採用担当10年以上の経験・事例から既卒・ニート・第二新卒の就活をアドバイスしていきます!目指せ正社員!!

既卒・ニート・第二新卒の就活戦略

就活ノウハウ

【就活に失敗したら、その後が重要】状況把握・失敗の本質から対策法を詳細解説!

更新日:

「新卒で就活に失敗してしまった。もう人生は終わりなのだろうか」
「新卒で就職できなかったら一生フリーターや派遣社員で、安定した生活は送れないのかな」

新卒で就活に失敗しても、それで人生が終わりになるということは絶対にありません

なぜなら既卒でも再就職は可能ですし、そこで人生は終わりになるものではないためです。

一流大学の早期卒業をして、一流大企業に誰より早く就職しても、うつ病で会社を1年持たず辞める人もたくさんいます。

100人いたら20名くらいは上記のケースで、退職していきます。

私はこれまで約10年間、人事として学生の採用に携わってきました。

この文章を読めば、就活に失敗することなく、再起をはかることができます

【最強】未経験からプログラマーになる方法

ITエンジニアは求人倍率11倍と全職種の中で一番求められている職種です。

常に人材不足のため基礎スキルさえあれば経験・年齢が問われず採用されます。

実際、3ヶ月程度の受講で転職事例は山程あり、DMM WEBCAMPでは98%が転職に成功しています。

しかも転職保証があるため就職に失敗したら受講料を返金してもらえます。

注意点は人気で受講枠がすぐ埋まります。気になった方は早めに相談(無料)だけでもしておきましょう。

>DMM WEBCAMPの無料相談はこちら

手に職がつくため将来は在宅でも仕事ができます。

就職・転職の悩みを本気でなくしたい方は情報収集からはじめましょう。

ココがおすすめ

Contents

「就活に失敗した・・・」は一時的なこと。就職できない若者はいない

「就活に失敗してもう死ぬしかない」という悲観的な学生は非常に多いですが、気にすることはありません。

いま若者の就職は非常に簡単な状態になっています

日経新聞によれば、正社員の有効求人倍率はなんと1.64倍となっています。

参考:有効求人倍率1.64倍 9月、正社員は過去最高

現実的には職歴のない若者でも既卒枠で転職エージェントを活用しているのが実情なので、新卒で就活に失敗して死ぬ必要は全くありません。

就活の失敗で死ななくていい!ぜったいに受け入れしてくれる会社はある!!

就活の失敗で死ぬ必要は全くありませんし、面接に何度も落ちても気にする必要はありません。

新卒の学生を、人事は明確な基準で採用しているわけではなく、人柄などをマッチングさせて新卒は採用しています。

100社に落ちても自分にマッチした、たった1社に出会えば就活は終わります

必ず自分にマッチした企業がありますので、失敗を恐れずにドンドン面接にトライしてください。

筆者の体験談ですが、30社近くに落とされて、内定を出した早稲田の女学生の子がいます。

内定の電話をしたら泣きそうになりながら喜んでいましたが、最後まであきらめなければ必ず内定は出ます

次は、就活で失敗する典型的なパターンについて紹介します。

もしも当てはまっていると確実に選考に落とされてしまいますので、チェックしていってください。

就活に失敗する人の特徴は4個

「就活に失敗する人ってどんな人なの」と気になる学生は非常に多いです。

就活に失敗する人は、根本的に新卒の労働市場における立場を理解していません

実際に1万人以上を面接してきて就活に失敗する人の特徴を解説します。

特徴1:待遇について質問をしてしまう

新卒は待遇を要求する立場にありません。

新卒は職歴がなく、戦力になるまでにおおよそ3年かかりますし、企業も教育費として人件費込みで1,000万円程度を捨てる覚悟で採用します。

お給料を交渉できる立場にない学生が待遇に関する質問をすることはNGであるといえます。

特徴2:営業職を過剰に嫌がる

営業職を過剰に嫌がる人も採用しづらいです。

企業にもよりますが、最初は営業職からスタートして、適性を見て他の仕事につけるというケースもあります。

営業職を嫌がるほど就職は遠ざかるといえます。

もしも就職して営業職になっても、あまりにも合わないと感じれば配置転換もしてもらえることがありますので、過剰に営業職を毛嫌いしないようにしてください。

特徴3:大企業ばかり受ける

現在は売り手市場ですが、人気企業や上場企業は学生がたくさん集まります。

人気企業や上場企業では内定する確率は1,000人中1人のような、非常に狭き門となります

そのため、大企業ばかりを受けていると就職失敗する可能性が高くなります。

特徴4:有名企業以外に就職したら人生失敗だと思い込んでいる

有名企業や大企業以外に就職すると、まるで人生そのものが終わりと思い込んでいる学生が多いです。

中小企業にも目を向けないと就活失敗しやすいです。

中小企業庁の統計によれば日本の企業の99.7%が中小企業です

そもそも上場企業していて従業員数が1万人を超えるような大企業・有名企業は会社全体の割合から見ても0.3%以下です。

参考:中小企業庁:中小企業・小規模事業者の数等(2014年7月時点)の集計結果を公表します|中小企業庁

99.7%は妥協して、中小企業に就職するしかありません。

上場企業に新卒で入社できるのは、ほんの一握りのエリートだけといえます

就活に失敗する人の特徴まとめ

  • 待遇について質問をしてしまう
    お給料を交渉できる立場にない学生が待遇に関する質問をすることはNGであるといえます。
  • 営業職を過剰に嫌がる
    企業にもよりますが、最初は営業職からスタートして、適性を見て他の仕事につけるというケースもあります。
  • 大企業ばかり受ける
    人気企業や上場企業では内定する確率は1,000人中1人のような、非常に狭き門となります。
  • 有名企業以外に就職したら人生失敗だと思い込んでいる
    中小企業にも目を向けないと就活失敗しやすいです。

次は、就活に失敗した女性の、末路について紹介します。

諦めずに就活をした結果、最終的には正社員として再就職できた女性です。

就活失敗談:40社落ちて絶望になった女性の末路

新卒の就活段階で40社近くの面接選考に落ちた女性の末路を紹介します。

就活に失敗して40社近く、不採用になりそのまま卒業を迎えてしまいました。

既卒での就職活動となり、ハローワークに行ってもなかなか面接までたどり着けず、既卒になってから3年間近い時間が経過してしまいました。

しかし、既卒専門の転職エージェントの存在を知り、活用することで営業職として採用されて、正社員として周囲には1年遅れでキャリアをスタートすることができました。

リーマンショック時に内定をとれなかったことも大変でしたが、その後、景気が回復したことから起こったことです。

周囲に置いて行かれていると焦ることなく、自分に合った1社に採用されれば就活はそれでOKです。

コラム:高学歴ほど就活に失敗する理由は高望みしすぎだから

高学歴ほど就活に失敗する理由として、有名企業ばかりに集中するという傾向にあります

自分は有名大学の学生だし、上場企業くらい楽勝だろうという甘い認識から起こる現象です。

上場企業や有名企業は、当たり前のように偏差値の高い優秀な大学の学生がこぞって応募します。

その中で戦うことになるので、結局は、しっかりとした対策をしていかないと面接には落ちることになります。

筆者の体験談ですが、有名企業には東大卒が当たり前のように在籍していますし、学歴も私大なら悪くて慶應レベルが標準です。

中小企業やそこそこの規模の大企業で、幹部候補生として育成してもらったほうがよっぽど有利だなと感じることも多々あります。

ここからは、就活を乗り越えて成功させるための方法を紹介します。

企業分析や自己分析の方法などを紹介していきますので、しっかりとチェックしていってくださいね。

【逆に】就活に失敗した人は自己分析力が高くなり30歳以降にキャリアに強い!

「新卒でつまづくなんて情けない」と嘆く必要は実はありません。

ある意味、何も考えずにレールに乗って就活を終えてしまった人よりも、最初のキャリアに悩んで躓いた人の方が、人よりも長い時間をかけて自己分析をするなど自分に向き合う時間が増えるため、30歳以降はすんなりとレベルの高い企業に転職できる可能性が高くなります。

いまだけを見て成功失敗を決めるのではなく、長いキャリアを見て考えるようにしてください。

いまは65歳を超えても働く社会になっていますし今後は70歳でも働く社会がくるでしょう。

就活の失敗を乗り越えるには「自己分析」「業界分析」「企業分析」の順で確実にやっていくこと

「就活の失敗を乗り越えるにはどうしたらいいんだろう」と悩んでいる学生は多いです。

就活を失敗した原因を取り除いていくことが大切です。

  • 自己分析
  • 業界分析
  • 企業分析

上記の3つをしっかりと対策して、次につなげることが大切です。

【自己分析】「強み」と「したいこと」を事実ベースで語れるようになる

「自己分析がそういえばしっかりとできていなかったな」と就活で失敗する学生の多くが言います。

自己分析がしっかりとしていないと、企業選びに失敗します

自己分析はSTEPを踏むことで、簡単に出来るようになります。

ぜひやってみましょう。

STEP1:自分の強みや優れている点を自薦・他薦してもらう

自分の強みや優れている点を友人や、家族など、他者に評価してもらうようにしてください。

自分では優れていると思っている点は思い込みにすぎず、他の人の方が自分のことをよく理解しているということは多いです。

他者の目から自分自身の良いところを探してもらうようにしましょう。

STEP2:STEP1で挙がった強みに対する事実を3つ以上ピックアップする

STEP1で上がった強みに対する事実を、3つ以上ピックアップしてみてください。

事実と強みの関係が整理できれば、企業へのアピール方法などがより洗練されて伝えやすくなります。

自分自身の強みがしっかりと理解できていないと自己分析はできません

STEP3:STEP1〜2で挙がった「強み・事実」から自分の価値観について考察する

STEP1とSTEP2で挙がった強みと事実から、自分の価値観について考察するようにしてみてください。

具体的には、他人から見て話しかけやすい、話している内容が理路整然と普段からしていてわかりやすいのであればコミュニケーション能力や、論理的思考能力が優れているといった点が強みになります。

「なぜ強みなのか?」「どのようにして強みができたのか?」と事実の背景にある自分自身の価値観を考えるようにしてみて下さい。

STEP1〜3で自分自身の強みと、価値観を理解することができました。

次は、いよいよ業界分析に入っていきます。

自覚した強み・事実を活かして企業にアピールするためには、業界分析をする必要性があります。

【業界分析】憧れやイメージだけではなく、事実に基づいた業界の認識で説得力が倍増

「なんとなく有名企業だからあの企業に入りたい。製品も好きだし」というだけではなかなか説得力のある志望動機は作れません。

なぜあの有名企業は何十年も安定的に利益を上げているのかなど、しっかりと業界分析をするようにしてください。

具体的には、以下のSTEPを踏んでみて下さい。

  • STEP1:日本・世界の売上やトレンドを調べる
  • STEP2:業界で代表的な3つの企業について売上やトレンドを調べる
  • STEP3:業界がどのような流れになるか自分で予想してみる

それぞれのSTEPについて解説します。

STEP1:日本・世界の売上やトレンドを調べる

業界のホワイトペーパーや四季報が出す業界地図などを参考にして、志望する業界全体を見て、各社の売り上げなどを調べてみて下さい

日本での売り上げ比率が高いのか、日本市場よりも海外市場の売上が高いのかなど、正確に調べてみましょう。

STEP2:業界で代表的な3つの企業について売上やトレンドを調べる

業界で代表的な3社の売り上げやトレンドを調べてみて下さい。

業界トップ3を調べてみると、その業界全体がどんな流れで動いているのかが分かります

上場企業ではIR情報を提供しています。

株主向けに公開している事業や経営に関する状況です。

IR情報には今後の予想や企業が考えている方針が説明されています。

ぜひ参考にしてください。

STEP3:業界がどのような流れになるか自分で予想してみる

業界が今後、どのような局面を迎えるかを自分なりに予想してみてください。

正社員として就職すれば、無事に勤め上げれば65歳まではその会社で仕事をすることもあり得ます。

せめて今後10年間でどのような流れになるのかは予想をするようにしてください。

下降傾向の業界はキツイ!目的意識をもって業界を選ぼう

斜陽産業と呼ばれている業界に就職すると、かなり大変です。

例えば印刷会社ですが、ペーパーレス化が進んでおり、いずれ必要なくなると言われている産業の一つです。

出版社も本が売れなくなってきていますし、音楽業界なども衰退しています。

いくらその業界が好きでも下降傾向にある業界は非常に仕事が大変なので、しっかりと業界を選んでください。

次は、企業分析を行います。

これまでで自己分析を行い、志望する業界を決めることができました。

ここからは、具体的にどの企業を受けたいのかを鮮明にしていきます。

【企業分析】企業の強み・求める人物像・仕事内容を理解しミスマッチがないようにする

企業分析では、企業の強みだけではなく、企業の求めている人材像や仕事内容を理解することが大切です。

企業の求める人材像に合わせてアピールをしないと、当然のことながらミスマッチだと思われて不採用になってしまいます。

以下のSTEPを踏むことで、より具体的に企業を理解しましょう。

  • 企業の強みを事実ベースで理解する
  • 求める人物像を社長メッセージや企業理念から理解する
  • OB訪問や採用ページから仕事内容を理解する

それぞれについて解説します。

STEP1:企業の強みを事実ベースで理解する

企業の強みを事実ベースで理解するようにしましょう。

具体的には、淘汰の激しい業界においてなぜ安定した売り上げをその企業が誇っているのかなどを理解する必要があります。

地味な会社であっても何十年にもわたって利益を上げている会社には必ず強みがあります。

例えば、印刷会社であれば斜陽産業ですが、特定の医薬品の添付文書に特化するなどして生き残っている会社があります。

医薬品の添付文書は、薬品一つにつき必ず1枚添付文書を付ける義務が法律で課せられているため、絶対的な需要であるといえます。

会社独自の強みに着目すると良いですね。

STEP2:求める人物像を社長メッセージや企業理念から理解する

求める人物像を社長メッセージや企業理念から理解するようにしてみましょう。

具体的には、協調性のある人物が欲しいというメッセージが掲げられていることがあります。

また、そうではなく、尖った個性がある社員が欲しいという企業もあります。

企業理念をしっかりと理解してみてください

STEP3:OB訪問や採用ページから仕事内容を理解する

OB訪問をして生の情報を得るという手段と、採用ページから仕事内容を理解するという手段があります。

OB訪問の方法としては、大学のキャリアセンターを利用するか、OB訪問サービスを利用するという手段があります

OB訪問サービスとしては、ビズリーチキャンパスニクリーチなどが有名です。

ビズリーチキャンパスは、自分の卒業大学のOBに会いに行けるサービスです。

>ビズリーチキャンパスはこちら

自分の大学のOBを検索できるので、非常に便利なサービスとなっています。

また、ユニークなサイトとしてニクリーチがあります。

OB訪問をしてなんと焼肉までおごってもらえるという非常に面白いサービスです。

一緒に食事をすると話も弾むので、非常に良いサービスです。

>ニクリーチはこちら

企業分析については、OB訪問やホームページからの情報収集などを行うことで、より自分が行きたい会社が明確化します

次は、やっぱり1人で就活するのは不安だという方に向けて便利なサポートサービスをご紹介します。

一人で自己分析・業界分析・企業分析ができない人は支援してもらう

「色々と読んでみたけれど、やっぱり1人で自己分析や企業研究をするのは難しい」と考えてしまう方には、外部の転職支援サービスを活用するという手段があります。

  • 大学のキャリア支援課
  • 新卒者向けの就職エージェントを利用する

それぞれについて解説します。

学校のキャリア支援課にサポートしてもらう

学校のキャリア支援課にはOBが採用活動などで立ち寄ることもあり、非常に便利です。

まずは自分の学校のキャリア支援室に行ってみましょう。

最近、大学側は卒業後の就職率を気にしているので、キャリア支援室は非常に親身になってくれますよ。

新卒社向けの就職エージェントを利用する

新卒向けの就職エージェントサービスが最近になって登場しています

キャリアチケットというサービスがあり、履歴書の添削から面接指導まで様々なサポートをしてくれます。

新卒に対してここまでのサービスを展開している会社は少ないので、ぜひ、活用してみて下さい。

>キャリアチケットはこちら

就活が間に合わない方が選べる4個の選択肢

「もう就活しても間に合わないけど、どうしたらいいんだろうか。もう人生終わりなのか」と悩んでいる学生が多いです。

大学を卒業すれば、もうすべて自分の責任で人生を歩まなければなりません

誰も責任はとってくれません。

そこで、まだこれから選べる現実的な選択肢を4つ紹介します。

  • 留年して来年度に就活する
  • 卒業して既卒として就活する
  • 進学後、インターンしてから就活を行う
  • 妥協した企業に入り転職をする

それぞれについて解説します。

選択肢1:留年して来年度に就活する

留年して来年度に就活をするというのが一番楽な選択肢です。

新卒カードを手元に残したまま、再度、就活に挑むことができるので、学費が払えるのであれば、良い選択肢であるといえます。

選択肢2:卒業して既卒として就活する

卒業して既卒として、就活をするという選択肢があります。

現在は企業側も卒業後3年以内は新卒扱いしなさいという指導を受けているので、これも良い選択肢ではあります

但し、すべての企業がこの方針に従っているわけではありませんので、注意が必要です。

選択肢3:進学後、インターンしてから就活を行う

進学後に、インターンをしてから就活を行う手もあります。

大学院に進学したあとすぐにインターンに入り、内定を貰えたら大学院を中退して就職するという学生もいるので、この選択肢も非常に有効です。

選択肢4:妥協した企業に入り転職をする

新卒で妥協して一旦はどこかの企業で正社員として職歴を積みながら、転職活動を第二新卒や中途採用者枠で転職するという手があります。

4つの選択肢の中で一番、良い選択肢であるといえます。

お金を貰いながら教育してもらえた上に、うまくいけば意中の企業に転職できる可能性があるためです。

仮に転職できなくても、正社員なのでお給料と雇用の保証があります。

コラム:安易に妥協したフリーターにはなるな!

安易に妥協してフリーターになるという選択肢は絶対に避けるようにしてください。

フリーターからの再就職はかなり厳しいためです。

フリーターをしているくらいであれば、資格試験の勉強をしたり、就活だけに専念して1日も早く正社員としての職歴を積むようにしてください。

コラム:前向きでない留学もおすすめできない!留学だけでは就職できない

企業は留学経験者をあまり採用しません。

前向きに目的があって留学する場合には、それで良いのですが、就活がうまくいかなかったから留学という選択肢は取らないほうが良いです。

企業は新卒を総合職採用しますので、いきなり海外とやり取りをするような部署に配属される可能性は低く、留学経験だけでは就職できません。

特別な経験を積むのではなく、企業が求めている答えをしっかり答えられるように、面接対策をしたほうが良いです。

まとめ

就活で失敗しても死ぬ必要性は全くありません。

現在は若者の就職が非常に容易な環境になっています

また、就活でつまづいた人は、30代以降に転職をするときに自己分析や企業研究をしっかりと行えているため、有利になります。

就活において失敗する原因を分析し、自分なりに対策を立てて、就職できるように最良の選択肢をとるようにしてください。

この記事を書いた人

監修者
髙橋弘樹

著者・監修者の髙橋弘樹です。
人事・採用を10年以上の実務で

・1,000人を超える人の面接
・給料相場の把握
・経営側の考え方

を経験してきました。

このサイトではリアルな就職・転職の実情を発信していきます。ご参考になれば幸いです。
詳細はこちら

ココがおすすめ

【最強】未経験からプログラマーになる方法

ITエンジニアは求人倍率11倍と全職種の中で一番求められている職種です。

常に人材不足のため基礎スキルさえあれば経験・年齢が問われず採用されます。

実際、3ヶ月程度の受講で転職事例は山程あり、DMM WEBCAMPでは98%が転職に成功しています。

しかも転職保証があるため就職に失敗したら受講料を返金してもらえます。

注意点は人気で受講枠がすぐ埋まります。気になった方は早めに相談(無料)だけでもしておきましょう。

>DMM WEBCAMPの無料相談はこちら

手に職がつくため将来は在宅でも仕事ができます。

就職・転職の悩みを本気でなくしたい方は情報収集からはじめましょう。

ハタラクティブ

  • 求人の職種が幅広く・豊富!営業・エンジニア・デザイナー・事務など多彩!
  • 就職支援実績15万名以上!他サービスを圧倒!!
  • 書類選考・面接のカウンセリングがマンツーマンで受けられる

正社員就職支援に強い「ジェイック」

  • 就職成功率は81.1%以上!定着率も91.3%で離職者も少なくホワイト企業多数!
  • 就職支援実績2万名以上!信頼・実績から書類選考免除の企業のみ紹介!
  • 自己分析・企業分析・社会人研修など支援サポートが手厚い!

就職率で選ぶなら「DYM就職」

  • 就職率は96%!正社員就職の圧倒的な成果で選ぶならDYM就職
  • 上場企業・ベンチャーなど優良企業2000社を書類選考免除で面接可能!
  • 就職できるまで自己分析・企業分析をエージェントが無料サポート!
質問・疑問・不安がある方は
お気軽にご相談ください

ご相談はこちら

-就活ノウハウ

ハタラクティブの無料相談
未経験からの正社員就職に強い
ハタラクティブの無料相談
未経験からの正社員就職に強い

Copyright© 既卒・ニート・第二新卒の就活戦略 , 2020 All Rights Reserved.