採用担当10年以上の経験・事例から既卒・ニート・第二新卒の就活をアドバイスしていきます!目指せ正社員!!

既卒・ニート・第二新卒の就活戦略

就活ノウハウ

【採用担当者が教える】転職回数が多い人の職務経歴書の書き方と工夫

投稿日:

転職回数が多い人は

「転職回数が多いと書類選考に落ちやすいのだろうか?」

「転職回数が多い場合には、職務経歴書をどう書いたらいいのだろうか?」

と気になるのではないでしょうか?

実際、転職回数が多いと

  • 求人に応募できない(転職回数が◯回以内の方という求人がある)
  • 書類選考に落ちやすくなる
  • 面接で厳しく追求される

といった傾向にあり、内定が取りづらくなります。

特に職種を何度も変えて仕事を転々としているとスキルが継続して伸びていないと判断されるためです。

私はこれまで約10年間、採用担当者として転職回数が多い方の採用をしてきました

転職回数が多くても採用された方の特徴として、転職回数が多くとも一貫して同じ業務の経験を積んできたスペシャリスト型の方が採用されています。

この文章を読めば、転職回数が多い方でも対策をとり、転職を成功させることができます。

転職回数が多い方は不本意な足切りがないよう、必ず一読してください。

【採用担当が教える】職務経歴書の転職回数が多いと落ちやすい?

「職務経歴書の転職回数が多いと落ちやすいのかな」と気になっていませんか。

実は転職回数が多くても、落ちやすいとは言い切れません。

転職をしていても同じ職種で転職をするなどスキルアップされているパターンもあるためです。

またブラック企業に遭遇している可能性もあります。

このように転職回数が多くても問題のないパターンと、逆に悪い印象を与えるパターンについて解説します。

転職回数が多くても問題ないパターンは3個

転職回数が多くても問題ないパターンは3つあります。

  • 職種が一貫している
  • 一貫した働き方を追求しており応募企業とマッチしている
  • 誰もが納得する転職動機である

それぞれについて解説します。

ケース1:職種が一貫している

職種を一貫しての転職をしてきている場合には、スペシャリストとして重宝される可能性があります。

営業職でキャリアをスタートさせた方がずっと同じ営業職で転職を繰り返していても比較的、転職先が見つかりやすいです。

職種が一貫していれば採用後に一から教育する必要性がないため、教育費のカットにもなります。ただし「何を目的に転職したか?」をはっきり言えないと、「長く働いてくれないかも・・」と書類で落ちることになりがちです。ご注意ください。

ケース2:一貫した働き方を追求しており応募企業とマッチしている

一貫した働き方を追求しており、応募企業とマッチしている場合には、採用されやすいです。

具体的には、「新規事業に立ち上げに関わっていたい」などのケースです。

このように、働き方が自己認知出来ている方は入社後の活躍のイメージが付きやすく評価されやすいです。

ケース3:誰もが納得する転職動機である

誰もが納得する転職動機がある場合にも、転職しやすいです。

特定の業界内では仕事に限界を感じたというものや、スキルアップするために転職を何度もして成長を感じられる方であれば転職回数が多くても問題ないです。

ブラック企業だったから辞めた、というのもここにあたります。

転職が多くても誰もが共感・納得する転職動機であれば採用されやすいです。

それでは次に転職回数の多さによって敬遠される職務経歴書の傾向を紹介します。

転職回数の多さで悪い印象が残るパターンは4個

転職回数の多さで悪い印象が残るパターンは4個です。

  • 一貫したキャリアでない転職が3回以上ある
  • 転職回数が5回を超える
  • 1年未満での転職が2回以上ある
  • 転職理由が不明

それぞれについて解説します。

ケース1:一貫したキャリアでない転職が3回以上ある

一貫したキャリアでない転職が3回以上ある場合、転職が難しいです。

1回目の転職と2回目の転職まではまだ、自分が本当にやりたい仕事を見つけられていないなどの理由は分かります。

しかし、3回目になってもまだ自分に合った職種が理解できていないとなると、何のために転職をしたいのだろうかと疑問が面接官に残ってしまうためです。

ケース2:転職回数が5回を超える

転職回数が5回を超える場合も、転職は難しくなります。

転職回数が増えるごとに転職の難易度は上がっていくためです。

日本企業の大半は、終身雇用制度を採用しており、65歳まで勤続するのが当たり前となっています。

そのため、転職回数が5回を超えてしまうと、もはや定着は難しいと判断されてしまいます。

ケース3:1年未満での転職が2回以上ある

年齢にもよりますが、1年未満での転職が2回以上ある場合にも、採用されにくいです。

20代であれば1年未満の転職であっても採用される可能性がありますが、30代以降になれば一つの職場に居つくことが難しいと判断されてしまうためです。

1年未満の転職が2回あることでスキルなどが身についているかどうかなどの不安要素が大きくなります。

ケース4:転職理由が不明

転職理由が不透明な場合にも、採用されにくくなります。

なぜ転職をしたのかなどをしっかりと見直すようにしましょう。

その時々で気持ちなどには変化があるのは当然ですが、なぜ辞めたのか、辞めた後どうしたいのかを伝えない限りは、職場を理由もなく転々としていると判断されてしまいます。

コラム:職務経歴の一部を隠したり・嘘偽りは絶対にNG

職務経歴書の一部を隠したり、嘘偽りは絶対にNGです。

ですが一方で採用担当者にバレることはまずありません。

個人情報保護法が厳しくなったため、10年前のように前の職場に電話して確かめるようなことはまずなくなっているためです。

しかし、嘘をついて職場に入っても嘘がバレたケースもあったり、期待通りの活躍ができずに退職する人が多いのも現実です。

自分に合った会社に転職するという意味でも、嘘をつくことは避けるようにしましょう。

次は、転職回数の多さで印象が悪い場合に、職務経歴書の書き方を工夫する方法をお伝えします。

転職回数の多さで印象が悪い場合は「職務経歴書の書き方」を工夫しよう

転職回数の多さで印象が悪い場合は、「職務経歴書の書き方」を工夫するようにしましょう。

転職回数が多いことをマイナスにしておくのではなく、プラスに転じるという方法をとるようにしましょう。

以下がコツとなります。組み合わせることで評価が高まります。

  • 誰もが納得する退職理由を明記する
  • 一貫する価値観を明記する
  • スキルまたは業務別に職務経歴を書く
  • 転職で得られた価値観を強みにしてアピールする

それぞれについて解説します。

コツ1:誰もが納得する退職理由を明記する

誰もが納得する退職理由を明記するようにしましょう。

会社の吸収合併や、家族の介護、結婚による引っ越し、パワハラなど、どうしようもない理由での退職理由は広く認められやすいです。

誰が見てもこれは本人ではどうすることも出来なかったという退職理由は記載するようにしましょう。

コツ2:一貫する価値観を明記する

一貫する価値観を明記するようにしましょう。

一貫して同じ仕事をしている場合などもそうですが、「なぜその仕事を選んだのか」、「続けてきたのか」などを明記するようにしましょう。

仮に職種を変えていたとしても自分自身のキャリアに対する価値観などを表現することで採用されやすくなります。

コツ3:スキルまたは業務別に職務経歴を書く

一貫したスキルや経験がある方は、スキルまたは業務別に職務経歴を書くようにしましょう。

スキルまたは業務別に職務経歴を書くことで、採用担当者もどのような業務をしてきたかを理解することができます。

スペシャリストを求める会社ほどおすすめです。

注意点は、書類選考ではしっかり読み込む時間がないため「ひと目で分かる見やすさ」を配慮して書きましょう。

書類選考では書類作成能力を含めて判断されるので、見やすい書類が重要です。

コツ4:転職で得られた価値観を強みにしてアピールする

もし一貫したスキル・経験・仕事観がなかったとしても転職回数の多さを振り返り、自分の価値観を理解しましょう。

数回の転職でどのように仕事を進めていくことが自分に合っているのかなど、様々な気づきがあったはずです。

その価値観から今後はどのようにして仕事を進めていきたいかなど、具体的に伝えてください。

これまでは人間関係などが原因で転職を繰り返してきたという方の場合、どのような環境を求め、自分はどのように振る舞うかなど転職で得られた価値観を伝えましょう。

次は、転職回数が多い方の職務経歴について解説します。

【事例・サンプル紹介】転職回数が多い方の職務経歴

転職回数が多い方の職務経歴を紹介します。

事例となっているので、参考にしてみてくださいね。

職務経歴書

2021年3月1日

山田太郎

【職務経歴書要約】

これまで4社にて10年間接客と販売に従事してきました。私の強みは積極的に周囲を巻き込み、新規開拓をすることで売上高を上げることができる点です。

【経験した主な業務】

[営業職]株式会社○○

2011年4月から2013年3月まで株式会社○○にて営業職に従事しました。売上実績は支店で10名の中で3番手で、○○万円を達成しました。営業スタイルとしては既存顧客だけではなく新規のお客様のところへ積極的に足を運ぶことで、支店内のベテラン社員たちと同じ売り上げを記録することができました。

[販売職]株式会社△△

2013年4月から2016年3月株式会社○○の販売店にて接客に従事してきました。接客の際に重視してきたのは、お客様1人1人に合った接客です。どうすればお客様にリピーターになってもらえるかを考え、1人1人にあった接客を心がけてきました。

[営業職]株式会社××

2016年4月から2019年3月株式会社××にて営業職に従事しました。売上高は支店の中では30名中で5番手に位置していました。営業職の仕事に再挑戦して、新たな試みとして営業スタイルを変え、既存顧客とのコミュニケーションを密にとることで堅実に売り上げを維持することに努力しました。新規開拓の仕事の経験があったため、新規開拓ばかりではなく既存のお客様にリピートしてもらうことで売り上げを維持することが大切であると痛感し、営業スタイルを変更して営業を行いました。

[販売職]株式会社□□

2019年4月から2021年3月株式会社□□の販売店にて接客に従事してきました。以前も販売職の経験をしていたことからお客様の要望にお応えするのと同時に、販売職のお客様と一番近いところで仕事をしているという利点を活かして、アンケートなどを実施しました。アンケートの結果を活かし、お客様の要望に応えられるような接客を心がけることで、リピーターを獲得することができました。

次は、転職が多くても採用されやすい業界・職種について解説します。

転職が多くても採用されやすい業界・職種とは

大手の銀行などいわゆる「堅い」仕事は転職回数が多いと敬遠される傾向にあります。

一方でベンチャーや中小企業ではスキルさえあれば採用されるケースも多くあります。

ここでは転職が多さが問題とならない業界や職種について紹介していきます。

傾向としては年齢にもよりますが、採用されやすい業界として、「若者が少ない業界」では後継者不足に陥っているため、採用されやすいです。

具体的には

  • メーカー
  • 小売
  • IT
  • 介護
  • 飲食店

は就職しやすい状況になっています。

特に事務職以外の営業職や直接現場仕事を行う仕事は、採用されやすいです。

人手不足で直接現場で仕事をする仕事の人員が慢性的に不足している会社も多いので、挑戦してみて下さい。

まとめ

転職回数が多い場合、職種に一貫性がないと採用されにくい傾向にあります。

職種に一貫性がない場合には、職種ごとに自分なりの売りを伝えることが大切です。

職務経歴書の要約は、転職回数が多い場合には必ずつけるようにしましょう。

スキルや業務ごとに分けて職歴を記載することで、採用担当者も採用しやすい状態になります。

転職回数が多いからといってあきらめることなく、職務経歴書を工夫するなどして、自分の長所をうまく伝えられるようにしましょう。

       
フリーターの方向けに
就活セミナーを開催します。
「正社員になりたなぁ」と
感じている方は
お気軽にどうぞ。

12/4 16:00〜 大阪駅
参加費:無料

セミナー申込はこちら

-就活ノウハウ

Copyright© 既卒・ニート・第二新卒の就活戦略 , 2019 All Rights Reserved.