採用担当10年以上の経験・事例から既卒・ニート・第二新卒の就活をアドバイスしていきます!目指せ正社員!!

既卒・ニート・第二新卒の就活戦略

就活ノウハウ

仕事が見つからない理由はたった1つ!焦りや不安を感じている方は要チェック

更新日:

求人サイトを何度みても

「いい仕事が見つからない・・・」

「どうやって仕事を探せばいいのだろう?

と悩むことはありませんか?

自分に合った仕事が見つからないとき、焦りが出てしまいますよね。

家から近く・給料が高く・自分のスキルが行かせて・やりたい仕事・・・となると大体の方は仕事探しに苦労するでしょう。

ただし、ある考え方を持つと選択肢がグッと増え気になる求人も増えてきます。

ポイントは「したい仕事が少ない=求人の選択肢が少ない」ということです。

これをクリアできれば気になる仕事が見えてきます。

そのための具体的にどう行動すれば良いかも紹介しています。

記事の後半では年齢に応じたおすすめの転職方法も紹介しています。

最後まで読んでいただければ妥協では前向きな転職もできるようになるでしょう。

仕事がなく絶望している方はぜひ一読してみてください。

【最強】未経験からプログラマーになる方法

ITエンジニアは求人倍率11倍と全職種の中で一番求められている職種です。

常に人材不足のため基礎スキルさえあれば経験・年齢が問われず採用されます。

実際、3ヶ月程度の受講で転職事例は山程あり、DMM WEBCAMPでは98%が転職に成功しています。

しかも転職保証があるため就職に失敗したら受講料を返金してもらえます。

注意点は人気で受講枠がすぐ埋まります。気になった方は早めに相談(無料)だけでもしておきましょう。

>DMM WEBCAMPの無料相談はこちら

手に職がつくため将来は在宅でも仕事ができます。

就職・転職の悩みを本気でなくしたい方は情報収集からはじめましょう。

Contents

仕事が見つからない理由は「したい仕事の求人がない」から

「仕事が見つからない」と感じる方が多いでしょうが、具体的には「仕事がない」わけではなく、「したい仕事の求人がない」ということが事実でしょう。

ここで重要なポイントが、「したい仕事が少ない人」ほどヒットする求人が少ないということです。

では、どうすれば「したい仕事」が増えるのでしょうか?

そのポイントは

  • したい仕事を自己理解できていないケース
  • 業界・企業の興味が持てていないケース

という2つです。

これらを改善すれば、グッとしたい仕事が見えてきます。

具体的に解説していきます。

コラム:知名度の高い企業ばかり興味を持つ人は優良な中小企業を探してみよう

知名度の高い企業ばかり探していませんか。

実は企業の99.7%は中小企業です。

知名度の高い企業を受けることは良いことですが、現実的には中小企業が圧倒的に数が多いため、中小企業にも目を向けることが大切です。

自己分析と企業分析をしっかりと行い、自分に合った中小企業も探してみましょう。

自分自身のこれからしたい仕事と、企業の製造している製品や指針などをしっかりと吟味して、自分に合った会社を見つけることが大切です。

「仕事が見つからない理由」まとめ

  • 「仕事が見つからない」と感じる方が多いが、実際は「したい仕事の求人が少ない」のが事実。
  • したい仕事が少ない人ほど、ヒットする求人の数が少なくなる。
  • 知名度の高い企業ばかり探している人は、優良な中小企業にも目を向けてみるとよい。

次は、「したい仕事」が見つかっていないケースについて解説します。

したい仕事を見つけるには、とにかく情報を仕入れることと、自己分析が大切です。

「したい仕事」が見つかっていないケース

「したい仕事が見つからない」と悩んでいませんか。

したい仕事を見つけるには、自己分析の徹底が大切です。

自分自身がどんな仕事をしたいのか分からずに闇雲に求人を見ても疲労が溜まるだけです。

具体的には、以下の方法で探してみましょう。

  • したい仕事を見つけるためには自己分析が最重要
  • 自己分析とは自分の「強み」と「したいこと」の理解をすること
  • 自己分析が進まない場合は転職エージェントに相談する
  • 職業訓練を受けてみる

それぞれについて解説します。

したい仕事を見つけるためには自己分析が最重要

本当にしたい仕事を見つけようと考えるなら、自己分析をすることが重要です。

自分自身は何を本当はしたいのかを理解しないまま、仕事を探すことは避けるようにしましょう。

仕事への意欲がなければ面接にも落ちやすく、入社できたとしても叱られたときや挫折したときにすぐ退職してしまいます。

過去に遡り、自分史を作ることで、どんなときに自信がついたかなどの、自己分析を行うようにしましょう。

自己分析のやり方は「一生使える自己分析の方法!ステップ式で誰でも簡単に自己分析を深くする手順を全解説」で紹介しています。

適職を探すには絶対に自己分析が必要となります。

具体的な方法が分からない方は一度チェックしましょう。

一生使える自己分析の方法!ステップ式で誰でも簡単に自己分析を深くする手順を全解説

「自己分析ってどうすればいいのかな。やり方がわからない」 「自己分析の方法がわからないから、その方法を知りたい」 自己分析をしたくても「方法が分からない」と手が止まる方は多くいます。 でも絶対に諦めて ...

続きを見る

自己分析とは自分の「強み」と「したいこと」の理解をすること

自己分析とは、自分自身の強みがどこにあるのかを知り、そこからさらにしたいことにまで自己理解を進めます。

もし、「誰とでも打ち解けられる」「コミュニケーションに苦労したことがない」という強みがあり、「人の役に立つ仕事がしたい」という方であれば、営業・カスタマーサポート・介護など様々な仕事が見えてきます。

自分の強みとしたいことを書き出し、少しずつ深堀りをしていってみましょう。

注意点はすぐに自己分析は完了しないという点です。

まずやってみましょう。そうすれば、日々の何気ない出来事や感情から自分の理解が進み始めます。

意外な仕事が自分に合っていた、ということも少なくありません。

一生使える自己分析の方法!ステップ式で誰でも簡単に自己分析を深くする手順を全解説
一生使える自己分析の方法!ステップ式で誰でも簡単に自己分析を深くする手順を全解説

「自己分析ってどうすればいいのかな。やり方がわからない」 「自己分析の方法がわからないから、その方法を知りたい」 自己分析をしたくても「方法が分からない」と手が止まる方は多くいます。 でも絶対に諦めて ...

続きを見る

自己分析が進まない場合は転職エージェントに相談する

自己分析は絶対にするべきです。

上述したように、面接が通りづらかったり挫折したときに辞めてしまったりします。

就職・キャリアに関して自己分析ができていないのは損となります。

どうしても自己分析が進まない場合は、転職エージェントに相談するようにしましょう。

自己分析は客観視が必要となり、就職に関しては人事目線でのフィードバックが必要になるためです。

自分自身だけの自己分析をするのではなく、客観的に自分自身がどんな仕事に向いているのかなどを転職エージェントにアドバイスしてもらうようにしましょう。

職業訓練を受けてみる

自己分析がうまく行かないと悩んでいる場合、職業訓練校に行ってみることもおすすめです。

雇用保険の失業給付(失業保険)の受給資格がある場合には、お金をもらいながら勉強を教えてもらえます。

手に職が付けば選択肢は確実に増えていきます。

また、基本的には仕事を探している人しか登録できないのが職業訓練なので、いろんな業界を退職した人の話を聞くこともできます。

まさに業界の裏話満載なので、ぜひ、行ってみましょう。

筆者は京都の某上場企業の元管理部門の人の話を聞いて、応募を辞退したことがあります。

企業イメージに惑わされないようにしましょうね。

次は、業界・企業の興味が持てないケースについて解説します。

業界・企業の興味がもてないケース

「正直言って、どの企業も同じに見える」という人は危険信号です。

転職してもまた再転職することになる可能性が非常に高いです。

企業に興味を持てていない状態で就活をして、それで65歳の定年の日まで働けるだけのモチベーションを維持できる可能性は低いです。

実際に「正社員として就職さえできればどこでもよかった」と言って会社を去っていく人は若手を筆頭に非常に多く、筆者も20名近く退職面談を行ってきました。

そこで、以下のような方法で企業情報を入手することをおすすめします。

転職博に参加して企業の社員と話してみよう

転職博に参加して、企業の社員と話してみましょう。

転職博には各企業のエース社員が採用担当者と一緒に出席しています。

実際に成果を出している人の話なので、仕事のしんどい部分や、やりがいなど、非常にためになる話を聞くことができますよ。

どうしても興味が持てないときは転職エージェントに相談し企業を受けてみる

「求人になかなか興味が持てない」という方には、転職エージェントへの相談をおすすめします。

転職エージェントは自己分析手法を確立しているため、どんな仕事がしたいのか、どんな仕事が向いているのかなどを具体的に教えてもらえます。

優秀なエージェントであれば、業界情報などを把握して業界の裏側をしっかりと教えてもらえるので、ぜひ、活用してみましょう。

業界の裏側を知ることで、より、企業に興味を持つことができます。

自分ひとりでやきもきするよりも確実ですし、何よりも話を聞いてもらえるのですっきりします。

優秀な転職エージェントに出会うために3つくらいの登録がおすすめ

優秀な転職エージェントに出会うために、出来れば3つくらいは転職エージェントに登録しておきましょう。

各社ごとに持っている求人が違うケースもあるためです。

また、3つの意見を聞けば自己分析がより深まることもあります。

必ず複数利用することを徹底してください。

とくにこだわりがなければ、

がおすすめです。

似たように感じますが、独占求人の存在やサービス特徴・質が違います。

新卒や第二新卒なら「まずはやってみる」も大事

若者である、新卒や第二新卒なら、恐れずに「まずはやってみる」が大切です。

20代のうちは、失敗をしてもリカバリーがいくらでも効くためです。

失敗を恐れてアクションを起こさないでいるよりは、とりあえず仕事をしてみてから、判断しても良いです。

20代であれば未経験OKの求人もたくさんあります。

とくにハタラクティブやジェイックはおすすめです。

ハタラクティブは幅広い職種があるため適正にあった仕事選びができます。

ハタラクティブ

  • 求人の職種が幅広く・豊富!営業・エンジニア・デザイナー・事務など多彩!
  • 就職支援実績15万名以上!他サービスを圧倒!!
  • 書類選考・面接のカウンセリングがマンツーマンで受けられる

ジェイックであればセミナーさえ参加すれば書類選考を免除し10社以上と面接ができます。

正社員就職支援に強い「ジェイック」

  • 就職成功率は81.1%以上!定着率も91.3%で離職者も少なくホワイト企業多数!
  • 就職支援実績2万名以上!信頼・実績から書類選考免除の企業のみ紹介!
  • 自己分析・企業分析・社会人研修など支援サポートが手厚い!

どちらも20代若手なら正社員採用前提の求人のため内定率も80%以上と高いことが特徴です。

次は、自己分析後のアクションについて解説します。

仕事を実際に探してみましょう!

自己分析した後の年齢ごとの仕事の探し方

仕事を探すときに大切なのは、年齢ごとにやりかたを変えることです。

やり方が分かれば躊躇せずに、就活を進めることができます。

年齢ごとの仕事の探し方として、以下の方法があります。

  • 20代は興味関心から選ぶ
  • 30代は経験職種を活かすことが大鉄則
  • 40代で最後の転職をしたい方は、マネジメント経験またはスキルを活かす
  • 50代以上の転職は受かりやすい警備・介護などの仕事を選ぶ

が、おすすめの求人の探し方となります。

それぞれについて解説します。

20代は興味関心から選ぶ

20代は若いため、自分に適した仕事を興味関心から探すことをおすすめします。

若者は順応力が非常に高いため、「やってみたら面白かった。いつの間にか指導役になっていた」ということがよくあるためです。

興味関心から仕事を選んで、失敗を恐れずにやってみてください。

若いので、様々な可能性があります。

30代は経験職種を活かすことが大鉄則

30代は経験職種を活かすことが大鉄則となります。

企業の採用担当者は「経験のない人を採用するなら、若者がいい。」と考え、無意識に未経験者は若者を優先する傾向にあるためです。

ただし、未経験の仕事にチャレンジできないわけではありません。

過去に未経験の仕事から成功した事例や、意欲が高く熱心に取り組んでもらえる、仕事上で年下の上司でも素直に仕事が出来るという姿勢があれば30代でも可能でしょう。

面接でも積極的にアピールしましょう。

具体的には「未経験ですが、これまでずっとしたいと思ってきた仕事です。

この仕事ができるのであれば、どんな人からも素直に仕事上のことを吸収したいと思っています」

という風にアピールできる場面があればドンドンアピールしていきましょう。

下手に自分の仕事観やキャリアを前面に押し出すと、かえって不採用確立が高くなります。

40代で最後の転職をしたい方は、マネジメント経験またはスキルを活かす

40代で転職をする場合は、これが最後の転職だと意気込んで転職することをおすすめします。

マネジメント経験を活かすという方法と、培ってきたスキルを活かすという2つの戦略がとれます。

マネジメント経験は40代であればどんな職種にも大切なことですし、経験を活かすのであれば、スキルが高くて損することはありません。

使えるものはなんでも使いましょう。

具体的には、以下の方法があります。

  • マネジメント経験をいかす
  • 職種のスキル・経験を活かす
  • 歩合制のお仕事を検討する
  • 工場のライン職のお仕事を検討する

それぞれについて解説します。

マネジメント経験をいかす

部下を持った経験がある場合、マネジメント経験を活かすようにしましょう。

部下に対して仕事を采配して、成果を上げられる人物であるとアピールする必要性があります。

具体的には、以下のようなアピールが有効です。

「もしも管理職として採用された暁には、部下の気持ちを読み、気持ちよく働けるような采配をして成果をあげることが出来ると考えています。

実際に前職では、サポートに徹することで、部署として高い業績を残すことができました。

よく部下の話を聞き、経営層の話す計画を確実に履行する方法も自ら見つけることができます」

マネジメント経験といっても、会社の経営層の意見を無視して暴走する管理職はどこも欲しがりません。

しっかりと押さえるところは抑えましょう。

職種のスキル・経験を活かす

職種のスキルと経験を活かすようにしましょう。

40代ともなればこれまでの仕事上のスキルは十分に蓄積されていると判断されます。

そのため、具体的には、どんな仕事の場面で、どれくらいの時間で、どんな成果を上げることが出来るかを伝えるようにしましょう。

具体的には、以下のように伝えましょう。

「これまで20年近く、経理として仕事をしてきました。当然、単純な仕訳や決算書作成だけではなく、財務や税務方面にも知識があります。

これまでの企業で培った経験を活かして、御社の財務状況を把握し、適切な管理をすることができます」

上記のように、出来て当たり前の部分は発言してしまいましょう。

その上で、どんな部分で貢献できるかを伝えることで採用確率が高くなります。

歩合制のお仕事を検討する

歩合制のお仕事を検討するようにしてみて下さい。

歩合制の仕事は、個人の実績で大きく給与が変動する仕事です。

外資系企業の生命保険営業などが代表格です。

これまでの経歴はあまり関係なく、売れるかどうかだけで判断される世界ですが、売れれば平均年収よりも遥かに高い収入を得ることができます。

学歴など関係なく、高い給料を手に入れたいという方には非常におすすめです。

工場のライン職のお仕事を検討する

工場のライン職の仕事を検討するようにしましょう。

工場のライン職は、最近では敬遠されがちです。

若者の応募が少なくなっているため、ぜひ、狙ってみましょう。

工場のライン職に向いている方は、体力に自信がある方です。

ただし、腰などに持病のある方は避けましょう。

中腰の姿勢で作業することになるので、身体が悪くなります。

50代以上の転職は受かりやすい警備・介護などの仕事を選ぶ

50代以上の方は、受かりやすい警備・介護の仕事を探してみましょう。

「警備や介護なんてやりたくない」と無意識に敬遠していませんか。

警備の仕事は、工場などの警備をする会社であれば、非常にゆっくりと仕事ができます。

自分のペースで出来る仕事なので、ぜひ、検討してみてください。

大手のグループ会社であればボーナスなども非常に高額です。

介護の求人はきらケア介護求人がおすすめです。

高給・休日・職場環境に配慮した求人が多くあります。

>きらケア介護求人の仕事情報はこちら

次は、主婦の方や、現金のない方への情報です。

当座のお金に困っていたり、主婦で仕事を探している方には耳寄りな情報を伝えます。

主婦の方や、現金のない方へ

「仕事を探そうにも、お金がないし、主婦だから採用してくれるところもない」と悩んでいませんか。

主婦の方はマザーズハローワークがありますし、お金に困っている方はハローワークでお金を借りるという手もあります。

具体的には、以下のような方法があります。

  • 主婦の方は、マザーズハローワークへ行こう
  • 当面の現金がなくて焦る方はハローワークで生活費を借りよう

それぞれについて解説します。

主婦の方は、マザーズハローワークへ行こう

主婦の方はぜひ、マザーズハローワークを利用しましょう。

普通のハローワークよりも比較的、好立地なところにある上、仕事と育児の両立が可能な求人が用意されています。

気軽に立ち寄ることができるので、ぜひ、一度足を運んでみて下さい。

参考:はじめての方へ | マザーズハローワーク東京

当面の現金がなくて焦る方はハローワークで生活費を借りよう

当面の現金がなくて困っている方は、ハローワークで、以下のお金を借りるか、給付金を受けることができます。

  • 住居確保給付金支給事業(給付金)
  • 総合支援資金の貸付(借入)

上記はいずれも、仕事を探していることが前提でお金を借りるか、給付を受けることができます。

仕事がなくて家賃が払えない、生活ができないという状態に陥っていたとしたら、申請してお金を借りるか給付を受けるようにしてください。

参考:京都市:京都市住居確保給付金支給事業について

参考:「総合支援資金貸付」に関するQ&A|厚生労働省

まとめ

仕事が見つからない原因は、「したい仕事」が分からないことが原因です。

したい仕事を自己理解できていないケースと、業界・企業の興味が持てていないケースがあります。

自己分析や業界研究を徹底することで、したい仕事を見つけることが大切です。

したい仕事が見つかっていないケースの場合には、とにかく自己分析を徹底しましょう。

業界や企業に興味を持てていないケースの場合は、転職博に参加するなどして、企業の話を実際に聞いてみることが大切です。

自己分析と業界分析が終わったら、年齢ごとに就活の方法を考えましょう。

20代は、興味を重視しましょう。

30代は経験を活かすようにしましょう。

40代は、マネジメントスキルで勝負するか、スキルで勝負するかを決めましょう。

50代は警備の仕事など、採用されやすい業種を狙ってみましょう。

主婦の方は、マザーズハローワークを活用しましょう。

当座のお金に困っている場合は、ハローワークでお金を借りるか、給付金を受けるようにしましょう。

この記事を書いた人

監修者
髙橋弘樹

著者・監修者の髙橋弘樹です。
人事・採用を10年以上の実務で

・1,000人を超える人の面接
・給料相場の把握
・経営側の考え方

を経験してきました。

このサイトではリアルな実情を発信していきますの参考になれば幸いです。
詳細はこちら

【最強】未経験からプログラマーになる方法

ITエンジニアは求人倍率11倍と全職種の中で一番求められている職種です。

常に人材不足のため基礎スキルさえあれば経験・年齢が問われず採用されます。

実際、3ヶ月程度の受講で転職事例は山程あり、DMM WEBCAMPでは98%が転職に成功しています。

しかも転職保証があるため就職に失敗したら受講料を返金してもらえます。

注意点は人気で受講枠がすぐ埋まります。気になった方は早めに相談(無料)だけでもしておきましょう。

>DMM WEBCAMPの無料相談はこちら

手に職がつくため将来は在宅でも仕事ができます。

就職・転職の悩みを本気でなくしたい方は情報収集からはじめましょう。

ハタラクティブ

  • 求人の職種が幅広く・豊富!営業・エンジニア・デザイナー・事務など多彩!
  • 就職支援実績15万名以上!他サービスを圧倒!!
  • 書類選考・面接のカウンセリングがマンツーマンで受けられる

正社員就職支援に強い「ジェイック」

  • 就職成功率は81.1%以上!定着率も91.3%で離職者も少なくホワイト企業多数!
  • 就職支援実績2万名以上!信頼・実績から書類選考免除の企業のみ紹介!
  • 自己分析・企業分析・社会人研修など支援サポートが手厚い!

就職率で選ぶなら「DYM就職」

  • 就職率は96%!正社員就職の圧倒的な成果で選ぶならDYM就職
  • 上場企業・ベンチャーなど優良企業2000社を書類選考免除で面接可能!
  • 就職できるまで自己分析・企業分析をエージェントが無料サポート!
質問・疑問・不安がある方は
お気軽にご相談ください

ご相談はこちら

-就活ノウハウ

書類選考なし!だから就職率は96%!
優良企業は2,000社以上
書類選考なし!就職率96%
優良企業は2,000社以上

Copyright© 既卒・ニート・第二新卒の就活戦略 , 2020 All Rights Reserved.