採用担当10年以上の経験・事例から既卒・ニート・第二新卒の就活をアドバイスしていきます!目指せ正社員!!

既卒・ニート・第二新卒の就活戦略

就活ノウハウ

【人事は見た】仕事をすぐ辞める人の共通点7個!もう失敗したくないあなたへ

更新日:

転職回数が多いと、

「また仕事をすぐ辞めてしまった。。」

「私は仕事が続かない人間なんじゃないか」

「なにをやっても続かない私は、社会不適合者なんじゃないか」

と悩んでしまいませんか?

仕事を1年以内などの短期間で辞めることには多大なリスクがあります。

日本は勤続年数で給与決定を行うことが主流のため、転職を繰り返すと「一つの職場にずっと落ち着けない人」というレッテルを貼られてしまうためです。

でも安心してください。

私は人事を10年やってきましたが、仕事をすぐ辞めてしまう人には共通して原因があります。

その原因を取り除けば、自分に合った職場で長く勤めることが出来ます。

この記事では、会社を短期間で辞めてしまう人の特徴や、対処策をわかりやすく解説していますので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

【最強】未経験からプログラマーになる方法

ITエンジニアは求人倍率11倍と全職種の中で一番求められている職種です。

常に人材不足のため基礎スキルさえあれば経験・年齢が問われず採用されます。

実際、3ヶ月程度の受講で転職事例は山程あり、DMM WEBCAMPでは98%が転職に成功しています。

しかも転職保証があるため就職に失敗したら受講料を返金してもらえます。

注意点は人気で受講枠がすぐ埋まります。気になった方は早めに相談(無料)だけでもしておきましょう。

>DMM WEBCAMPの無料相談はこちら

手に職がつくため将来は在宅でも仕事ができます。

就職・転職の悩みを本気でなくしたい方は情報収集からはじめましょう。

【採用担当者からの警告】「仕事をすぐに辞める」リスク4個

「仕事をすぐに辞めるとどんなリスクがあるの」と気になっていませんか。

仕事を短期間で離職すると、転職先が見つけられなくなるというリスクや、失業保険を受け取れなくなるというリスクがあります。

具体的には、4つのリスクがあります。

  • 仕事をすぐ辞めた回数が2回以上だと内定が出づらい
  • 失業保険を受け取れない
  • 辞め癖がつく
  • 短い在籍期間のせいでホワイト企業にいてもホワイトと認識できない

それぞれについて解説します。

リスク1:仕事をすぐ辞めた回数が2回以上だと内定が出づらい

仕事を短期間で離職した回数が2回以上あると内定が出づらくなります。

そもそも日本は新卒入社して65歳の定年まで働くという図式が成立しています。

そのため、短い期間で離職する社員が存在するというケースそのものを想定していません。

2度も早期離職をしてしまったが最後、受け入れてくれる職場がどんどん減っていきます。

リスク2:失業保険を受け取れない

失業保険を受け取るには、

  • 会社都合のケースは半年以上在籍
  • 自己都合のケースは1年以上の在籍期間

が必要です。

あまりにも短い期間で会社を辞めてしまえば、失業中の唯一の収入源である失業保険を受け取ることができなくなります。

出来れば1年以上在籍するようにしましょう。

リスク3:辞め癖がつく

辞め癖がついてしまうと、些細なことで転職するようになります。

特に人間関係が理由の転職は、避けるようにしましょう。

どこの職場にいってもほぼ100%に近い確率で、嫌な人はいます。

スルー出来るように人間関係を受け流せる胆力を持つようにしましょう。

リスク4:短い在籍期間のせいでホワイト企業にいてもホワイトと認識できない

残業もなく、給料も良く、育ててもらえ、厳しい上司もいないといったようなホワイトな仕事環境にいても、短期離職をする人がいます。

ホワイト企業にせっかくいるのに転職すると、もっとブラックな企業に捕まります。

確実なブラック企業であることが判明している場合は別ですが、企業体質を客観的に把握できるまで(出来れば2年以上)は会社にいるようにしましょう。

次は、失敗しがちな人の辞め方の特徴について解説します。

筆者はたくさんの退職社を見てきています。

失敗したくない人は絶対に一読してください。

【人事は見た】失敗しがちな人の辞め方の特徴

「会社を短期間で辞めてしまう人にはどんな特徴があるの」と気になっていませんか。

仕事をすぐ辞めて失敗してしまう人は、まず、自分が何をしたいのかを理解できていない傾向にあります。

具体的には、以下のような人です。

  • うつ病などの病気
  • やりたい仕事が分かっていない
  • 被害者意識が強すぎる
  • 人間関係が苦手
  • 辞め癖がついている
  • 理想が高すぎる
  • 我慢できない

それぞれについて解説します。

うつ病などの病気

うつ病などの病気は、出来るだけ完治してから就職することがおすすめです。

退職・仕事選びなど、人生における重要な判断は健康なときにしましょう。

中途半端に治療して、就職して、そのたびに再発して早期離職して。

そんなことはいつまでも続きません。

職歴の間が空いてしまうことよりも、治療を優先して、休職し症状が抑えられるようになってから、仕事に挑戦してみて下さい。

やりたい仕事が分かっていない

どんな仕事が心からやりたいかを明確にせず退職すると失敗します。

転職先で少なからず仕事や人間関係で悩むことが出てきます。

そのときに、「また退職しよう」と安易に考えてしまうものです。

このような状態にならないためにも、意欲ある仕事選びが重要です。

なんとなくお金のためにする仕事は、あとで必ず後悔を生みます。

自己分析を徹底して、やりたいことを考えるようにしましょう。

被害者意識が強すぎる

仕事をすることに対して、被害者意識がありませんか。

仕事は他人のためにするものではなく、自分自身のためにするものです。

「お金がないから働かないとダメなんだ」というものも、もちろん仕事をする動機としては立派です。

しかし、「働かなくてはならないから働く」のではなく「自分が世の中に貢献するために働く」と思って働くのでは、10年後に雲泥の違いがでます。

自分自身の仕事に対する意識を少しでも高めるようにしましょう。

参考:「3人のレンガ職人」のイソップ寓話から働くことの意味を考えてみた。

人間関係が苦手

人間関係が苦手で、すぐに辞めてしまう人がいます。

「あのうざい上司は、いつになったら異動になるんだろうか」「あのうっとうしい同僚や先輩さえいなければいい会社なのに」と悩む気持ちはとてもよく分かります。

しかし、どこの会社にいっても苦手な人は出現します。

大事なのは、「職場には遊びにいっているわけではない。仕事をしに来ている」と考えることです。

黙々と仕事をして成果を上げれば、自然と雑音が消えていきます。

もう少し我慢してみましょう。

辞め癖がついている

辞め癖がついてしまうと、些細なことで辞めることになります。

どんな職場でも完璧な職場などあり得ないため、些細なことで辞めるくせがつくと、どこにいっても自分の居場所を見つけることができません。

まずは正社員として仕事を始めたら、自分の足場を固めるクセをつけるようにしましょう。

勤続年数が短くても、根を張ることはできます。

自分なりのポジションを確保して、辞めることを避けるようにしましょう。

理想が高すぎる

理想が高いことは素晴らしいことですが、職場には大勢の人たちがいます。

たくさんいる社員、全員の意識が高いということは、まずあり得ません。

経営者が発破をかけても、なかなか社員の意識が統一されることはありません。

一般社員が理想を高く持っても、社員の意識を高めることは難しいです。

うまく周囲と協調して、それなりに折り合いをつけて仕事をしていくようにしましょう。

我慢できない

「なんでこんなことをさせられるんだ。辞めてやる」と、言って、我慢できずに本当に辞めてしまう人がいます。

会社員になれば、嫌なことも良いこともたくさん起こります。

嫌なことばかりに目を向けるのは避けるようにしましょう。

65歳まで働く職場なので、良いことの方に目を向ければきっと乗り越えることができるはずです。

仕事をすぐ辞めてしまう人の特徴まとめ

  • うつ病などの病気がある。
  • やりたい仕事が分かっていない。
  • 被害者意識が強すぎる。
  • 人間関係が苦手。
  • 辞め癖がついている。
  • 理想が高すぎる。
  • 嫌なことがあったときに、我慢ができない。

次は、仕事が続かない人の原因と対策の方法について伝えます。

自分なりに条件を決めて、ラインを定めるようにしましょう。

仕事が続かない人の原因と対処策

「また会社辞めたい。どうすれば辞めないようになるの」と嘆いていませんか。

仕事を辞めないようにするための第一歩は、自己分析の徹底と、会社選びの軸を持つことです。

自己分析が曖昧なままだと、自分自身がどんな方向性で仕事をしていいのかが分からず、結局、すぐ辞めることになります。

また、どんな会社だったら我慢して仕事をできるのかを考えるようにしましょう。

以下のように会社に求めることを決めておきましょう。

  • 残業がなければOK
  • 休日出勤がなければOK
  • しんどくても給料が高ければOK
  • 事務ならOK

など、具体的に条件を決めて会社選びの軸を持つようにしましょう。

次は、会社を辞めても大丈夫なパターンについて解説します。

基本的に、筆者はステップアップ転職はOKだと考えています。

ステップアップ転職な人は辞めてもOK!ただしリスクはなくならない

ステップアップ転職をする人は辞めても問題ありません。

待遇や仕事内容がグレードアップする転職をする方も同様です。

具体的には、

  • 中小企業から大企業へ行く場合
  • 今の会社じゃできない規模・役割の場合(ただし同じ職種に限る)
  • やりたい仕事が見つかりその勉強とアウトプットが1年以上できている場合

などです。

ただし、リスクはついて回ることを理解するようにしましょう。

転職回数が増えてしまうということは、それだけ後で転職しにくくなるためです。

リスク(転職しにくくなる)とリターン(大企業や、待遇の良い会社で仕事ができる)を天秤にかけて転職をするようにしましょう。

仕事は会社に残った人が死ぬ気で回していく。最優先すべきは自分の人生。

「私が辞めたらこの仕事は誰がやるんだろうか」と思いつめていませんか。

仕事は会社に残った人間が死ぬ気で回していきます。

あなたが辞めても他の誰かがあなたのあけた穴を埋めます。

それが会社組織です。

辞めた人を採用・アサイン・育成するのは企業の経営陣の仕事です。

転職が決まったなら、振り返らずに職場を去る勇気を持ちましょう。

次は、絶対にしておくべきリスクヘッジを紹介しておきます。

これができていないと、焦りから不本意な転職となってしまいます。

退職するなら次の職場を先に見つけるべし

「もうこの会社は我慢できない!」とすぐに会社を辞めてはいけません。

必ず次の職場を見つけてから、転職するようにしましょう。

うつ病などを発症している人は、会社に傷病手当金を申請して休職をして冷静になりましょう。

病気の病態で人生の大きな判断をすることは絶対にやめておきましょう。

また、残業時間が月30時間以内なら、在籍ながらの転職活動をおすすめします。

残業時間が短ければ比較的、平日の遅い時間帯でも面接してくれる会社があるため面接にいきやすいためです。

次の職場を決めずに辞めた場合、転職期間が長引くほど「焦り」が出てきます。

焦りが出ると、家族や友人・転職エージェントなどから急かされ、妥協した企業・仕事内容に就職する確率が高くなります。

不本意な転職はまた「すぐ辞める」ことに繋がるため、必ず次の職場の内定を得てから退職しましょう。

まとめ

仕事をすぐに辞めると、リスクが非常に大きくなります。

転職がしにくくなったり、失業保険が貰えなかったり、辞め癖がついてしまい、ホワイト企業にいてもホワイト企業と認識できず、自分からブラック企業に堕ちていく人もいます。

すぐに辞める人の特徴として、うつ病などが完治していなかったり、自己分析が甘かったり、人間関係が苦手などの特徴があります。

すぐ辞めないようにするための対策として、自分なりに会社に求める条件を決めることや、自己分析を徹底することで、自分自身が何をしたいかについて理解する必要があります。

仕事を辞めるときは、必ず次の会社を決めてから退職するようにしましょう。

この記事を書いた人

監修者
髙橋弘樹

著者・監修者の髙橋弘樹です。
人事・採用を10年以上の実務で

・1,000人を超える人の面接
・給料相場の把握
・経営側の考え方

を経験してきました。

このサイトではリアルな実情を発信していきますの参考になれば幸いです。
詳細はこちら

【最強】未経験からプログラマーになる方法

ITエンジニアは求人倍率11倍と全職種の中で一番求められている職種です。

常に人材不足のため基礎スキルさえあれば経験・年齢が問われず採用されます。

実際、3ヶ月程度の受講で転職事例は山程あり、DMM WEBCAMPでは98%が転職に成功しています。

しかも転職保証があるため就職に失敗したら受講料を返金してもらえます。

注意点は人気で受講枠がすぐ埋まります。気になった方は早めに相談(無料)だけでもしておきましょう。

>DMM WEBCAMPの無料相談はこちら

手に職がつくため将来は在宅でも仕事ができます。

就職・転職の悩みを本気でなくしたい方は情報収集からはじめましょう。

ハタラクティブ

  • 求人の職種が幅広く・豊富!営業・エンジニア・デザイナー・事務など多彩!
  • 就職支援実績15万名以上!他サービスを圧倒!!
  • 書類選考・面接のカウンセリングがマンツーマンで受けられる

正社員就職支援に強い「ジェイック」

  • 就職成功率は81.1%以上!定着率も91.3%で離職者も少なくホワイト企業多数!
  • 就職支援実績2万名以上!信頼・実績から書類選考免除の企業のみ紹介!
  • 自己分析・企業分析・社会人研修など支援サポートが手厚い!

就職率で選ぶなら「DYM就職」

  • 就職率は96%!正社員就職の圧倒的な成果で選ぶならDYM就職
  • 上場企業・ベンチャーなど優良企業2000社を書類選考免除で面接可能!
  • 就職できるまで自己分析・企業分析をエージェントが無料サポート!
質問・疑問・不安がある方は
お気軽にご相談ください

ご相談はこちら

-就活ノウハウ

書類選考なし!だから就職率は96%!
優良企業は2,000社以上
書類選考なし!就職率96%
優良企業は2,000社以上

Copyright© 既卒・ニート・第二新卒の就活戦略 , 2020 All Rights Reserved.