大丈夫かな?本当に信用して利用していいの?」 「ジェイックって怪しくないの?大丈夫かな」 「ジェイックって研修が体育会系の研修って聞いたけどついていけるかな」 ジェイックという転職エ ...

続きを見る

ジェイックは就業経験のない人材や、長い空白期間のある人材に対して求人紹介をするサービスを展開しています。

また、就職カレッジという一週間かけて行われる研修で人事目線での書類の書き方や面接指導を受けることができます。

ビジネス基礎力養成のための授業を受けることができるため、働いたことがなくても不安なく就職できるようになります。

就職カレッジを修了すると書類選考なしで連続20社と面接を受ける権利を得ることができるため、就職にあたって書類選考で落とされるという怖さもありません。

正社員就職支援に強い「ジェイック」

  • 就職成功率は81.1%以上!定着率も91.3%で離職者も少なくホワイト企業多数!
  • 就職支援実績2万名以上!信頼・実績から書類選考免除の企業のみ紹介!
  • 自己分析・企業分析・社会人研修など支援サポートが手厚い!

対策3:仕事が上手くできるか不安なら適職診断で自分に合った仕事を探す

仕事が上手くできるか不安がある場合には、適職診断で自分に合った仕事を探すという方法もあります。

適職診断はおそらく100以上はあるため「どれを使うか?」が大切です。

参考:【一番当たる適職診断】15サイトを徹底比較したNo1の適職診断とは - IT転職・SE転職を徹底支援するIT業界の歩き方

筆者のおすすめはキャリアインデックスの適職診断です。

>適職診断(無料) | キャリアインデックス

キャリアインデックスでは、39の質問に答えることで、あなたの適職を診断してもらうことができます。

実際に診断をしてみると自分に向いている職種をデータと共に掲示してもらえます。

ぜひ、トライしてみてください。

対策4:人間関係に不安なら合う環境を探す!ただし批判・悪口は厳禁

人間関係に不安があるなら、自分に合った環境を探そうと努力してみて下さい。

ただし、転職活動での面接の場では、前職の上司の批判や悪口を言わない方が良いといえます。

他責で転職するのではなく、自分自身がより良い方向にいくために転職活動をすると感がるようにしましょう。

自分に合った環境を探すという意味では、業界最大手のエージェントを活用することが大切であるといえます。

おすすめはリクルートエージェントです。

日本で一番大手の転職エージェントであり、求人数が非常に豊富です。

自分に合った環境を探すためには、まずはリクルートエージェントで求人を探すことからはじめましょう。

>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

該当する理由がない方は働いて見るところから始めよう

これまで紹介してきた対策4つの中に該当する理由がない方は、まずは働いてみるところから始めましょう。

何事も経験してみることで、恐怖感が取り除けるようになります。

日本の企業は基本的に学校に近い文化があり、入ってみたらなんとか定年まで働けるような仕組みになっています。

とりあえず働いてみる、という観点からリクルートエージェントで就職活動をしてみましょう。

大手のエージェントでまずは自分に合った会社を探してもらうようにしましょう。

>リクルートエージェントの公式サイトはこちら

次は、仕事を選ぶ上でとても大切なことである、重視するべきことと、仕事を選ぶ上で大切にするべきことについて解説します。

就職・転職は「仕事・同僚・上司」の組み合わせ次第!

働くことの不安は多かれ少なかれ誰にでもあります。

なぜかというと仕事は「仕事・同僚・上司」の組み合わせで、運の要素が多くあるためです。

つまり、仕事の内容はある程度コントロールできますが、お取引先や同僚・上司・経営者の考え方までは入ってみないと分かりません。

失敗する可能性は誰にでもあるものの、実際に働いてみないと成功か失敗かは判断がつきません。

もし慎重になってしまうのであれば有効な手段としては入社前に事前に会社にお願いして一緒に働くメンバーと話し合いができる場を設けてもらうという行動を起こすことも大切です。

内定が出たらすぐに入社するのではなく、慎重に人間関係について探りを入れられるチャンスを得られるように行動するようにしましょう。

会社の風土に自信を持っている会社なら申し出を受けてくれます。

可能な限り職場を見せてもらうようにしましょう。

具体的には、会社の内定を獲得したら、入社前に「職場見学をさせて欲しい。同じ職場の人たちとお話をする席を設けて欲しい」と申し出るようにしましょう。

「入社させてもらう」という意識ではなく、「こちら側が会社を審査する」という目線で企業について出来るだけ理解する場を設けてもらうようにしましょう。

言いづらい場合はいい就職ドットコムの利用を検討しましょう。

「有給インターン」という制度があり、採用されるまえに実際に働いてみることができます。

>いい就職ドットコムの公式サイトはこちら

いい就職ドットコム
いい就職ドットコムの評判は採用担当・求人のどちらも良い!利用者目線で解説!

フリーターやニート、第二新卒の既卒の方は就職・転職に不安を強く感じているのではないでしょうか? 実際、筆者のもとには既卒の就活サイトである「いい就職ドットコム」に関して 「いい就職ドットコムってどんな ...

続きを見る

企業数は421万社!失敗しても再チャレンジすればOK

「就職に失敗したらどうしよう」と悩んでいませんか。

日本に一体何社の企業があると思いますか。

中小企業庁の発表によると日本には421万社もの企業が存在していると発表されています。

参考:日本の中小企業|中小企業庁

421万社もあれば一社くらい、自分に合った会社があると希望が湧きませんか。

仮に失敗しても、今度は420万9,999社の中からまた、頑張って選んでいけばよいだけです。

過度に不安になるのではなく、積極的に行動していきましょう。

まとめ

働くのが怖いという人にとって大切なことは原因を知り、対策を行うことです。

しっかりと原因を分析して、自分なりに対策を立てて、就職活動をしてみましょう。

日本には421万もの企業があります。

421万社ある企業の中から、自分に合った1社を見つけ出すことができれば就職は成功であるといえます。

失敗を恐れず、自分に合った会社を探し出しましょう。

-就活ノウハウ

Copyright© 既卒・ニート・第二新卒の就活戦略 , 2019 All Rights Reserved.