採用担当10年以上の経験・事例から既卒・ニート・第二新卒の就活をアドバイスしていきます!目指せ正社員!!

既卒・ニート・第二新卒の就活戦略

就活ノウハウ

【インターン主催者が教える】既卒のインターン参加よりも効果的な就職法

更新日:

【インターン主催者が教える】既卒のインターン参加よりも効果的な就職法

インターンが流行っているため、

「既卒だけど、インターンに参加したほうがいいのかな」

「既卒のインターンって参加する意味があるのだろうか」

と、既卒者の就活でもインターンに参加すべきか悩んでいる方が多くいます。

結論からいえば、インターンには参加しないほうがよいといえます。

私はこれまで約10年間、採用担当者としてインターンを主催してきました。

インターンにはメリットもありますが、確実な内定が保証されていませんし最悪、単純に労働力扱いされてしまいスキルが身につかなければ時間も失うことも多々あります。

筆者としてはメリットよりデメリットのほうが大きいため「既卒者のインターンは参加すべきでない」と考えています。

この文章を読めばインターンに参加しないほうがよい理由を理解することができ、正社員になるために本当に有効な方法について理解することができます。

中途半端な理由でインターンに参加すれば無駄な時間を過ごすことになりますので必ず最後までご覧ください。

Contents

【採用担当者を10年経験してきた私なら絶対に参加しない】既卒がインターン募集に参加しないほうがいい理由

「インターンに参加すれば正社員になりやすくて有利になるはず」と思い込んでいませんか。

内定が取れていないとインターンに参加しないといけないのではないかと焦る気持ちはとてもよく理解できます。

しかし、安易にインターンに参加して時間を失うような行為は避けるようにしましょう。

安易にインターンに参加すべきではない理由について解説します。

参加すべきでない理由:インターンは実施する企業側の意識がバラバラ。インターンをしても正社員になれる確率は低い

インターンは実施する企業側の意識がバラバラであり、インターンをしても正社員になれる確率は低いといえます。

インターンと名前だけ銘打っていても、実際に参加してもただのアルバイトだったというケースもあります。

インターンを主催する側の意識の差も大きいため、過度な期待は禁物であるといえます。

インターンに参加している時間があれば、面接を受けに行った方が良いケースが多いと筆者は考えています。

参加してもよいインターン企業の見分け方「選考フローにインターンがあること」

参加してもよいインターン企業の見分け方として、選考フローにインターンがある企業を選ぶようにしましょう。

選考フローの中に2日から3日程度の、職場体験が含まれており、最終面接の代わりとしている企業もあります。

選考フローにインターンが入っている場合は、インターンに参加しないと内定がでないため、参加するしかありません。

インターンに参加するデメリット3つ

インターンに参加するデメリットは3つあります。

基本的にインターン参加中に、年齢が上がったり、アルバイト扱いされて時間を消費してしまうことに問題点があります。

具体的には、以下の3点がデメリットです。

  • 長期インターン参加中に年齢が上がってしまう
  • 補助金目的の中小企業も多い。
  • 既卒インターンは募集先によっては、アルバイトのように単純労働力にされる可能性もある

それぞれについて解説します。

デメリット1:長期インターン参加中に年齢が上がってしまう

長期インターンの参加中に年齢が上がってしまうという問題があります。

日本企業は若手を採用したいと考えている企業が多く、年齢を重ねれば重ねるほど採用に不利になっていきます。

長期インターンに参加している時間があれば、その時間を自己分析や面接対策の時間にあてた方が得策であるといえます。

デメリット2:補助金目的の中小企業も多い。

インターンを行うことで助成金が都道府県などから企業に対して支給されます。

補助金を申請することで、会社の宣伝などを行ったりすることが可能なため、助成金が出るからインターンをするという企業も出てきてしまいます。

助成金が出るからやってみる、という程度の意識で採用をしている企業のインターンに参加するべきではないといえます。

参考:【市内企業対象】インターンシップ事業補助金|創造都市課(企業振興室)|くらしの情報|丹波篠山市

デメリット3:既卒インターンは募集先によっては、アルバイトのように単純労働力にされる可能性もある

既卒インターンは募集先によっては単純労働のアルバイトをさせられる可能性があります。

せっかくインターンで知識や経験を手に入れたい、と意気込んで参加してみたら、ひたすら机に座って資料整理をさせられたり、接客をさせられたりといったケースもあり得ます。

そもそも短期インターンシップに参加しても、期間が短いため、得られる経験は少ないと考える方がよいといえます。

気になるインターンに参加のメリットはどうなるの?

「インターンに参加することのメリットはゼロなの」と思ってしまう方もいるかも知れません。

インターンに参加するメリットとして、若い年齢であれば色々な業界を見に行くことができるという点です。

  • 入社したい企業がインターンを募集していれば採用される可能性がある
  • 他社の面接に行った際、経験として話すネタ作りになる
  • 様々な業種・職種を知れる(自己分析につながる)

それぞれについて解説します。

メリット1:入社したい企業がインターンを募集していれば採用される可能性がある

入社したい企業がインターンを募集していれば採用される可能性があります。

第一志望の企業がインターンを募集している場合には、絶対に参加しましょう。

入社したい企業に対して顔を売るチャンスです。

ただし、企業が求める人物像でなければ確実に落とされることにもつながることを肝に命じておきましょう。

メリット2:他社の面接に行った際、経験として話すネタ作りになる

他社の面接に行った際に、インターン経験を話すネタにすることができます。

20代の方の場合は、ネタ作りのためにインターンに参加することが大切であるといえますね。

反対に30代の方はインターンに参加してネタ作りをしている暇があれば1日でも早く再就職する必要性があるため、参加しないほうがよいといえます。

メリット3:様々な業種・職種を知れる(自己分析につながる)

インターンに参加することで、様々な業種・業界を知ることができます。

20代の方は、これから未経験の仕事などにもまだまだ挑戦できますので、視野を広くする意味でインターンに参加してもよいといえます。

注意点としては、やはり30代以上はインターンをするよりも就活をしたほうが良いといえます。

次では、もしインターンしたい方に企業の探し方を紹介いたします。

インターン企業の探し方

インターン企業の探し方としては、ゼロワンインターンなどのサイトでインターンを募集している企業を探すことができます。

ゼロワンインターンでは東京・大阪でインターン先を探している人だけではなく全国のインターン募集企業の情報が掲載されています。

インターンに参加してみたい方は、ぜひ活用してみて下さいね。

参考:既卒歓迎のインターン・インターンシップ募集|ゼロワンインターン

次は、インターンに参加することよりも大切なことについて解説します。

インターンに参加している時間あるならば、出来れば、就活において大切なことをしっかりと認識して対策するようにしてください。

採用担当者経験10年からこれだけは言える!インターンよりも就活に大切なポイント!

インターンに参加しても正社員として採用されるかどうかは分かりません。

インターンに参加すれば確かに人事関係者に顔を覚えてもらえるといったこともあり得ますが、そもそも優秀な人でないと目に留まらず、インターンに参加した時間が無駄になります。

また、早く就活のために動くことも大切であるといえます。

出来るだけ内定につながる行動を早くするようにしましょう。

インターンよりも「自己分析・企業研究・面接対策」が大切

インターンよりも「自己分析・企業研究・面接対策」が大切であるといえます。

就活で厳しい状況になってインターンに参加しようと考えている方はよく考えてみて下さい。

しっかりと自己分析が行えなければ、何を面接で話しても良いかも分かりませんし、そもそもインターンに参加する企業選び自体を失敗する可能性もあります。

就活で厳しいと判断される人たちの3つの特徴について解説します。

インターンよりも重要1:自己分析で強み・したいことを明確化する

自己分析で自分自身の強みとしたいことを明確化するようにしてください。

自分自身の学生時代からの過去にさかのぼっていき、自分自身がどんなときに達成感を感じたのか、なぜ感じたのかを書いてみて下さい。

モチベーションが最も高くなった瞬間にしていたことから、やりたい仕事を探すようにしてみましょう。

インターンよりも重要2:企業研究による仕事・キャリアへの理解

企業研究による仕事・キャリアへの理解をしっかりとするようにしてください。

インターンに参加することで特定の1社からの情報を得ることはできますが、仕事やキャリア全体の理解をするにはとくかくネットや書籍などから情報を収集することが大切です。

出来るだけ効率よく必要な情報を得るようにしてください。

インターンよりも重要3:徹底的な面接準備「正社員への志望動機・企業への志望動機」

なぜ正社員になりたいのか、企業に入ったら何をしたいのかを聞かれたら即座に答えられるように志望動機を作るようにしてください。

ある程度の型を作ることも大切です。

正社員になりたい理由として、「このままダラダラアルバイト生活を続けていても将来的に良くないと感じた」という理由でも大丈夫です。

また、企業になぜ入りたいと思ったのか、入った後に具体的に何をしたいのかを答えることができるようになっていてください。

次は、就職支援会社の活用方法について解説します。

有給インターンのある就職支援会社もあれば、普通の会社でインターンを経験するよりも密度の高い社会人基礎力講座を受けることができる会社もあります。

ぜひ、活用してみて下さいね。

就職支援会社を使えばインターンを経験したことと同じ!

就職支援会社を使えば、インターンを経験したことと同じ効果を得ることができます。

後述する「ジェイック」では営業カレッジを開催しており、それに参加することでインターンのような社会人基礎力を身に着けることができます。

また、同様に後述する「いい就職ドットコム」では入社直前に有給インターンをすることが出来る企業もあるため、企業を見極めることが可能です。

ジェイックの就職支援プログラムで職場体験と似た経験が得られる

ジェイックの収書期支援プログラムで職場体験と似た経験を得ることができます。

ジェイックの就職支援プログラムでは、実際の営業現場で求められるような仕事上の動作を座学で学ぶことができます。

例えば、あいさつの仕方や、取引先とのコミュニケーションの上手な取り方なども教えてもらえます。

座学でも、講師がしっかりと教えてくれます。

no image
ジェイックのヤバイ評判は本当?筆者が参加し体験して分かった嘘と真実

「ジェイックの評判大丈夫かな?本当に信用して利用していいの?」 「ジェイックって怪しくないの?大丈夫かな」 「ジェイックって研修が体育会系の研修って聞いたけどついていけるかな」 ジェイックという転職エ ...

続きを見る

1週間の営業カレッジで社会人基礎力の座学と実践ができる

1週間の営業カレッジで社会人基礎力を身に着けることができます。

座席の上座下座の位置や、名刺交換マナーや営業先訪問の方法などを疑似体験させてもらえるため、非常に即効性のあるインターンを受けているような状態になります。

座学を受けた上でやる気があればその後に質問コーナーなども設けられているため、模擬面接も実施してもらえます。

コラム:特典として書類選考なしで優良企業30社と連続面接に参加できる

1週間の営業カレッジを修了すると、特典として書類選考なしで優良企業30社と連続面接に参加することができます。

書類選考がないため、職歴がない方でも安心して選考に挑むことができます。

また、会社によってはジェイックに提出した書類をあえて見ずに人柄だけで見ますと宣言してから面接をする面接官もいます。

1週間のカレッジを修了していれば基礎マナーは出来ているので、あとは人柄だけで勝負できますね。

正社員就職支援に強い「ジェイック」

  • 就職成功率は81.1%以上!定着率も91.3%で離職者も少なくホワイト企業多数!
  • 就職支援実績2万名以上!信頼・実績から書類選考免除の企業のみ紹介!
  • 自己分析・企業分析・社会人研修など支援サポートが手厚い!

いい就職ドットコム経由なら入社前の有給インターンで仕事内容・人間関係を最終確認できる

いい就職ドットコムでは有給インターンを実施している企業があります。

入社前に人間関係を知れる上に、お金を貰うこともできます。

仕事内容と人間関係を先に知ることができるメリットは大きいですね。

有給インターンで最終面接後に辞退するか決めることができる

有給インターンが実施されるタイミングが最終面接後です。

会社側と応募者側の双方の最終的な見極めが出来るタイミングでのインターンなので、辞退をするかどうかを決めることができます。

入ってから嫌な先輩がいた、というような事態を避けることが可能です。

いい就職ドットコム
いい就職ドットコムの評判は採用担当・求人のどちらも良い!利用者目線で解説!

フリーターやニート、第二新卒の既卒の方は就職・転職に不安を強く感じているのではないでしょうか? 実際、筆者のもとには既卒の就活サイトである「いい就職ドットコム」に関して 「いい就職ドットコムってどんな ...

続きを見る

ほぼ内定がでる前の状態でインターンまで経験できる

最終面接後の有給インターンなので、ほぼ確実に内定が出る前の状態でインターンを経験できます。

20人中1人落ちる程度の低い確率の状態でOJTを受けることが出来るので、内定が出るかどうか分からない状態でのインターンよりも遥かに実りがあります。

応募者にとっては非常に有利な状態でのインターンなので、積極的に活用してください。

>いい就職ドットコムの公式サイトはこちら

まとめ

既卒のインターンには出来れば参加することは避けるようにしましょう。

20代の場合は視野を拡げる意味で参加することはメリットがありますが、30代を超えている場合には1日も早く再就職を目指して面接を受けるが大切です。

再就職のためには、インターンに参加するよりも、ジェイックやいい就職ドットコムのようにインターンに近い体験を出来る実践型の就職支援会社を活用することをおすすめします。

内定までのスピードをアップするために、就職支援会社を活用するようにしましょう。

-就活ノウハウ

Copyright© 既卒・ニート・第二新卒の就活戦略 , 2019 All Rights Reserved.