採用担当10年以上の経験・事例から既卒・ニート・第二新卒の就活をアドバイスしていきます!目指せ正社員!!

既卒・ニート・第二新卒の就活戦略

就活ノウハウ

【新卒枠を逃すな】採用における新卒の意味は卒業後3年以内に新卒枠で入社する人材

更新日:

【新卒枠を逃すな】採用における新卒の意味は卒業後3年以内に新卒枠で入社する人材

就活をしている既卒(フリーター・ニート)・第二新卒の方から「新卒」の定義をよく聞かれます。

「卒業して就職してないけど新卒で応募できるのかな?」

「既卒何年後までが新卒なのかな?」

「第二新卒でも新卒枠に応募できるのかな?中途採用とどちらがいいのだろう?」

など、自分がどの求人に応募資格があるか分からずに悩んでいる方は非常に多いです。

私はこれまで約10年間、採用担当者を勤めてきました。

確かに現在は新卒採用を含めて採用区分そのものが曖昧となっています。

事実、卒業後3年以内は新卒扱いする企業も出現しているため既卒であっても新卒扱いで企業に入社することは可能です。

実例は後述しますが、厚生労働省が呼びかけているので例外対応というわけではありません。

参考:3年以内既卒者は新卒枠で応募受付を!! 厚生労働省

この文章を読めば現在の就活における新卒の意味と、採用区分について知り、自分に有利な形で就職活動をすることができます。

既卒・第二新卒で、新卒枠で応募したいと考えている方は、読まないと大企業に就職できず一生後悔することになりますよ!

【最強】未経験からプログラマーになる方法

ITエンジニアは求人倍率11倍と全職種の中で一番求められている職種です。

常に人材不足のため基礎スキルさえあれば経験・年齢が問われず採用されます。

実際、3ヶ月程度の受講で転職事例は山程あり、DMM WEBCAMPでは98%が転職に成功しています。

しかも転職保証があるため就職に失敗したら受講料を返金してもらえます。

注意点は人気で受講枠がすぐ埋まります。気になった方は早めに相談(無料)だけでもしておきましょう。

>DMM WEBCAMPの無料相談はこちら

手に職がつくため将来は在宅でも仕事ができます。

就職・転職の悩みを本気でなくしたい方は情報収集からはじめましょう。

ココがおすすめ

新卒の意味は実は2通りある

「自分のいったいどんな区分で求人に応募すれば良いのかな」と迷っていませんか。

実は、新卒の意味は実は現在、以下の2通りあります。

2010年以前であれば新卒扱いされる人材は、学校に在学中で就職活動をする学生だけでしたが、2011年以降は新卒3年以内を対象にいれたため、少し変化しています。

以下の2通りがあります。

  • 一般常識的な意味での新卒
  • 就活における新卒

それぞれについて解説します。

意味1:一般常識の新卒とは在学中に就職活動をして卒業と同時に就職する人材

一般常識の意味での新卒は、学校に在学中に就職活動を行い、卒業をするのと同時に企業に就職する学生を指します。

企業にとっては一番採用しやすい入社形態となっており、新卒採用にこだわる企業は多いです。

また、学生にとっては最も就職しやすいため、双方にとって便利であるといえますね。

一般常識的には在学中に就職活動をして内定を獲得して、企業に入社するのが新卒といえます。

意味2:就活における新卒とは卒業後3年以内に企業に新卒扱いで入社しようとする人材

就活における新卒とは卒業後3年以内に企業に新卒扱いで入社しようとする人材を指します。

卒業後3年間の既卒者は新卒枠で就職することができます。

「え?卒業して3年間も新卒で入れるてどうして?」ときになる方もおおいでしょうが、2010年度にリーマンショックにより内定をとれないまま卒業した学生が大量に出てしまったため、厚生労働省の呼びかけで始まりました。

参考:3年以内既卒者は新卒枠で応募受付を!! 厚生労働省

最近では好景気かつ若手の人口減少により企業の人手不足が深刻化しています。

そのため大手でも卒業後3年以内の既卒者を新卒扱いにしないと採用充足できない状態に陥っています。

知名度のない中小企業は大手以上に採用できない状況です。

日本の企業の大半は中小企業であり、優良企業も多くあります。

当然、競争倍率も低いため容易に内定が取りやすいでしょう。

このような状況から就職における新卒とは卒業見込みから卒業3年以内の方となっています。

もちろん高卒でも新卒扱いになる

高卒でも新卒扱いとなります。

高卒者の場合は学校が企業の採用担当者と連携しており、高卒新卒として高校を卒業してすぐに就職するパターンがまだまだ多いです。

もしもどこにも就職せずに就職しなかった場合も、卒業後3年以内は新卒扱いで採用される可能性があります。

高卒でも新卒扱いになりますので応募するようにしてみてください。

次は、将来のあなたの考えた提案を文書で行います。

10年間の人事経験を凝縮して伝えますので、絶対に読んでください。

超重要!高待遇は新卒枠!積極的に狙おう

65歳定年までの長いキャリアを考慮すると、新卒扱いで企業に入ることが最も重要であるといえます。

特に大企業ではその傾向が強くなります。

私が採用担当者として勤務していた三菱を筆頭とした従業員数1万人を超える上場企業では、新卒と中途採用者では扱いが異なったためです。

具体的には、以下のようなことがあります。

  • 新卒のメリットとデメリット
  • 新卒であれば企業からは大切にされる

について解説します。

新卒のメリットとデメリット

新卒のメリットとして、1から企業に育ててもらえるというメリットがあります。

新卒は企業が全ての責任をもって、給料を払い、研修を行い、3年間で1人立ちするまでの間に1,000万円のコストを覚悟して採用します。

また新卒は定年になるころには役員や部長職といった重要なポストを担う予備軍として出世レースでも有利になることが多いです。

それだけではなく、新卒であれば同期がいて、お互いに愚痴を言ったり励まし合う同じ釜の飯を食った仲間ができます。

反対にデメリットとしては、難しい仕事を任されることが少ない傾向にあるため、ある意味、甘やかされて育てられてしまう点です。

任せてもらえる仕事の難易度が高ければ高いほど、仕事能力は向上していくため、新卒は仕事能力の向上が鈍化するのがデメリットといえます。

また転職の際にも同じことがいえます。

大企業で一生仕事をしていく覚悟がある場合には問題ありませんが、転職を考えたときに大企業出身者は年齢に対して仕事能力が足らないことがあり、転職しにくいという現象が起こり得ます。

新卒であれば企業からは大切にされる

会社で新卒はとても大切にされます。

難しい仕事は中途採用者に任せて、簡単な仕事は新卒採用者に振ることで、企業は新卒者を会社内で温存する傾向にあるためです。

実際に私が上場している重機メーカーから自動車メーカーへ転職した際には、入社1週間後から部下を持たせて厳しい仕事を任せられるといったことを経験しています。

同年齢の新卒採用の人事部員はまだまだ給与計算といった基礎レベルの仕事しかせずに定時退社が当たり前なのに対して、私は人事企画といった制度作成で朝6時から夜22時まで残業でした。

このとき新卒はやっぱり大事にされているな、と感じました。

次は、どこまでが新卒扱いされるのかについて紹介します。

年齢が一つのカギとなっています。

どこまでが新卒扱いされる?限度は29歳まで!

新卒扱いされるのはずばり29歳までです。

理由としては、30歳を過ぎると中途採用者として戦力を採用したいというニーズが企業側に出てくるためです。

実際に大手企業も「30歳まで新卒採用」と掲げて採用を進めています。

参考:30歳まで「新卒採用」 損保ジャパンなど、門戸広げ人材確保|日本経済新聞

20代と30代以降の就活戦略について徹底的に解説します。

29歳までは新卒枠を狙え

29歳までは新卒枠を狙って就活をするようにしましょう。

29歳までであればまだ20代ということでこれから鍛えていきたいという企業があるためです。

20代であればまだまだ仕事能力が未知数な部分があり、伸びしろにも期待できます。

29歳以下は、積極的に新卒採用枠を狙っていきましょう。

ただし、新卒扱いされるため、年齢によって給与が加算される可能性は低いといえます。

ただ年齢給が仮にもらえなくとも、新卒枠で入社したほうが出世スピードや将来の扱いなどを考慮すると、新卒枠を狙ったほうがよいといえます。

30歳以降は既卒枠を狙え

30歳以降は既卒枠を狙うようにしましょう。

【女・高卒・30代も必見】職歴なしで就職する鉄則を伝授!無職脱出の最善策とは?」でも紹介しましたが、既卒枠を狙った就職活動をする方法について解説しています。

【女・高卒・30代も必見】職歴なしで就職する鉄則を伝授!無職脱出の最善策とは?

続きを見る

第二新卒の就活戦略は「新卒枠」を狙え

第二新卒であっても、就活戦略として新卒枠を狙うようにしましょう。

第二新卒の場合は職歴が2年程度あるため、第二新卒枠で採用されれば企業にとっては再教育するコストを大幅に削減できるメリットがあるため採用されやすいです。

そんな第二新卒でも新卒枠を狙うことをおすすめします。

第二新卒で入社するということは1から企業のことを学ぶ機会を与えられず職歴も短いのに一人前として入社後に扱われることもあり得るためです。

仕事のプレッシャーが想像以上に激しく早期離職する人もいます。

年齢給や職歴による加算給が貰えなかったとしても、出来るだけ新卒枠を狙うようにしましょう。

第二新卒とは何?定義について解説

第二新卒とは新卒で入社した企業を3年未満で退職済みまたは予定で転職活動をしている人材を指します。

企業にとってはすでに1度他社から内定が出ている人材であるというお墨付きがある状態なので採用しやすいというメリットがあります。

また、新卒のように教育研修を行うコストがかかりません。

採用側はメリットが大きい採用手法ですが、採用される側は採用されやすい代わりに即戦力化を過度に求めら、それによる激しい仕事によるプレッシャーなど、採用されやすい以外はメリットが薄いといえます。

次は、既卒が新卒枠で就職活動を行う上で押さえるポイントについて解説します。

このポイントを押さえておかないとなかなか面接が上手くいきません。

しっかり対策していきましょう。

既卒が新卒枠の就職活動で押さえるポイントがある

「新卒枠で採用されるほうが有利なのはわかったけれど、どうすれば採用されるの」と疑問があるのではないでしょうか? 

既卒者が新卒枠で内定をとるために重要なのは

  • 新卒者よりも高い意欲
  • バイタリティ・気力・挑戦心
  • 伸びしろを感じさせるポテンシャル

の3つです。

意欲面以外はほとんど新卒と問われることは変わらないといえます。

それぞれについて解説します。

新卒者よりも就職意欲があることが差別化材料になる!

既卒者が新卒採用されるにあたっては、ライバルの新卒者よりも就職意欲が高いところを示す必要性があります。

難しいように感じても、実は新卒よりも既卒者の方が就職意欲を高く見せる方法があります。

既卒になってアルバイトなどを転々としていて、正社員のように難しい仕事を任せてもらえずに悔しい思いをしたといったエピソードは非常に面接官に刺さります。

面接官に対して、強烈な仕事への飢えを感じさせるようにしてみてください。

仕事に対してハングリーになれる人材を好む企業も非常に多いです。

バイタリティ・気力・挑戦心

新卒採用では若者らしいバイタリティが求められることが多いです。

体力だけではなく、気力や挑戦心もあるかどうかを問われます。

元気な人材が一番であり、面接の場では出来るだけ明るく振舞うようにするようにしましょう。

伸びしろを感じさせるポテンシャル

新卒採用では未経験が前提です。

そのため強い興味心・志望動機とそれを裏付ける勉強意欲や行動力が伸びしろを感じさせます。

いまは即戦力でなくても数カ月後から戦力になるようなポテンシャルを感じさせることが大切です。

例えば、既卒になってしまったけれど、自分なりにやりたいことがあってずっと続けてきたが諦めて再就職したというパターンなどです。

何かに打ち込んできた経験はポテンシャルを示すのに絶好のアピール材料であるといえます。

ポテンシャルを示すようにしましょう。

既卒は新卒扱いされるけど採用に不利なポイントがある!

既卒でも卒業後3年以内は新卒応募できる企業も多いですが、新卒に比べて不利なポイントがあります。

  • 空白期間があること
  • 就職意欲が低いとみられる可能性がある
  • なぜ新卒時に就職活動をしなかったのか不安

これらをクリアしないと内定はでません。

詳しく解説していきます。

空白期間があること

日本企業は空白期間に対して強い違和感を感じる傾向にあります。

そのため空白期間がある方に対し「何をしてきたのか」を強く問われます。

いまからでも本を100冊読むなど、面接で語れるエピソードを作るように活動することをおすすめします。

「空白期間が怖い」「面接でどう答えたらいいかイメージが付かない」という方は「【空白期間が不安な方へ】面接での答え方のコツと正社員への就職方法」もご覧ください。

空白期間の答え方について解説しています。

【空白期間が不安な方へ】面接での答え方のコツと正社員への就職方法

続きを見る

なぜ新卒時に就職活動をしなかったのか不安

新卒の段階で就職しないと、就職意欲が低いとみなされる可能性も高いです。

新卒段階で就職しなかった理由を客観的に伝えられるようにしておきましょう。

逆にいえばここさえしっかりと説明できればしっかりと内定が出る可能性があります

事例紹介

実際に既卒から新卒枠で内定がでた事例を紹介します。

25歳まではイラスト作成を行うフリーランスとして活動されてきた方でした。

1ヶ月10万円程度はクラウドソーシングやブログで稼いでいたそうです。

しかし、社会人経験がないことが致命的な弱点となっており、営業活動に支障がでて就職をして経験を積みたいということで採用されました。

定着への不安はありますが、決め手となったのはクライアントとのやり取りです。

お金を2万円もらうとしたら3万円分のクオリティで仕事をすることをこころがけていたということでした。

営業職には必須のマインドですし、納品から代金回収までをしっかりと理解していることから、営業職として採用されました。

次は、大手企業を狙う具体的な方法について解説します。

大手にこだわるなら、この方法以外はないでしょう。

絶対に読んでいってくださいね。

大手を狙うなら直接応募!

既卒者が大手企業の新卒枠を狙う場合には、企業のホームページからの直接エントリーが良い手段であるといえます。

実は大手企業では人知れず新卒採用の募集対象に「既卒の方で新規卒業予定者と同じ枠組みによる採用を希望される方」などと、希望者ベースで募集していることが多いためです。

下の例は富士通の例です。

参考:募集要項 - 採用情報 : 富士通

「ここは無理だろうな」と諦める前に一度ご自身で既卒者の募集がないか確認してください。

富士通の例では既卒3年という制限がないです。

しかも職歴の有無も関係ないということは第二新卒の方も新卒枠で就職できることを意味しています。

気になる企業は自ら調べ積極的に応募してください。

ただ、内定がなかなか取れない人や就活のコツがつかめていない人は民間大手就職支援会社を利用してみましょう。

専任のキャリアアドバイザーに自己分析や面接対策をしてもらえるため、内定を取れる確率がグッと上がります。

ちなみに筆者のおすすめはマイナビジョブ20’sです。

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20sは大手就職サービスを展開する企業であるマイナビを母体としています。

マイナビジョブ20sは大手企業の求人を抱えており、既卒者の就活支援に非常に強いといえます。

自己分析や職務経歴書の書き方などもしっかりと指導してもらえるため、既卒でも大手企業に就職したいという強い希望がある場合、積極的に活用してみましょう。

>マイナビジョブ20'sの公式サイトはこちら

まとめ

新卒の意味は2通りあります。

一般的な新卒の意味就活における新卒の意味で意味が異なります。

就活における新卒枠は卒業後3年間まで狙うことが可能です。

待遇が新卒からスタートとなることがあったとしても、出来る限り新卒枠での就職を狙うようにしましょう。

既卒が新卒の学生と同じ採用枠を競う場合には、仕事へのハングリーさをアピールするようにしてみてください。

大手企業を狙う場合、ホームページからの直接エントリー、リクナビマイナビの活用、就活支援会社の中でも大手を取り扱っている媒体を狙うといった手段があります。

この記事を書いた人

監修者
髙橋弘樹

著者・監修者の髙橋弘樹です。
人事・採用を10年以上の実務で

・1,000人を超える人の面接
・給料相場の把握
・経営側の考え方

を経験してきました。

このサイトではリアルな就職・転職の実情を発信していきます。ご参考になれば幸いです。
詳細はこちら

ココがおすすめ

【最強】未経験からプログラマーになる方法

ITエンジニアは求人倍率11倍と全職種の中で一番求められている職種です。

常に人材不足のため基礎スキルさえあれば経験・年齢が問われず採用されます。

実際、3ヶ月程度の受講で転職事例は山程あり、DMM WEBCAMPでは98%が転職に成功しています。

しかも転職保証があるため就職に失敗したら受講料を返金してもらえます。

注意点は人気で受講枠がすぐ埋まります。気になった方は早めに相談(無料)だけでもしておきましょう。

>DMM WEBCAMPの無料相談はこちら

手に職がつくため将来は在宅でも仕事ができます。

就職・転職の悩みを本気でなくしたい方は情報収集からはじめましょう。

ハタラクティブ

  • 求人の職種が幅広く・豊富!営業・エンジニア・デザイナー・事務など多彩!
  • 就職支援実績15万名以上!他サービスを圧倒!!
  • 書類選考・面接のカウンセリングがマンツーマンで受けられる

正社員就職支援に強い「ジェイック」

  • 就職成功率は81.1%以上!定着率も91.3%で離職者も少なくホワイト企業多数!
  • 就職支援実績2万名以上!信頼・実績から書類選考免除の企業のみ紹介!
  • 自己分析・企業分析・社会人研修など支援サポートが手厚い!

就職率で選ぶなら「DYM就職」

  • 就職率は96%!正社員就職の圧倒的な成果で選ぶならDYM就職
  • 上場企業・ベンチャーなど優良企業2000社を書類選考免除で面接可能!
  • 就職できるまで自己分析・企業分析をエージェントが無料サポート!
質問・疑問・不安がある方は
お気軽にご相談ください

ご相談はこちら

-就活ノウハウ

Re就活の無料相談
未経験者歓迎の求人多数!
Re就活の無料相談
未経験者歓迎の求人多数!

Copyright© 既卒・ニート・第二新卒の就活戦略 , 2020 All Rights Reserved.