採用担当10年以上の経験・事例から既卒・ニート・第二新卒の就活をアドバイスしていきます!目指せ正社員!!

既卒・ニート・第二新卒の就活戦略

就活ノウハウ

【採用担当が教える】ウズキャリ既卒の評判と特徴。ホントに利用すべきか裏側も解説

更新日:

ウズキャリ既卒に興味ある人は

「ウズキャリ既卒ってどんな評判の就職支援会社なのかな」

「ウズキャリ既卒を使ってみたいけれど、どんな特徴がある会社なのかな」

と登録前に本当に活用してみて良いのか迷ってしまいますよね。

私はこれまで約10年間、採用担当者を経験し、ウズキャリ既卒を3年ほど採用担当者として活用させてもらいました。

ウズキャリ既卒は非常にフォロー体制がしっかりとしており、丁寧に求人票を精査する優良な転職エージェントの1つであるといえます。

この文章を読めばウズキャリ既卒のリアルな姿を理解することができ、安心してウズキャリ既卒を活用することができます。

ウズキャリ既卒に登録するか迷っている人は、最後まで読まないと、自分に合ったサービスであることを見逃してしまいますよ!

Contents

ウズキャリ既卒の特徴3個

「ウズキャリ既卒ってどんな特徴を持っているのだろう」と興味はありませんか? 

ウズキャリ既卒がどんな就職支援会社なのか分からず、活用を悩んでいる方のために、ウズキャリ既卒の特徴について解説します。

ウズキャリ既卒の特徴として、以下の3つの特徴があります。

  • 内定率86!企業の選考結果をフィードバックしてもらえるため効果的な面接対策ができる!
  • 定着率93%!離職が多い・過度な残業などブラック企業は紹介しない!
  • 他社と比べ10倍の時間をかける就活サポートは1対1またグループサポートの選択ができる!

特徴について解説します。

内定率86%!企業の選考結果をフィードバックしてもらえるため効果的な面接対策ができる!

ウズキャリ既卒の内定率は86%になっています。

マイナビによると既卒が単独で就活を行った場合の内定率は45%にとどまっていることを考えると実に40%以上の差が生まれています。

企業の選考結果をフィードバックしてもらうことが可能なため、効果的な面接対策ができ、高い内定率を出しているといえます。

定着率93%!離職が多い・過度な残業などブラック企業は紹介しない!

ウズキャリ既卒経由で就職した人は定着率が93%となっています。

「離職が多く、過度な残業などブラック企業は紹介しない」という方針をとっています。

実際に採用担当者としてウズキャリ既卒に依頼していた私としては、求人を依頼する際には、入念に残業時間などは確認されていたため、信頼できるといえます。

他社と比べ10倍の時間をかける就活サポートは1対1またグループサポートの選択ができる!

他社と比較すると10倍近い時間をかけて就活サポートを行ってくれます。

就活サポートは1対1または、グループサポートのどちらかを選ぶことが可能です。

1時間程度で面談を済ませて求人紹介に入る大手転職エージェントとは異なり、2時間の面談時間を確保してもらえます。

また、筆記試験対策や、面接対策にも2時間の時間を確保して対応してもらえます。

その後の求人紹介中も不安などがあれば相談できる体制になっており、非常に細かく丁寧にサポートしてもらえる就職支援会社であるといえます。

次は、ウズキャリ既卒の口コミについて解説します。

ウズキャリ既卒は総じて評判が良く、会社も評価に対して丁寧にコメントを返すなど対応がしっかりとしているところが見受けられました。

口コミで分かるウズキャリ既卒の評判

「ウズキャリ既卒ってどんな評判なのかな」と気になっている方も多いと思います。

そこで、ウズキャリ既卒の良い評判と悪い評判を集めてみました。

他の就職支援会社と比べて丁寧な口コミが多く、非常に良質なサービスを提供していることがわかります。

ウズキャリ既卒の良い評判

ウズキャリ既卒の良い評判として、職歴がない方でも2か月以内の早期に内定が出て決着が出来たという評判があります。

また、30歳目前でも内定が出たフリーターの方などからも口コミが出ており、既卒者や第二新卒といった若年層が就職しやすいサービスを展開しているといえます。

「大阪支店の川原さんに担当していただきました。

大卒、職歴なし、フリーターで30歳目前になり将来が不安で就活をはじめました。

仕事をしながらでの就活でなかなか休みがとれなかったのですが、2ヶ月かからない内に内定(インフラエンジニア)をいただきました。

何から始めればいいのかわかりませんでしたが、どういった仕事があるのか等、一から説明していただいてその中で私の希望に当てはまる企業様を紹介していただきました。

年齢と職歴がないことに不安を感じていましたが、「職歴がなくてもあなたには~~な長所がある」と言っていただいた時、私にもアピールできるポイントがあるんだと勇気づけられました。

面接が特に苦手で思っていることをうまく伝えれないと相談した時は、川原さんの実体験からのお手本をみせていただいて、アドバイスもしっかりしていただけたこともあり、格段に面接でのスキルが上がりました。

働きながらの就活で時間に限りがあったのですが、面談内容に無駄がなく毎回自分のプラスになる面談でした。それは、川原さんの分析力が素晴らしく的確なアドバイスをいただけたからです。

就職をしてもうすぐ半年になります。

当初就職するのに1年はかかるだろうと思っていたので2ヶ月程で就職できたことに本当にびっくりしています。

川原さんはとても気さくで話しやすく、相談しやすく持っていってくれるので何でも相談できました。

私のようにフリーター歴が長い方は、たくさんいると思います。就活する上で、フリーターというだけで敬遠されがちですが、川原さんは全くそのようなことはないですしむしろとても心強い存在でした。(UZUZの方みなさんそうだと思います)

UZUZさんに登録して、川原さんに担当していただけて本当に感謝しています。

ありがとうございました!!!」 

「私は少し特殊な経歴で、初めての就活で右も左もわからない状態でしたが、エージェントの方とテレビ電話でカウンセリングを受けさせてもらってから、1ヶ月弱で希望の企業様から内定を頂くことができました。

遠方なので、直接はお会いしてませんが、LINEで頻繁にアドバイスを頂いたり、日程を迅速に調整して頂いたりと非常に助かりました。

親身に話を聞いてくださり、LINEでいつでも気軽に質問することができたのがかなり大きかったです。」

「webで登録してから、すぐに連絡が来て面談の予定を立ててくれました。(面談はオフィスで行います。)

焦っていたのでスピード感が良かったです。

担当のエージェントさんは、業界の説明や、裏側の部分までわかりやすく教えてくれました。

私の要望を伝えると、そこも柔軟に受け入れてくれました。

結果、1ヶ月以内に2社から内定を得て転職活動を終えることが出来ました。

既卒、第二新卒の方の転職活動に特化しているので、当てはまる方にとっては良い求人が多いと思います。

また、何度も面談を通して、自分に合う職種を紹介してくれます。

このような、手厚いサポートはすごくありがたかったです。」

参考:UZUZ|Googleクチコミ

ウズキャリ既卒の悪い評判

ウズキャリ既卒の悪い評判として、キャリアアドバイザーの実力不足といった評判が上がっています。

若者向けの就職支援会社であり、仮に大手に行きたいといった方やエンジニア以外の求人に応募しようと思った場合には紹介できる求人が少ないといった評判もあります。

大手のキャリアアドバイザーに比べれば、質などは落ちる傾向にはあります。

しかし、採用担当者としてウズキャリ既卒の方の営業職の方の人柄などが悪いと思ったこともないです。

求めているものが大手企業への就職の場合には、ミスマッチとなる可能性が高いといえます。

「利用しない方がいい。

・キャリアコンサルタントが若く、スキルも経験も乏しい。社会人スキルもなってない。

・第二新卒、既卒になってしまったら、営業か、インフラエンジニアしか就職できないと言ってくるが、ウズウズ側が就職させやすいだけ。特に事務などを紹介する気がない。リクナビやマイナビを使ったほうが100倍いい。」

「昔転職する際に何回か利用したがこちらの希望を聞かずにITエンジニアのゴリ押し(明らかな誘導)と紹介される求人がブラック率高く信用出来なかったです

自分はリクルート経由で決まりましたがやはり大手とは違い小さいところはダメだと痛感しました」

「職歴が無い方はこちらよりもハローワークを利用することをおすすめします。既卒の方で職歴がない方が利用するには求人の数が非常に少ない、初回面談時に紹介される求人の会社が全てブラック企業。1年以上の正社員での職歴がある方であればもう少しまともな会社を紹介していただけるのかもしれませんが職歴の無い方はハローワークや他のエージェント会社を利用したほうがいいと思います。私はあまりオススメしませんが、実際に一度面談に行ってみて決めるのもありかと思います。私は「時間をかけて来たのに損したな」という気分になりました。」

参考:UZUZ|Googleクチコミ

ウズキャリ既卒がおすすめな人は29歳以下の正社員での営業職・ITエンジニア希望者

ウズキャリ既卒がおすすめな人は29歳以下で営業職かITエンジニアなどのIT系の業界に興味を持っている人であるといえます。

私がウズキャリに求人依頼を検討していた時にも、営業職での求人を出していた記憶があります。

営業やITエンジニア職に興味がない場合には、避けた方が無難であるといえます。

また、過度に大手企業ばかりを狙っている場合にもミスマッチとなる可能性があります。

既卒者を採用したいと考える企業は中小企業が多く、大手企業は少しでも職歴のある第二新卒者を採用して補充する傾向にあるためです。

もしも大企業に行きたいと考えている場合には、既卒枠で中小企業に入社して、職歴をつけてから大企業を狙って転職活動をすることをおすすめします。

利用対象者は中卒以上の16歳~29歳

ウズキャリ既卒の利用対象者は中卒以上の16歳~29歳以下の方です。

20代までの若手に特化しており、ウズキャリ既卒は10代~20代でないと利用できません。

もしも30歳を超えている方の場合は、34歳まで利用可能なジェイックの活用をおすすめいたします。

次は、ウズキャリ既卒の対応エリアについて解説します。

基本的に東京都と大阪に拠点があり、地方の方は電話またはSkypeで対応してもらえます。

ウズキャリ既卒の対応エリアは東京と大阪。地方の方は電話・Skypeで面談が可能!

ウズキャリ既卒の対応は東京と大阪になります。

参考:https://daini2.co.jp/access_list/

地方の方は電話またはSkypeで面談などを対応してもらえます。

実際のところ、東京と大阪に会社がある場合には採用されやすいですが、その他の地方の求人紹介には消極的な面があります。

京都に住んでいる後輩にウズキャリ既卒を使ってみればどうかと伝えてみたところ、京都ではあまり求人がないので出来れば大阪の求人を狙ってほしいと電話で伝えられたということでした。

もしも地方在住の方の場合には、いい就職ドットコムハタラクティブなど、範囲が広い就職支援サービスを活用することをおすすめします。

名古屋・福岡・その他の場所は電話・Skypeで面談が可能

名古屋・福岡・その屋の場所は電話・Skypeで面談が可能となっています。

名古屋と福岡に関しては求人をしっかり持っている可能性が高いですが、その他地方ではまず紹介できる求人を持っているか、実際に登録して聞いてみた方が良いといえます。

次は、ウズキャリ既卒の申込から就業までの流れについて解説します。

読むだけで簡単に申込ができるようになっていますので、ぜひ、読んでいってくださいね。

ウズキャリ既卒の申込から就業までの流れ(7Step)

ウズキャリ既卒の申込から就業までの流れを7Stepで解説します。

WEBサイトの申込から順番に解説していきます。

STEP1:Webサイトから申し込み

ウズキャリ既卒のWEBサイトにアクセスして、まずは情報の登録を行うようにしてください。

30秒で登録は完了します。

以下の項目を登録しましょう。

  • 最終学歴
  • 在職中かどうか
  • 希望勤務地
  • 氏名年齢
  • 電話番号、メールアドレス、電話の取りやすい時間帯

上記を入力したら登録完了です。

>ウズキャリ既卒の登録画面はこちら

STEP2:電話でキャリアカウンセリングの日程調整

電話でのキャリアカウンセリングの日程調整を行います。

1営業日以内にキャリアカウンセリングのための日程調整の電話が来ます。

STEP3:キャリアカウンセリング

キャリアカウンセリングを行います。

キャリアカウンセリングの場では、希望条件などを伝え、自己分析や企業分析手法などをしっかりと教えてもらえます。

STEP4:求人紹介・面接対策

キャリアカウンセリングを基にした、求人紹介と面接対策が行われます。

ウズキャリ既卒は、企業ごとに面接対策を行ってもらえます。

また、求人紹介にあたっては企業分析が正確にできる求人を紹介してもらえるため、内定確率はアップします。

STEP5:企業選考

紹介された求人を基に、企業選考を受けます。

日程調整など、担当のキャリアコンサルタントとしっかりと情報共有をしましょう。

STEP6:就業条件(給与・就業日など)の交渉

就業条件(給与・就業日)の交渉をキャリアコンサルタントに依頼するようにしましょう。

特に就業日についてはいつから入社できるのかを面接の段階から伝えておくとスムーズです。

STEP7:就業

内定した会社に就業して、ウズキャリ既卒の利用は終わりになります。

コラム:ウズキャリ既卒の解約方法

ウズキャリ既卒の解約方法は、ウズキャリ既卒の自分の担当者に電話をすることで解約する方法があります。

また、ウズキャリ既卒の問い合わせフォームから退会を行うこともできます。

ウズキャリ既卒と合わせて利用したほうが良いサービス3個

「ウズキャリ既卒だけじゃなくて他の就職支援サービスも活用してみたい」と考えている方も多いと思います。

実際のところ、就職支援サービスは複数を同時活用したほうが良いので、正解であるといえます。

1社だけだと求人の幅が狭くなるだけではなく、就職支援会社ごとに強みが異なるためです。

ウズキャリ既卒と合わせて利用した方が良いサービス3個として、以下のサービスがあります。

  • ハタラクティブ
  • ジェイック
  • DYM就職

それぞれについて解説します。

おすすめ1:幅広い職種を見たいならハタラクティブも利用すべし

幅広い職種を見たいと考えている場合には、ハタラクティブを利用するようにしましょう。

ハタラクティブは営業職だけではなく、ITエンジニアの職種など幅広い職種を持っているためです。

色々な仕事に挑戦してみたい方にはおすすめです。

>ハタラクティブの公式サイトはこちら

おすすめ2:書類選考を免除されたいならジェイックも利用すべし

書類選考を免除されたいなら、ジェイックがおすすめです。

就職カレッジという1週間の座学研修をパスすると、ジェイックが選んだ優良企業30社との連続面接会に参加することができます。

職歴がないといったような方でも書類選考なしで面接に行けるため、非常に内定スピードが高くなります。

求人職種は営業職が中心です。

>ジェイックの公式サイトはこちら

おすすめ3:正社員の内定を絶対取りたいなら内定率96%のDYM就職も利用すべし

正社員の内定を絶対にとりたいなら内定率96%のDYM就職も利用するようにしましょう。

ウズキャリ既卒が内定率86%、ジェイックが80.4%、ハタラクティブが80.3%の内定率なのに対して、DYM就職は96%と圧倒的な内定率を誇ります。

「正社員就職を意地でも成し遂げたい!」という方は、絶対に登録しましょう。

>DYM就職の公式サイトはこちら

まとめ

ウズキャリ既卒は中卒以上で29歳以下の方が利用できる若年層向けの就職支援サービスを展開しています。

ウズキャリ既卒の特徴として内定率86%・定着率93%・他社に比べて10倍時間をかけるという特徴があります。

評判としては登録後に2ヶ月で職歴なしから就職できたという口コミもあり、非常に強力なサービスであるといえます。

東京・大阪に拠点があり、名古屋・福岡・その他の地方は電話・Skype面談ができます。

ウズキャリ既卒以外にはジェイック・ハタラクティブ・DYM就職があります。

自分の望むサービスを展開している就職支援会社を活用するようにしましょう。

-就活ノウハウ

Copyright© 既卒・ニート・第二新卒の就活戦略 , 2019 All Rights Reserved.