採用担当10年以上の経験・事例から既卒・ニート・第二新卒の就活をアドバイスしていきます!目指せ正社員!!

既卒・ニート・第二新卒の就活戦略

就活ノウハウ

ハローワークのカラ求人とは?見分け方とスムーズな求人探しのコツを紹介

更新日:

カラ求人とは採用していないにも関わらず求人が出ているものを指します。

ハローワークでいい求人を見つけたと思ったら、カラ求人でがっかりしてしまいますよね。

「ハローワークインターネットサービスで見た求人に応募しようとしたらもう採用充足したと言われてしまった」

「実際に面接にいったら全く条件が違っている。ハローワークの求人チェックはどうなっているの」

このような経験をした方も多いのではないでしょうか。

実は私はこれまで約10年間、採用担当者としてハローワークを活用し、不本意にもカラ求人を出してしまったことがあります。

例えば、

  • 採用担当者が採用が決まっていたのに連絡をハローワークにし忘れた
  • 一度求人を出してそのまま出しっぱなし

といったケースです。

私の落ち度とはいえ、それだけハローワークは求人チェック機能が弱いということです。

このような背景からカラ求人を事前に判断・回避し、最短で転職する方法を理解することができます。

もっと言えば、ハローワークの求人は質が良いと言えません。このあたりの説明と対策を本記事でしていきます。

スムーズに気になる求人を見つけ出し、内定を取りたい方はぜひ最後までご覧ください。

【最強】未経験からプログラマーになる方法

ITエンジニアは求人倍率11倍と全職種の中で一番求められている職種です。

常に人材不足のため基礎スキルさえあれば経験・年齢が問われず採用されます。

実際、3ヶ月程度の受講で転職事例は山程あり、DMM WEBCAMPでは98%が転職に成功しています。

しかも転職保証があるため就職に失敗したら受講料を返金してもらえます。

注意点は人気で受講枠がすぐ埋まります。気になった方は早めに相談(無料)だけでもしておきましょう。

>DMM WEBCAMPの無料相談はこちら

手に職がつくため将来は在宅でも仕事ができます。

就職・転職の悩みを本気でなくしたい方は情報収集からはじめましょう。

ココがおすすめ

ハローワークのカラ求人とは?分かりやすく意味や存在する理由を解説

ハローワークのカラ求人とは、採用する気もないのにハローワークに求人が出ていることを指します。

応募しようと窓口に行くと「もうその採用は終わっていた」と言われて無駄足を踏むケースがあり、これを「カラ求人」といいます。

また、応募してみると求人内容と全く違う労働条件を提示されて無駄足を踏む場合もカラ求人といえます。

カラ求人の目的はなに?存在する理由を解説

カラ求人の目的は、

  • 経験の浅い素人の人事、採用担当者の面接練習目的
  • 求人願いの取り消し忘れ

の2つあります。

有料の求人媒体を使うとお金がかかってしまうため、ハローワークに求人を出して練習のために面接をするという企業も存在します。

また、単純にとっくの昔に内定を出していたのに求人停止願いをハローワークに採用担当者が出していないというケースもあります。

意図的にカラ求人が存在しているわけではないといえます。

また、助成金目当てで出しているなどという根も葉もない噂が出ていますが、人事担当者としては、そんなことはほぼあり得ないと断言しておきます。

助成金自体はハローワーク経由でなくても、申請すれば貰えるためです。

参考:トライアル雇用助成金(一般トライアルコース)|厚生労働省

次は、カラ求人が存在する理由について解説します。

カラ求人は違法?なぜ減らないの?

カラ求人は厳密にいえば詐欺罪にあたる可能性があります。

採用する気もないのに求人を出しているので該当する可能性があります。

ただし、詐欺罪は立件することが難しいため、現実的には法律違反で訴訟することは難しいです。

また、カラ求人が減らない原因としてはハローワークがカラ求人をチェックする求人チェック機能を持たないために起こっています。

本来は求人を受け付ける段階で、カラ求人かどうか、今現在も求人をしているのかどうかのチェックはハローワークがするべきであり、ハローワークが果たすべき責任を果たしていないから起こっています。

次は、本気の求人を探すなら転職サイトがおすすめである理由について解説します。

本気の求人を探すなら転職サイトがおすすめ

本気の求人を探すなら、転職サイトをおすすめします。

理由として、転職サイトには基本的にカラ求人が存在しないためです。

転職サイトに求人広告掲載依頼をすれば必ずお金がかかります。

それも広告枠ごとに50万円から100万円までの結構な金額がかかっています。

まず100万円近い大金をドブに捨てる経営者はいません。

必ず採用しようとします。

次は、おすすめ転職サイトを紹介します。

おすすめ転職サイト1:マイナビ転職

マイナビ転職は製造業の転職に強く、大手企業の本社採用の求人も掲載されています。

また、転職サイトの中でも知名度が高く、優良企業の求人が掲載されています。

掲載料金も高額なため、カラ求人はないといえます。

>マイナビ転職はこちら

おすすめ転職サイト2:リクナビNEXT

リクナビNEXTは、転職サイトとしては最も高い知名度を誇っています。

新卒でリクナビを使っていた方が、なんとなく登録しているサイトであるといえます。

掲載料金は高めで、カラ求人はないといえますね。

>リクナビNEXTはこちら

次は、ハローワークでのカラ求人の見分け方について解説します。

【こんな求人に気をつけろ】空求人の見分け方を解説!

「カラ求人なんてどうやったら見分けることができるのかな」と悩んでいませんか。

実は、カラ求人の見分け方を解説すると、単純な方法で見分けることができます。

大切なことは求人票の矛盾を見抜くことです。

具体的には、以下のような方法です。

  • 求人票が矛盾している
  • 1年中、募集をしている求人

それぞれについて解説します。

見分け方1:求人票が矛盾している

カラ求人は採用担当者が書類をちゃんと作っていません。

求人票におかしな記載が必ずでます。

具体的には、即戦力を募集していると記載されているのに未経験者歓迎の文字が躍っている場合などです。

「即戦力大歓迎!未経験者でも応募可能なので応募してください」ならまだ矛盾していませんが、明らかな矛盾が認められる求人は警戒するようにしましょう。

見分け方2:1年中、募集をしている求人

ハローワークの求人には応募可能期限が記載されています。

ギリギリの求人や応募可能期限が1年中となっている企業は要注意です。

必ず窓口の職員さんに、書類選考などの応募前に求人応募可能かどうかをチェックしてもらうようにしてください。

次は、カラ求人の面接の特徴について解説します。

カラ求人の面接はある?特徴や対処法は?

カラ求人でも面接はあります。

人事経験が10年に満たない素人の採用担当者や人事担当者のために、無料の求人で練習をしようというパターンがあります。

残念ながらこのパターンにあたってしまった場合には、応募前に見分ける方法はないといえます。

特徴としては、あまりにも質問をする面接官が面接に慣れていない場合には、カラ求人の可能性が高いといえます。

カラ求人が存在する質の悪い求人を避けたい方は民間の転職エージェントを積極的に検討しましょう。

次ではその使い分けについて解説してきます。

ハローワークと民間の転職サイト・転職エージェントは使い分けよう

「どうすればハローワークを使った転職はうまく行くのだろうか」と悩んでいませんか。

ハローワークは雇用保険の失業給付を受ける目的でのみ活用して、転職サイトや転職エージェントをメインにすることをおすすめします。

ハローワークは求人チェック機能が低く、応募した求人が活きているかどうか分かりません。

そのため、利用頻度を最低限度に抑えるようにしましょう

おすすめ1:失業認定日のついでにハローワーク求人に応募を3件する

雇用保険がある方の場合には、失業認定日のついでに3件以上の応募をハローワークから行いスタンプを貰うようにしましょう。

失業保険の受給要件を満たすことができますし、ついでに気になった求人に応募することもできます。

合わせて転職エージェントを活用することで、雇用保険を貰いつつ、転職活動をすることができます。

おすすめ2:ハローワークを活用しつつ民間の転職サイトを活用する

ハローワークを活用しつつ、民間の転職サイトを活用するようにしましょう。

ハローワークで失業保険の受取が可能な場合には、失業認定日のついでにハローワークでめぼしい求人を探し、あとは民間の転職サイトから求人応募をするようにしましょう。

ハローワークをメインにするのではなく、民間の転職サイトをメインにするようにしましょう。

民間の転職サイトでおすすめできるのはリクナビNEXTマイナビ転職です。

求人サイトとは2強のため、どちらかに登録しておけば、求人の取り逃しなどが起こりにくいといえます。

ハローワークのカラ求人についてよくある質問

ハローワークのカラ求人って何?

ハローワークのカラ求人とは、採用する気もないのにハローワークに求人が出ていることを指します。

応募しようと窓口に行くと「もうその採用は終わっていた」と言われて無駄足を踏むケースがあり、これを「カラ求人」といいます。

カラ求人の目的はなに?

カラ求人の目的は、経験の浅い素人の人事・採用担当者の面接練習目的、求人願いの取り消し忘れの2つがあります。

また、助成金目当てで出しているなどという根も葉もない噂が出ていますが、人事担当者としてはそんなことはほぼあり得ないと断言しておきます。

カラ求人の見分け方はあるの?

実は、カラ求人の見分け方を解説すると、単純な方法で見分けることができます。 大切なことは求人票の矛盾を見抜くことです。

具体的には、即戦力を募集していると記載されているのに未経験者歓迎の文字が躍っている場合や応募可能期限が1年になっている企業は要注意です。

もっと質問を見たい

この他の質問については就職・転職 なんでも相談室でお受けいたします。

お気軽にどうぞ。

まとめ

カラ求人とは求人する気もないのに求人募集を続けることを指します。

意図的にではなくハローワークに出した求人の停止を採用担当者が忘れているケースもあります。

助成金等はハローワーク経由でなくとも取得可能なため、助成金目当てでハローワークに求人が出ている可能性は低いといえます。

また、経験の浅い素人の採用担当者の練習台としてハローワークを活用するということもあり得ます。

カラ求人を避けるためには、基本的にはハローワークではなく求人広告代金のかかる転職サイトを活用することをおすすめします。

この記事を書いた人

監修者
髙橋弘樹

著者・監修者の髙橋弘樹です。
人事・採用を10年以上の実務で

・1,000人を超える人の面接
・給料相場の把握
・経営側の考え方

を経験してきました。

このサイトではリアルな就職・転職の実情を発信していきます。ご参考になれば幸いです。
詳細はこちら

ココがおすすめ

【最強】未経験からプログラマーになる方法

ITエンジニアは求人倍率11倍と全職種の中で一番求められている職種です。

常に人材不足のため基礎スキルさえあれば経験・年齢が問われず採用されます。

実際、3ヶ月程度の受講で転職事例は山程あり、DMM WEBCAMPでは98%が転職に成功しています。

しかも転職保証があるため就職に失敗したら受講料を返金してもらえます。

注意点は人気で受講枠がすぐ埋まります。気になった方は早めに相談(無料)だけでもしておきましょう。

>DMM WEBCAMPの無料相談はこちら

手に職がつくため将来は在宅でも仕事ができます。

就職・転職の悩みを本気でなくしたい方は情報収集からはじめましょう。

20代前半フリーターに強い「ハタラクティブ」

  • 求人の職種が幅広く・豊富!営業・エンジニア・デザイナー・事務など多彩!
  • 就職支援実績15万名以上!他サービスを圧倒!!
  • 書類選考・面接のカウンセリングがマンツーマンで受けられる

正社員就職支援に強い「ジェイック」

  • 就職成功率は81.1%以上!定着率も91.3%で離職者も少なくホワイト企業多数!
  • 就職支援実績2万名以上!信頼・実績から書類選考免除の企業のみ紹介!
  • 自己分析・企業分析・社会人研修など支援サポートが手厚い!

就職率で選ぶなら「DYM就職」

  • 就職率は96%!正社員就職の圧倒的な成果で選ぶならDYM就職
  • 上場企業・ベンチャーなど優良企業2000社を書類選考免除で面接可能!
  • 就職できるまで自己分析・企業分析をエージェントが無料サポート!
質問・疑問・不安がある方は
お気軽にご相談ください

ご相談はこちら

-就活ノウハウ

Re就活の無料相談
未経験者歓迎の求人多数!
Re就活の無料相談
未経験者歓迎の求人多数!

Copyright© 既卒・ニート・第二新卒の就活戦略 , 2020 All Rights Reserved.