採用担当10年以上の経験・事例から既卒・ニート・第二新卒の就活をアドバイスしていきます!目指せ正社員!!

既卒・ニート・第二新卒の就活戦略

就活ノウハウ

【動画でわかる】面接マナーはポイントを押さえればOK!受付・入退室・着席のコツ

更新日:

「就活時の面接のマナーってどうしたらいいんだろうか」
「どんなことが就活の面接ではマナー違反になるのかな」

就活のときに、面接のマナーなどは非常に不安になりますよね。

あまりに不安になりすぎると、そのことばかりが頭について肝心の面接までに疲れてしまいます。

でも、大丈夫です。

面接選考はマナーが良ければ採用されるというわけではなく、最低限のマナーがなっていれば人柄を見て採用されます

過剰にマナーに悩む必要はありません。

私はこれまで約10年間、人事として1万人を超える学生を面接してきました。

実はマナーの差が出やすいポイントがあり、印象を悪くしないために最低限押さえておきたいポイントがあります。

逆に細かい点は「知らなくて当然」といった部分もありますので、対策しすぎるのは過剰だとも言えます。

この文章を読めば、人事が学生のマナーで着目しているポイントが理解でき、好印象で面接選考を突破することが可能です

ぜひ最後までお読みください。

【最強】未経験からプログラマーになる方法

ITエンジニアは求人倍率11倍と全職種の中で一番求められている職種です。

常に人材不足のため基礎スキルさえあれば経験・年齢が問われず採用されます。

実際、3ヶ月程度の受講で転職事例は山程あり、DMM WEBCAMPでは98%が転職に成功しています。

しかも転職保証があるため就職に失敗したら受講料を返金してもらえます。

注意点は人気で受講枠がすぐ埋まります。気になった方は早めに相談(無料)だけでもしておきましょう。

>DMM WEBCAMPの無料相談はこちら

手に職がつくため将来は在宅でも仕事ができます。

就職・転職の悩みを本気でなくしたい方は情報収集からはじめましょう。

ココがおすすめ

Contents

面接マナーは建物に入ってから出るまで意識する

面接マナーは建物に入ってから出るまでを意識する必要があります。

理由としては、受付での態度などは、人事に筒抜けのことが多いためです。

大手企業では特に、受付の警備員の管理を総務人事が行っていることもあり、交流があります。

次の段落では、面接のフェーズを解説します。

面接の流れは9フェーズある!

面接の流れは全部で9フェーズあります。

主に、

  1. 建物に入館
  2. エレベーター
  3. 受付
  4. 控室
  5. 入室
  6. 着席
  7. 面接
  8. 退席・退室
  9. エレベーター
  10. 建物から退館

という流れになります。

特に注意すべき点は受付です。

学生の受付での態度などを見ている会社も一定数存在しているためです。

次の段落では、いよいよ面接マナーについて解説します。

面接マナーは減点されなければOK!最低限のマナー理解を押さえよう

面接マナーは減点されなければ問題ありません。

理由として面接マナーが良くても合格にはなりませんし、最低限のマナーが出来ていれば減点にもならないためです。

あくまでも面接官に不信感を持たれないようにすれば問題ありません。

面接マナーは新卒・転職・大学・バイトのどれも同じ!

面接マナーに関しては、新卒・転職・大学・バイトのどれも同じです。

基本的なマナーを理解してさえいれば、雇用形態や就職するタイミング問わず、関係なく内定が出ると考えるようにしてください。

この段落では面接マナーについての要点をお伝えいたしました。

次の段落では、各ステップごとに具体的な面接マナーを解説します。

STEP1:建物に入館のマナーの動画・解説

建物に入館する際には、以下の3点に注意するようにしましょう。

  • コートは建物の前で脱ぐ
  • 受付は10分前に済ませる
  • すれ違い、トイレでの挨拶は積極的に行う

それぞれについて解説させていただきます。

コートは建物の前で脱ぐのがマナー

コートは建物の前で脱いでから、建物に入るようにしましょう。

建物の真ん中で脱ぐと周囲に迷惑がかかるため、人の流れを遮断しない横にずれて脱ぐようにしてください。

受付は10分前がベスト!早く着いた場合の対処法

受付は10分前に済ませるようにしてください。

早く着きすぎた場合、会社の近くのコンビニなどで時間を潰すようにしてください。

トイレにある鏡でネクタイの襟を正すなどの作業をしても良いですね。

乗るエレベーターと降りるフロアの階数チェックは先にしておこう

周囲に配慮する意味でも、乗り降りするフロアの階数はチェックしておきましょう。

もしもエレベーターの階数を押せる位置にいる場合は、周囲に何階で降りますかと聞いて操作するようにしましょう。

すれ違い・トイレでの挨拶は積極的にしよう

会社で働いている人たちとトイレなどですれ違うこともありますので、積極的に挨拶をするようにしましょう。

あいさつが出来るだけで印象が良くなりますので、積極的に挨拶してください。

STEP2:エレベーターのマナーの動画・解説

エレベーターの基本マナーとしては、以下の2点になります。

  • エレベーターの最初に乗って、最後に降りる
  • エレベーターの操作ボタンに近い位置に立つ

それぞれについて解説させていただきます。

おすすめの動画の紹介いたしますのでお時間があるかたは動画もご覧ください。

一生使えるマナー知識です。

エレベーターの最初に乗って最後に降りるのがマナー

面接時はエレベーターへ乗る順番で迷うことが多いと思います。

エレベーターには、最初に乗って最後に降りるのがマナーとなっています。

意外とこれが全然知らない人、多いです。

「目上の人ほど、エレベーターに乗る時間を少なくしてあげる」というポイントさえ押さえておけばバッチリです。

エレベーターの操作ボタンに近い位置に立つ!上座・下座の解説

エレベーターに最初に乗ったら、操作ボタンに近い位置に立つようにしてください。

エレベーターにおける下座は操作盤の前になります。

就活生は会社の入社面接を受けるため、操作盤の前に立つのが下座となり、一番最適なポジションとなります。

上座は操作ボタンの真後ろが上座となります。

STEP3:受付のマナーの動画・解説

受付マナーの動画としては、以下の3つのポイントがあります。

  • 襟・袖・ネクタイ・髪型・靴のチェック
  • 受付で会話をする、待合室に案内してもらう
  • 受付は10分前に済ませる

それぞれについて詳しく解説させていただきます。

襟・袖・ネクタイ・髪型・靴のチェック

受付に着くまでに駅のトイレなどで、襟・袖・ネクタイ・髪型・靴についてはチェックするようにしてください。

特にネクタイは最初から締め付けていると苦しいので、受付直前にしっかりと締めると良いです。

受付・内戦での会話例

内線ではまず、受付部署を確認してから受話器をあげます

内線を持ち上げると自動的に受付につながるタイプのものも多いです。

学生「お世話になります。本日○時の面接選考で来ました○○と申します。採用担当の○○様いらっしゃいますでしょうか?」
受付「ありがとうございます。ただいま参りますので、少々お待ちください」

受付の方が待合室まで案内してくれます。

受付は10分前程度に済まそう

受付は10分前に済ませるようにしましょう。

あまり早く来すぎるのもマナー違反となるため、10分前に着くように調整するようにしてください。

STEP4:控室のマナーの解説

控室のマナーとして、以下の3つに注意してください。

  • スマホや本は読まない
  • 目線をキョロキョロしない
  • 深く椅子に腰かける

それぞれについて解説させていただきます。

スマホや本は読まない

控室ではスマホや本は読まないようにしてください。

基本的には手を膝の上において待つようにしてください。

目線をキョロキョロしない

目線を置く位置を決めるようにしてください。

待合室で落ち着きがないとみられるのはマイナス印象になる可能性があります。

深く椅子に腰かける

椅子に深く腰掛けるだけで、落ち着いた印象になります

堂々とした印象を与えられるようにしてください。

STEP5:入室のマナーの動画・解説

入室マナーとして、以下の3点に注意するようにしてください。

  • ノックは3回する
  • 入室したらお辞儀とお礼を伝える
  • 鞄は横に置き、鞄の上にコートは畳んで置く
  • 履歴書・経歴書のコピー、手帳は持っておく

一連の流れは次の動画で見るとイメージしやすいでしょう。

それぞれについて解説させていただきます。

入室の流れ

入室の流れは、以下のようになります。

  1. ドアを3回ノックする
  2. 部屋に入りドアを閉める
  3. 面接官を向いてお辞儀をする
  4. 椅子の横に立つ
  5. 許可が下りたら着席する

面接会場に入ったら、着席するまでにはいくつかの工程があります。

特に、許可が下りるまでは座らないように注意するようにしてください。

入室のノックは3回。ゆっくり・しっかりノックすることがコツ

入室のノックは3回するようにしてください。

焦らず、しっかりと中にいる面接官に伝わるように3回ノックします

入室したらお辞儀と名前・お礼を伝える

入室したらお辞儀と名前・お礼を伝えるようにしてください。

会話例を紹介いたします。

入室後の会話例

学生「○○大学の4回生の○○と申します。本日はよろしくお願い申し上げます」
面接官「本日はご来社いただきありがとうございます。では、椅子におかけください」

鞄とコートの置き方

鞄とコートの置き方についてですが、鞄は自立するタイプの鞄を選ぶようにしてください。

椅子の横に置き、その鞄の上にコートを畳んで置くようにしてください。

そうすれば置き場所に困ることがありません。

リクルートスーツと一緒に購入する就活用鞄は自立するタイプのものが多いですが、意外なところで役に立ちます。

履歴書・経歴書のコピー、手帳があれば安心!

履歴書と経歴書のコピー、手帳があれば安心して面接選考に進むことができます。

履歴書と経歴書は面接官に渡してしまったあとにも、自分で確認できるように手元にもっておいたほうが安心できるといえます。

STEP6:面接時のマナーの動画・解説

面接時のマナーとしては、以下の点に気を付けるようにしてください。

  • 面接官の顔を見ながら話す
  • 結論、理由、具体例の順番で話す

それぞれについて解説させていただきます。

重要!面接官が複数人いる場合は全員の顔を見ながら受け答えする

面接の基本として、話をしている人の顔を見るようにしてください。

また、話を聞いている間は、話している面接官の目を見るようにすればよいですが、複数人いる場合は話が途切れたタイミングで他の面接官に目を配るようにします。

自分が話しているときは、人数分だけ目を動かすようにしてください。

重要!受け答えは「結論・理由・具体例」の順番ですべし!

受け答えは結論から話すようにしてください。

結論・理由・具体例の順番で話すことで、論理的で説得力のある話し方をすることができます

出来るだけロジカルに伝えられるように工夫をしてみてください。

コラム:暑い場合はハンカチで汗を拭いてもOK!我慢はしないほうがいい

面接会場で夏場の場合、気温が高いので汗が出てしまうこともあります。

我慢せずにハンカチで汗を拭くようにしてください。

面接官も気を使ってしまいますので、我慢しないようにしてください。

STEP7:退席・退室のマナーの動画・解説

退席・退室のマナーとしては、以下の点に注意するようにしてください。

  • カバンに履歴書・手帳・会社案内のパンフレット・筆記用具を落ち着いてかたつけよう
  • お辞儀と挨拶・感謝を伝えよう
  • 面接が終わっても気を抜かないで!笑顔をキープ
  • ドアの手前で面接官に向きあらためて挨拶をする

それぞれについて解説させていただきます。

カバンに履歴書・手帳・会社案内のパンフレット・筆記用具を落ち着いてかたつけよう

鞄に履歴書といった持ち物をゆっくりと片づけるようにしてください。

慌ててガサガサとすると見苦しく見えてしまうので、落ち着いて片づけるようにしてください。

お辞儀と挨拶・感謝を伝えよう

感謝の言葉と共に、お辞儀をするようにしてください。

面接が終わって気が抜けないように、最後まで引き締めるようにしてください。

入室後の会話例

学生「本日は面接をしていただきありがとうございました」

面接官「本日はありがとうございました。お気をつけてお帰りください。」

面接が終わっても気を抜かないで!笑顔をキープ

面接が終わってからも気を抜かないで笑顔をキープするようにしてください。

また、面接が終わってホッとしたという態度も出さずに、面接中の気持ちのままいられるようにしてください

ドアの手前で面接官に向きあらためて挨拶をする

退室するときに何も言わずにそのまま出てしまうと素っ気ない印象になってしまいます

ドアの手前で面接官に改めて挨拶をして、お礼の言葉を伝えるようにしてください。

STEP8:建物から退館の解説

建物から退館する際には、受付に対してお辞儀とあいさつをするようにしましょう。

受付に対して入館許可証などを返す場合には、ありがとうございましたと感謝の言葉を受付に伝えるようにしてください。

スーツを着ている間は、気を抜かないように注意してください。

特に喫煙者でタバコを吸う場合など、うっかり会社の喫煙所でタバコを吸っていたせいで面接に落ちることもあります。

最後まで気を抜かないようにしましょう。

まとめ

面接でのマナーに関しては、最低限のマナーが守れていれば問題ありません。

面接のマナーが良いからといって合格になるものでなければ、不合格になるものでもありません

特に注意するべき点としては、会社では守衛さんや受付に対するマナーなどをしっかりと見ていることもあります。

受付で横柄な態度などを取らないように注意してください。

入館時から退館時までマナーを見られている可能性がありますので、気を抜かないようにしてください。

この記事を書いた人

監修者
髙橋弘樹

著者・監修者の髙橋弘樹です。
人事・採用を10年以上の実務で

・1,000人を超える人の面接
・給料相場の把握
・経営側の考え方

を経験してきました。

このサイトではリアルな就職・転職の実情を発信していきます。ご参考になれば幸いです。
詳細はこちら

ココがおすすめ

【最強】未経験からプログラマーになる方法

ITエンジニアは求人倍率11倍と全職種の中で一番求められている職種です。

常に人材不足のため基礎スキルさえあれば経験・年齢が問われず採用されます。

実際、3ヶ月程度の受講で転職事例は山程あり、DMM WEBCAMPでは98%が転職に成功しています。

しかも転職保証があるため就職に失敗したら受講料を返金してもらえます。

注意点は人気で受講枠がすぐ埋まります。気になった方は早めに相談(無料)だけでもしておきましょう。

>DMM WEBCAMPの無料相談はこちら

手に職がつくため将来は在宅でも仕事ができます。

就職・転職の悩みを本気でなくしたい方は情報収集からはじめましょう。

ハタラクティブ

  • 求人の職種が幅広く・豊富!営業・エンジニア・デザイナー・事務など多彩!
  • 就職支援実績15万名以上!他サービスを圧倒!!
  • 書類選考・面接のカウンセリングがマンツーマンで受けられる

正社員就職支援に強い「ジェイック」

  • 就職成功率は81.1%以上!定着率も91.3%で離職者も少なくホワイト企業多数!
  • 就職支援実績2万名以上!信頼・実績から書類選考免除の企業のみ紹介!
  • 自己分析・企業分析・社会人研修など支援サポートが手厚い!

就職率で選ぶなら「DYM就職」

  • 就職率は96%!正社員就職の圧倒的な成果で選ぶならDYM就職
  • 上場企業・ベンチャーなど優良企業2000社を書類選考免除で面接可能!
  • 就職できるまで自己分析・企業分析をエージェントが無料サポート!
質問・疑問・不安がある方は
お気軽にご相談ください

ご相談はこちら

-就活ノウハウ

ハタラクティブの無料相談
未経験からの正社員就職に強い
ハタラクティブの無料相談
未経験からの正社員就職に強い

Copyright© 既卒・ニート・第二新卒の就活戦略 , 2020 All Rights Reserved.