採用担当10年以上の経験・事例から既卒・ニート・第二新卒の就活をアドバイスしていきます!目指せ正社員!!

既卒・ニート・第二新卒の就活戦略

就活ノウハウ

【動画で分かる】面接入室の抑えるべきマナー5つ!最低限さえ押さえれば問題なし

更新日:

「面接入室のマナーって何が正しいのだろうか」
「マナーが悪いと面接に落とされたりするのかな」

など「面接が始まる前までの流れを頭に入れておきたい!」と気になる方が多いのではないでしょうか。

意外と面接時のマナーは最低限押さえておけば、それで問題ありません

マナーが良いからといって面接選考に通るわけではないためです。

私はこれまで約10年間人事を経験してきました。

面接開始までの入室・挨拶が完璧であっても加点することはありません。

もちろん、最低限のマナーができていなければ減点です。

それよりも面接の「内容」に力を入れるべきです。

この記事では面接入室時の「押さえておくべき」マナーを紹介していきます。

要点を絞って紹介しており、動画も紹介するなど覚えやすくしてありますのでぜひご覧ください。

【最強】未経験からプログラマーになる方法

ITエンジニアは求人倍率11倍と全職種の中で一番求められている職種です。

常に人材不足のため基礎スキルさえあれば経験・年齢が問われず採用されます。

実際、3ヶ月程度の受講で転職事例は山程あり、DMM WEBCAMPでは98%が転職に成功しています。

しかも転職保証があるため就職に失敗したら受講料を返金してもらえます。

注意点は人気で受講枠がすぐ埋まります。気になった方は早めに相談(無料)だけでもしておきましょう。

>DMM WEBCAMPの無料相談はこちら

手に職がつくため将来は在宅でも仕事ができます。

就職・転職の悩みを本気でなくしたい方は情報収集からはじめましょう。

面接入室のマナーは減点されない程度でOK!最低限の5つのポイントを押さえよう

「面接入室のマナーって何だろう。何が正しいのだろう」と不安な学生さんからよく質問を受けますが、入室時のマナーは以下の5点です。

  • 面接官に呼ばれたら軽くドアを3回ノック
  • 部屋に入り、ドアを閉める
  • 面接官を向いてお辞儀
  • 椅子の横に立ち、自己紹介をする
  • 面接官の許可を得てから着席する

特に注意点としては、ドアを閉める際にはドアの正面を向いて閉めるようにしてください。

後ろ手でドアを閉めると印象が悪いです。

次は、動画で面接における入室の流れを解説します。

【動画で知る】面接における正しい入室の流れ

面接時のマナーを紹介した動画です。

非常によくまとめられているため、しっかりと確認するようにしましょう。

  • 入室 00:30〜
  • ノック 00:35〜:入室の際には必ずドアのノックを3回するようにしてください。
  • 挨拶 01:00:面接室に入ったら必ず、挨拶をしてください。
  • 椅子の横に立つ 01:30〜:椅子の横に立ち、面接官の許可を貰ったら着席します。
  • 着席 01:45〜:着席後は両手を膝の上に置き、待機するようにしましょう。

次は、入室の流れについて順序を説明します。

入室の流れ

「いったいどうやったらマナーを守って入室できるのだろうか」と不安になるかも知れませんが、以下のステップで入室後の対応を見れば、不安なく対応できます。

  • STEP1:受付を5〜10分前にする
  • STEP2:控室で呼ばれるまで待つ
  • STEP3:呼ばれたらドアを3回ノックする
  • STEP4:ドアを開け部屋に入る
  • STEP5:ドアを閉め、挨拶とお辞儀をする
  • STEP6:イスの横に立ち名乗る
  • STEP7:着席する

それぞれについては次章で説明します。

コラム:入室の流れ・マナーは就活・転職・大学入試・高校入試・資格面接(英検など)でも同じ

「入室のマナーや流れは、どんな場面でも同じなのだろうか」と疑問を持たれる方もいますが、基本的に入室の流れとマナーは就活・転職・大学入試・高校入試・資格面接などでも同じです。

一度覚えておけば様々な場面で活用できるので、ぜひ、習得してみてくださいね。

STEP1:受付を5〜10分前にする

受付に早く行きすぎるのもマナー違反となります。

早いことはいいことだという認識は良いことなのですが、面接時間よりも30分も早く来るのは避けるようにしてください。

受付は5分前から10分前にするようにしてください。

特に面接会場の設営は時間がかかることも多いので、30分前に面接に来られると準備ができません

早く来すぎるのもマナー違反となることを覚えておいてくださいね。

ワンポイント:建物に入る前から選考は始まっている!気を緩めないこと

会社に面接で訪れた際には、建物に入る前から緊張感を持つようにしましょう。

どこを見られているか分かりません。

喫煙者の場合は、特に面接前に緊張して社員から見えるような場所でタバコを吸わないようにしてください。

タバコで面接に落ちる学生は、結構います。

具体的には面接までに会社の入り口に置いてある喫煙所でタバコを吸ってしまうといった行為です。

緊張してタバコを吸いたくなるのはよく理解できるのですが、タバコに否定的な社員も昨今では多いので、人目につくところでの喫煙、ましてや会社内の喫煙所でタバコを吸うのは辞めておきましょう。

遅刻は厳禁!遅れそうなら電話で早く伝える

早く着きすぎるのもマナー違反ですが、遅刻をするのはダメです。

選考結果に悪い影響が出ます。

遅刻する場合は、事前連絡を入れるようにしてください。

事前連絡をいれておけば、選考結果に悪い影響はでません

マナー:爪・ネクタイ・靴・背筋をチェックする

面接前に家でする準備として、爪を必ず切っていきましょう。

清潔感は重要です。

また、会社に入るまでの駅のトイレなどで、ネクタイや靴、背筋のチェックをするようにしてください。

STEP2:控室で呼ばれるまで待つ

控室では、視線を本やスマホはしまって、落ち着いて待つようにしてください。

特に控室では、キョロキョロと動かすことは避けるようにしましょう。

背筋を伸ばし胸をはろう

控室で待っているときは意識して、背筋を伸ばして胸を張るようにしましょう。

控室あたりから意識しておくと、堂々と見えます。

STEP3:呼ばれたらドアを3回ノックする

面接官に呼ばれたら、ドアを3回ノックするようにしてください。

中の面接官に聞こえるように、しっかりと3回ノックすることが大切です。

注意!ノック2回の場合、固い企業の場合は減点となる

特に注意するべき点として、ノック2回で焦って部屋に入ってしまうと、企業によっては減点の対象になることがあり得ます。

焦らず3回、しっかりとノックするようにしてください。

日本ではビジネスマナー上、ノックが3回となってなっているためです。

STEP4:ドアを開け部屋に入る

ドアを開けて部屋に入るようにしてください。

ドアの種類によっては、音が過度になってしまったり、場合によっては案内役の人がドアを開けてくれる場合もあります。

ドアノブがある開き戸のケース

ドアノブがある開き戸の場合は、ノック後に面接官から「どうぞ」という声かけがあったら入るようにしてください。

引き戸のケース

引き戸の場合も、開き戸と同様です。

ノック後に面接官から「どうぞお入りください」という声かけがあったら入るようにしてください。

案内されるケース

案内されるケースで、案内役の人がドアを開けてくれるケースがあります。

その場合、そのまま「失礼します」といって入室するようにしてください。

ノックは不要です。

案内役の人がドアを開けてくれない場合には、ノックしてから入るようにして下さい。

ドアがないケース

ドアがないケースは「失礼します」と声掛けをして、面接室の中の面接官の「どうぞお入りください」という声があればそのまま入室してください。

ワンポイント:入室したら目線を合わせ微笑みアイコンタクトをとろう

「部屋に入っても何をしたらいいかわからない」とそのまま立ち尽くすのではなく、出来るだけ面接官の顔を見てアイコンタクトを取り、笑顔を作るようにしましょう。

ただ立っているだけだと不愛想に見えてしまうため、積極的に面接官に顔を向けて覚えてもらうようにしましょう。

STEP5:ドアを閉め、挨拶とお辞儀をする

ドアを後ろで閉めるのではなく、正面から閉めるようにしてください。

また、挨拶は出来るだけ大きな声で「失礼します。よろしくお願い申し上げます」と伝えるようにしましょう。

挨拶のあとにお辞儀をします。

STEP6:イスの横に立ち名乗る

椅子の横に立ち名乗るようにしましょう。

「○○大学の○○です。本日はよろしくお願い申し上げます。」と大きな声で伝えるようにしましょう。

出来るだけ面接官の方を向いて挨拶するようにしてくださいね。

STEP7:着席する

面接官が「どうぞお座りください」と指示を出してくれたら着席するようにしてください。

勝手に座らないように注意して下さいね。

コートや上着の置き方

コートや上着は畳んで鞄の上に置くようにしてください。

そうすると、場所をとらずに奇麗に置くことができます。

鞄の置き方

鞄の置き方は席の左隣の床に置くようにしてください。

自立するタイプの鞄がおススメです。

女性には以下のようなタイプがおススメです。

男性には、以下のようなタイプの鞄がおススメです。
手持ちと肩掛けの2Wayで使うことができ、13インチのパソコンも入ります。

カバンが無い方は「就活のみ」と割り切って購入すると良いでしょう。

3,000円〜4,000円程度のもので十分です。

ここからは、いよいよ退室までのマナーと流れを説明します。

面接室から退室するまでに悪い印象を残さないように注意してください。

退室の流れとマナー

「よし!面接がうまくいったぞ」と安心しきってしまってここでボロを出さないように注意してください。

退室時の姿で印象が悪くなることもあります。

STEP1:面接へのお礼のあいさつをする

面接へのお礼を伝えるようにしてください

「本日はありがとうございました」とお礼を伝えたら、お辞儀をします。

STEP2:席を立つ

お礼とお辞儀を済ませたら席を立つようにしてください。

そして立った状態で、「ありがとうございました。失礼いたします」と伝えるようにしてください。

STEP3:ドアを開けて、面接会場の外へ出る

ドアを開けて面接会場の外へ出ます。

ドアを開ける際の注意点ですが、ドアの重量が軽いと大きな音がする場合があります。

あまり大きな音が立たないようにドアを開けるようにしてください。

閉める際も同様です。

まとめ

面接の入室のマナーとしては、最低限のマナーが抑えられていれば問題ありません

マナーが良いからと言って内定が出るわけではないためです。

入室時と退室時の姿で印象などが大幅に変わってくることもあります

各ステップを参考にして、良い印象で面接の入室と退室を成功することができるようにしましょう。

この記事を書いた人

監修者
髙橋弘樹

著者・監修者の髙橋弘樹です。
人事・採用を10年以上の実務で

・1,000人を超える人の面接
・給料相場の把握
・経営側の考え方

を経験してきました。

このサイトではリアルな実情を発信していきますの参考になれば幸いです。
詳細はこちら

【最強】未経験からプログラマーになる方法

ITエンジニアは求人倍率11倍と全職種の中で一番求められている職種です。

常に人材不足のため基礎スキルさえあれば経験・年齢が問われず採用されます。

実際、3ヶ月程度の受講で転職事例は山程あり、DMM WEBCAMPでは98%が転職に成功しています。

しかも転職保証があるため就職に失敗したら受講料を返金してもらえます。

注意点は人気で受講枠がすぐ埋まります。気になった方は早めに相談(無料)だけでもしておきましょう。

>DMM WEBCAMPの無料相談はこちら

手に職がつくため将来は在宅でも仕事ができます。

就職・転職の悩みを本気でなくしたい方は情報収集からはじめましょう。

ハタラクティブ

  • 求人の職種が幅広く・豊富!営業・エンジニア・デザイナー・事務など多彩!
  • 就職支援実績15万名以上!他サービスを圧倒!!
  • 書類選考・面接のカウンセリングがマンツーマンで受けられる

正社員就職支援に強い「ジェイック」

  • 就職成功率は81.1%以上!定着率も91.3%で離職者も少なくホワイト企業多数!
  • 就職支援実績2万名以上!信頼・実績から書類選考免除の企業のみ紹介!
  • 自己分析・企業分析・社会人研修など支援サポートが手厚い!

就職率で選ぶなら「DYM就職」

  • 就職率は96%!正社員就職の圧倒的な成果で選ぶならDYM就職
  • 上場企業・ベンチャーなど優良企業2000社を書類選考免除で面接可能!
  • 就職できるまで自己分析・企業分析をエージェントが無料サポート!
質問・疑問・不安がある方は
お気軽にご相談ください

ご相談はこちら

-就活ノウハウ

書類選考なし!だから就職率は96%!
優良企業は2,000社以上
書類選考なし!就職率96%
優良企業は2,000社以上

Copyright© 既卒・ニート・第二新卒の就活戦略 , 2020 All Rights Reserved.